PRESS CENTER

2014年08月08日

コダック合同会社
[リリースNo.14-14GC]

コダック独自の製版用高品質サーマルイメージング技術
Kodak SQUAREspotが世界での導入20,000台を達成
Edwards Brothers Malloy 社が記念すベき 20,000台目を設置
~Kodak Magnus VLF プレートセッターで使用~

 米国ニューヨーク州ロチェスター、7 月 29 日:印刷業界におけるサーマル イメージング技術の代表的な製品であり受賞歴を誇る Kodak SQUAREspot サーマル イメージング ヘッドの設置台数が 20,000 台を達成しました。イーストマン コダック社(以下、コダック)は サーマル CTP 技術のパイオニアとしてSQUAREspot イメージング技術を使用する唯一の CTP システムを製造し、安定的かつ正確で信頼性の高いイメージング処理を求めるお客様に高い競争力を提供しています。

 SQUAREspot イメージング技術は コダックの製品ラインナップの中でも最も成功したロングセラー製品のひとつで、印刷業界で約 20 年の歴史を有します。この技術は当初、可視光を使用した CTP システムの有望な代替として登場し、現在では高品質なオフセット印刷を実現できるイメージング技術を探している印刷会社が最初に選択する製品となっています。SQUAREspot イメージング技術を搭載した Kodak Trendsetter、Kodak Magnus、Kodak Generation NEWS などのプレートセッターを使用することにより、化学溶剤の使用量、プレートの廃棄量、再版や前準備の時間を削減することができ、お客様の持続可能性(サステナビリティ)に対する目標達成に貢献します。

 ミシガン州アナーバーに本社を置く Edwards Brothers Malloy 社は、オフセットならびにデジタルで印刷から製本までを一貫して請け負う印刷会社で、高品質な書籍および定期刊行物を年間 60 万冊以上印刷しています。米国およびヨーロッパのオフィスに 700 名以上の従業員が従事する多様な組織で構成され、安定的かつ正確な稼働を長期的に実現するために コダックのMagnus VLF プレートセッターを選択しました。

 Edwards Brothers Malloy 社のデジタルおよびプリプレス オペレーション部門のディレクターのピーター シマ氏は、次のように述べています。
 「弊社では コダックのオフセットとデジタルの両方の技術を使用し、その有益性の恩恵を受けています。SQUAREspot イメージング技術を搭載した Magnus VLF プレートセッターを選択したことにより、製版プロセスをよりシンプルにし、多様な対応が可能になりました。弊社のビジネスは瞬発力と適応性を基本としています。コダックは、弊社が品質を高く保ち、生産性の合理化を行い、さらにお客様の満足度を高めるために多大な貢献をしています」

 SQUAREspot イメージング技術は様々な Kodak 製プレートセッターに搭載されており、複数のサイズ、イメージング、および自動化のオプションをユーザーに提供しています。常に一貫した高品質と広色域を再現するためには、イメージングの正確性が重要です。SQUAREspot イメージング技術は、商業印刷では 10,000 dpi、新聞印刷では 5,000 dpi のレーザー イメージングを実現し、競合するイメージング技術では 1,600 dpi の範囲が一般的である中、最も正確なイメージングを提供しています。

 コダックのゼネラル マネージャーでありワールドワイド グラフィック マーケティング兼 GECF(グラフィック、エンターテイメント&コマーシャル フィルム)のリッチ リンド副社長は、次のように述べています。
 「コダックの SQUAREspot サーマル イメージング ヘッドの納入が20,000 台を達成したニュースは、この技術が業界で認められ、印刷技術においては殿堂入りであると言えます。SQUAREspot技術はコダックの代表的なロングセラー製品の ひとつであり続け、今後もお客様の付加価値を高め、お客様に大きな成果をもたらします」

 コダックの長年にわたるお客様である Edwards Brothers Malloy 社は、Kodak NexPress デジタルプレスを数台所有し、Kodak Prinergy ワークフロー ソフトウェアも使用しています。

SQUAREspot サーマル イメージング ヘッドのドットイメージとドット拡大写真

※Kodak、Magnus、Prinergy、SQUAREspot、Trendsetterは、Kodakの商標です。

※本プレスリリースは米国イーストマン・コダック社より7月29日付けで配信された英文のプレスリリースの日本語訳です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:03-5577-1300
  • FAX:03-5259-9365
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 グラフィック コミュニケーション事業本部
  • TEL:03-5577-1200

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.