About Us Press Releases United States - Japanese (change)

Kodakの歴史

 

George Eastmanは、「あなたはシャッターを押すだけ、あとは当社にお任せください」というスローガンとともに1888年、初めての簡易カメラを世界の消費者の元にお届けしました。このカメラをきっかけに、それまで面倒で複雑だったプロセスが、誰にでも簡単に行えるようになりました。

それ以来、Eastman Kodak Companyは、写真をより簡単で便利で楽しめるものにするために、数多くの新しい製品やプロセスを他社に先駆けて発表してきました。事実、今日のKodakは、写真だけでなく、さまざまなレジャー、商業、娯楽、および科学の応用分野で使用されるイメージ画像でもよく知られています。その応用範囲では、画像と情報を組み合わせる技術が使用されるケースが増え、人々や企業のコミュニケーション方法が根本から変化する可能性を生んでいます。

Eastmanは、写真を「鉛筆のように重宝なもの」にすることを目標としていました。Kodakは彼の目標を引き継ぎ、写真と人々の日常生活との関わりを拡大し続けています。Kodakは一流の多国籍企業と目され、そのブランドは世界各国で高い知名度を誇っています。