Kodak Professional Header

Professionalトップ製品紹介デジタルカメラ
Kodak Professional
  コダック プロフェッショナル DCS プロバック/プロバックプラス  販売終了
シングルショット1,600万画素 カメラバックタイプDCS
DCS プロバック

Compare sensors
標準的なデジタルカメラのセンサーと、DCSプロバックの16メガピクセルのセンサー(左)を比較して下さい。
パソコンと接続せずにスタンドアローンでの撮影が可能なシングルショット タイプの1,600万画素デジタルカメラバック「コダック プロフェッショナル DCS プロバック/プロバックプラス」を国内発売します。
「コダック プロフェッショナル DCS プロバック/プロバックプラス」(以下、「DCS プロバック」)は、高精細な描写をシングルショットで自由に表現したいというプロの写真家の方々の要望にお応えし、コダックのカラー サイエンスとデジタル イメージング テクノロジーを結集して開発した、世界最高水準のデジタルカメラバックです。
「DCS プロバック」は、中判カメラの「ハッセルブラッド 555ELD」および「マミヤ RZ67 Pro」に対応しています(「マミヤ RZ67 Pro」には別売のインターフェースキットが必要になります)。

<シングルショットで1,600万画素の超高解像度を実現>
「DCS プロバック」は、4,080×4,080ピクセル、1,600万画素のフルフレーム CCD*1 を搭載し、シングルショットで約48MB(メガバイト)のRGB画像ファイルを生成します。同CCDは、「コダック プロフェッショナル DCS シリーズ」でも実績のあるブループラス テクノロジーを採用したITOセンサー*2 で、比類のない低ノイズと卓越した色再現性を備えています。しかもCCDの大きさは、36.86mm×36.86mmの超大型サイズで、中判カメラと組み合わせてワイドレンジの撮影が可能です。

*1 フルフレーム CCD :デジタルカメラは基本的にCCDの画素数が多いほど高精細な画質が得られるが、CCD の画素数が同じ場合は、CCD自体が大きく1画素当たりの受光面積および開口率が大きい方が、より多くの光を受光することができ、ダイナミックレンジやS/N、色飽和度等に優れた高画質画像を得ることができる。フルフレームCCDは、他の方式に比べて 1 画素当たりの受光面積や開口率を最も大きく取りやすいCCD構造になっている。

*2 ITO センサー:ポリシリコン素材に代えてIndium Tin Oxide(ITO:酸化インジウムスズ)を使用したコダック オリジナルのCCDセンサー。ポリシリコンは短波長域の光成分を吸収するために十分な青感度が得られないという特性があったが、ITOを使用することで従来の約2.5倍の青感度が得られるようになった。

このページのトップへ
<パソコンと接続しないスタンドアローンでの撮影が可能>
「DCS プロバック」は、外付けの充電式バッテリーによる駆動が可能な上、ボディ本体にCFカードスロットを2基装備しており、パソコンと接続しなくてもスタンドアローンで撮影が可能です。あらゆる撮影環境で、高い機動力と優れた操作性を生かした自由な撮影が可能です。

<多機能液晶カラーモニターを搭載>
「DCS プロバック」は、上方向に80度開閉可能な液晶カラーモニターを装備しています。このモニターは、撮影した画像データのインスタントビュー(即時表示)や露出状態をデータで確認できるヒストグラム表示機能、1:1ズーム機能によるフォーカス チェックなど、様々な便利な機能を備えています。また、Sビデオ出力端子も装備しており、液晶モニターの確認が困難な撮影環境でも外部モニターを利用して撮影結果を確認できるようになっています。

<表現手法に応じて選択可能なフィルター ソリューション>
着脱可能な光学式アンチエイリアス フィルター *3 や赤外線カットフィルター、ソフトウエア フィルターなど、高品位な画像データを効率よく簡単に得るための様々なソリューションをユーザーが選択して利用できるようになっています。

*3 アンチエイリアス フィルター :1つ1つの素子にカラーフィルターを配列したエリアCCDを採用しているデジタルカメラは、被写体の特性によって画像に偽色やモアレが発生する場合がある。アンチエイリアス フィルター(赤外線カットローパス フィルターとも言う)は、こうした偽色やモアレの発生を低減させる効果を持った光学式フィルターである。また、CCDは特性上、人間の目には感じない赤外域の光線にも感度を持っているため、その波長域を光学的に遮って人間の目の波長域に合わせる働きも持っている。

<DCSプロバックの最高画質を引き出す専用アプリケーション ソフトウエア>
「DCS プロバック」で撮影した画像データは、専用のアプリケーション ソフトウエア、「コダック プロフェッショナル DCSキャプチャー スタジオ ソフトウエア」によってパソコンへの取り込みや編集作業を行ないます。 このソフトウエアには、シャープニング ツールやカラーバランス補正機能をはじめとした様々な画像処理ツールが用意されています。 また、ICCカラー マネジメント ツールも搭載しており、モニターやプリンター等で出力する画像のカラー マネジメントを簡単に管理することができます。
なお、同ソフトウエアは、当面Macintoshのみのサポートとなります。Windows環境のサポート予定は未定です。
このページのトップへ


DCS プロバック/プロバックプラス
商品概略
仕様
コダックプロフェッショナル
DCS製品・アクセサリー
価格表
保守サービス期間のご案内

 


Professionalトップ製品紹介デジタルカメラ

  ホーム | 検索 | サービス&サポート | オンラインプリントは、Print@Kodak で!
Kodak Worldwide | WebMasterあてのお問い合わせ
Copyright © Eastman Kodak Company, 1994-2006 and Privacy Practices.