[Kodak DC240 Zoom Digital Camera]
デジタル関連製品トップ製品一覧デジタルカメラ一覧DC240 Zoom デジタルカメラ|FAQ|


FAQ

spacer
Q. このカメラの特長を一言で言えば?

A.だれでも簡単に使える“カメラらしいデジタルカメラ”です。
  1. 「操作性、反応の良さ」(液晶パネル表記の判り易さ、起動時間、フォーカス ロックまでの所要時間の短さ、ズームレンズ駆動の速さ等)、
  2. 「高品質」(高性能レンズ、高精度原色フィルター 高感度正方画素CCD、インテリジェントなホワイトバランス、マルチ測光等)、
  3. 「楽しさ」(8種のテンプレートが予め、同梱コンパクトフラッシュカード内に入っていて、“プリクラ感覚”での撮影が可能)

--------------------------------------------------------------------------------

Q. カメラの“機動性、反応の良さ”は何によって実現されたのですか?

A.カメラ内の「CPU高速化」、「起動の連続性・最適化」、「ファーム ウェア自体の改良」、「駆動モーターの高速化」等により実現しました。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. USB対応とのことですが、どのようなメリットがあるのですか?

A.USBは新しいPCの高速インターフェースで、この方式を使うにはPC側がこの方式に対応している必要があります。DC240では通常のシリアル転送に加えて、このUSB転送にも対応しています(別売のパソコン接続キットが必要です)。DC240のUSB転送速度はシリアル転送の約10倍というテスト結果が出ています。「iMac」「新Power Mac G3」をはじめ、多くのUSB搭載PCに対応しています。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. コダックではDC210A、DC220、DC260などかなり高性能なレンズを使っていましたが、DC240ではどのようなレンズを使っていますか?

A.高性能Ektanarレンズを採用しています。
解放でもシャープな像を結ぶ、高画質3倍光学ズームレンズです。ワイド側でも極めて歪曲が少なく、(ワイド側 −1.5%、テレ側 0%) また中心部から周辺部まで、色の滲みや像の流れのない高画質設計です。よって、文書等を撮影した際も、文字の歪みの少ない画像の撮影が可能です。

  <仕様>  
レンズ 光学ガラス使用
構成 9群9枚(内ガラスモールド非球面レンズ1枚使用)
焦点距離
(35ミリフィルム 換算焦点距離)
約39−117mm
中心解像力 約210本/mm
コーティング マルチコーティング

--------------------------------------------------------------------------------

Q. DC240は他社のメガピクセルのデジカメと比べて画質は良いですか?

A.画質に関しては日本にある、コダック研究開発センターにおいて画質QAスタッフが厳しい目で他社カメラと画質ベンチマークを行った結果、DC240の画質は「色の再現性」、「階調」、「シャープネス」等を実現し、総合的に非常にバランスのとれたデジタルカメラであるとの結論にいたっています。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 他社の200万画素のデジカメと比べて画質はどうですか?また130万画素クラスのデジカメと比べるとどうですか?

A.画素数は画質を決定する重要な要素の1つですが、“画素数”だけですべてが決まるわけではありません。レンズとCCD、ならびにストロボ光等とのマッチングの良さ、そして、コダック独自の画像処理やカラーマネージメントにより、鮮やかな色再現性、階調、シャープネスを実現させています。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. デジタルズームの使用方法は?

A.デジタルズームは液晶をプレビュー状態にしないと働きません。またデジタルズームの状態に入ると、そのことを知らせるアイコンが液晶上に現れますので分かります。デジタルズームをどうしても使いたくない場合には、光学ファインダーを見ながら撮影をすれば間違いがありません。又,デジタルズームの使用方法は,液晶をプレビュー状態にし、光学ズームを最大の3倍までズームアップし、いったんTeleボタンを離し、再度押すとデジタルズーム機能が働きます。(液晶画面の右上に「ズーム値」が表示されます。) 又、プレビュー視野率は100%を実現しており、ケラレ等が全くないので、確実なフレーミングが可能です。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 2倍デジタルズームは1倍または2倍のどちらかの選択になるのですか?

A.いいえ。DC240は他社のデジタルズームとちがい、1倍から2倍の間に10段階ステップが設けてありますので、0.1ずつのステップでズーミングが可能です。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. どのようなCCDを使っていますか?

A.CCDは、原色フィルター、1/3インチ正方画素CCDです。CCD自体のISO感度は140と高く、光量の少ない状況でもきれいに再現可能です。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. CCDの解像度について、標準モードにしたとき、CCDの一部だけに画像を映しているのでしょうか?それともCCDの全部を使って写しておき、間引いているのでしょうか?

A.CCDの全部を使って写しておき、大きい画像から情報を凝縮して小さい画像を作っています。従って同じ640×480のサイズの画像でも、CCD自体が640×480画素のカメラで撮った画像より格段に良い画質が得られます。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 測光方式はどうなってますか?

A.TTL方式のAEで、「マルチ測光」と「中央部重点測光」との選択が可能です.状況により異なりますが、人物撮影は「中央部重点測光」、風景などの撮影は「マルチ測光」の選択がふさわしいケースが多いです.また、「マルチ測光」は96分割で演算を行なっているおり、自動的に逆光補正を行うなど、インテリジェントに露出を制御します。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 露出モード設定ではプログラムAE とありますが、細かいAE設定は出来ないのでしょうか? ホワイトバランスの設定はいかがですか?

A.残念ながら露出はプログラムAEのみです。これは、シャッターの制御機構上、絞り値とシャッタースピードが独立には制御できないためです。
但し、シャッター速度や絞りといった撮影データは、「レビューモード内画像データ」にて参照可能です。
ホワイトバランスについては、既に定評のあるインテリジェントで高性能な “お任せ”「オート」の他に「蛍光灯モード」とか「タングステン光モード」などのマニュアル設定を、カメラ単体でサポートしています。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 露出補正を行った場合、どの程度の画質の劣化が生じるのでしょうか?

A.撮影時にシャッタースピードと絞りを補正するので画質の劣化はありません。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 絞り優先オートやシャッター速度優先オートでの撮影は可能ですか?

A.カメラの持つシャッターの制御機構上の理由から、残念ながらできません。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 電池はどれくらいもちますか?

A.DC240の電池の持ちですが、最高画質、フル解像度の状態、プレビュー(液晶)を使用せず同梱のアルカリ電池使用で約330枚です。
但し、撮影環境の温度等によりその数は前後します。
又、NiMH 電池を使ったときのショット数はアルカリ電池を使ったときの約2倍です。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. カメラの電池が完全に消耗した場合、カードに記録されている画像は消えるのですか?また日付はリセットされますか?

A.消えません。
日付もリセットされません。(但し電池交換の際に電池を取り外す場合には、必ずカメラの電源をオフにしてからにしてください。電源ONのまま電池を抜くと、日付がリセットされます。日付に関してはカメラの内部補助バッテリーの電力で約5日間は情報をもっています。)

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 現在、画像取り込みの圧縮には3種類選択できますが、非圧縮での画像取り込みは可能でしょうか?

A.残念ながら出来ません。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. このカメラにはカードをフォーマットする機能はありますか?カード内の画像を全部消去したい場合は1枚1枚削除しなければならないのですか?

A.「Camera Setup」モードの中に,「フォーマット」モードがあります。「フォーマット」をすると、あらかじめ入っていた「テンプレート8種」も含め、すべてのデータが削除されます。これを避けるには、「Review」モードの中の”ごみ箱”に画像を捨てる際、「指定の画像」又は、「すべての画像」の消去かを聞いてきますので、それで消去すれば、「テンプレート」等のデーターの削除は実施されません。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. Digita(デジタ)OSをなぜ使わなかったのですか?

A.DC220/260はDigita OSを使用しています。DC240は、DC220/260よりも、幅広い方をターゲットとしており、 “高機能”よりも、“操作性・使い勝手の良さ”を優先したために、Digita(デジタ)OSを使用しませんでした。(ミドル クラスのデジカメとしての従来機DC210、210AもDigita (デジタ)OSは、搭載してません。)

--------------------------------------------------------------------------------

Q. 日本人には少し大きすぎるような気がするのですが、アメリカ仕様ですか?

A.いいえ。デジカメ市場は、日本がリーダー的側面があり、アメリカだけを見て製品を作っているということはありえません。実際コダックのデジカメの研究開発、実際の製造もすべて日本人の手によるものです。
確かに大きいと感じる方もいらっしゃるでしょうが、実際使ってみるとホールド感がとても良く、試用していただいているテスターの方々からも「暗いところで撮ってもブレないので良い、持った感じ、大きさを感じさせない」など、好評を頂いております。見てくれのゴツさとはうらはらに、女性が持っても、しっかりと握れるのでカメラがブレることなく、きれいな画像が撮れます。

--------------------------------------------------------------------------------

Q. DPP−2−Jを使っての出力が出来ますか?

A.できます。またDC240ではDPOF機能がありますので、指定の画像をTVに接続して、画像を確認することなく、希望の写真だけをプリントすることもできます。(但し、枚数の指定は認識できませんので、各1枚ずつのプリントアウトとなります。)

--------------------------------------------------------------------------------

Q. DPOF機能搭載のようですが、プリント出力サービスに利用出来ますか?

A.Kodak KiDS デジタル プリントサービスでは、今後DC240のようなDPOF機能にての”指定したコマ”、”そのコマ毎の指定枚数”のプリント出力サービスを行っていきます。実施スタート時期については、追ってご連絡致します。


このページの トップへ

| DC240 製品情報| 特長| 付属品/オプション | 仕様| サンプル| FAQ| ユーザーページ| バーチャルカメラ| DC240i 製品情報|


  ホーム | 検索 | サービス&サポート | オンラインプリントは、Print@Kodak で!
Kodak Worldwide | WebMasterあてのお問い合わせ
Copyright © Eastman Kodak Company, 1994-2006 and Privacy Practices.