PRESS CENTER

2014年03月05日

コダック合同会社
[リリースNo.14-03GC]

コダック、佐川印刷様よりFlexcel Direct システムを2台受注
高品質、高生産性、扱いやすさでコダックの採用を決定

 コダック合同会社(本社/東京都千代田区、代表執行役員社長/藤原 浩、以下、コダック)は、2013年度の米国印刷工業会(PIA)InterTech技術賞を受賞した彫刻型フレキソ製版システム Kodak Flexcel Direct システムを佐川印刷株式会社様 (本社/京都府向日市、代表取締役会長/木下 宗昭)より受注いたしました。

 佐川印刷様は、グループ全体で従業員数2,155名、年商1,041億円にものぼる国内有数の大手印刷会社です。全国に張り巡らされた支店網と国内屈指のグラビア印刷工場である日野工場(滋賀県蒲生郡)をはじめとする大規模な生産ネットワークを武器に、印刷・デジタル・物流・RFIDの4つのソリューションを提供し業容を拡大しています。佐川印刷様では、これまでの商業印刷・出版グラビア印刷・ビジネスフォーム印刷等の印刷ソリューションに加え、新たな事業領域の一つとしてパッケージ印刷分野への進出について検討を重ねてきて、昨年、環境面の優位性や生産効率の高さなどから水性フレキソ印刷の採用を決定されました。この度受注しましたKodak Flexcel Direct システムは、水性フレキソ印刷の製版工程における中核として位置付けられ、その高い品質と生産性で水性フレキソ印刷の成功を支援します。

 現在、佐川印刷様では、オフセット印刷・グラビア印刷の主力拠点である日野工場にフレキソ印刷用の専用工場を建設しており、ここに第1期設備としてフレキソ印刷機2台、インフレーション機2台、ラミネーター2台等とともに、コダックの彫刻型フレキソ製版システムFlexcel Direct システム2台が納入される予定です。

 佐川印刷株式会社常務取締役 宇山 明彦氏は次のように述べています。
 「製版システムの選定にあたっては、当社がかねてより出版グラビア印刷用の大型ダイレクト彫刻機を使用しており、その経験があったことと、製版プロセスのシンプルさからダイレクト彫刻型の製版機を前提に検討していました。コダックのFlexcel Directは独自のハイパワー半導体レーザーイメージング技術を生かした生産性の高さと扱いやすさに優れており導入を決定しました。コダック社にはフレキソ印刷に対する深い知見はもとより版材も含めたより高い品質を期待しています。」

 コダック合同会社執行役員 田嶋 信介は次のように述べています。
 「このたび佐川印刷様よりFlexcel Directシステムの受注をいただけたことは、製品性能はもとより弊社がこれまでフレキソ業界での製版のデジタル化、ソリューションの提供に果敢に取り組んできたことが形となって結実したものだと思っています。
提案に際しては、佐川印刷様の目指すゴールに向けて弊社がどのようにご協力できるかを考え、技術データのみならず具体的な実績や経験をもとに提案することを心がけました。これから佐川印刷様と共に軟包装業界でのフレキソ印刷の更なる発展に向けて取り組んでいけることを楽しみにしております。」

 Kodak Flexcel Direct システムは、独自の省エネ型ハイパワー 半導体レーザー イメージング技術と自社開発による印刷用材料のエラストマー、正確な画像再現を行うワークフローソフトウェアにより、品質と生産性の両面で卓越したフレキソ印刷用スリーブおよびプレートを提供します。Flexcel Direct システムにより、これまで多くの手間がかかっていたフレキソ印刷向けの円筒製版(ITR:In The Round)が容易になり、印刷の安定化のみならず軟包装印刷市場では需要の多いエンドレスアプリケーションにおいてもその威力を発揮します。

 日本の印刷産業においてパッケージ印刷が印刷全体に占める割合は約30%、その中でも軟包装印刷だけに着目すると99%以上がグラビア印刷で行われています。しかし近年、段ボール印刷用と捉えられていたフレキソ印刷の品質が大幅に向上したことや、環境に対する配慮から、パッケージ印刷市場におけるフレキソ印刷の注目度が高まり、フレキソ印刷への転換や新規進出を検討する企業が増加してきています。

 コダックでは、今後もFlexcel DirectをはじめとするFlexcel Familyのラインナップの充実と強化を図り、パッケージ印刷業界、とりわけフレキソ印刷業界の発展に向けて邁進してまいります。

佐川印刷様に納入が決定したKodak Flexcel Direct システム

※Kodak、FlexcelはEastman Kodak社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:03-5577-1300
  • FAX:03-5259-9365
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 グラフィック コミュニケーション事業本部
  • TEL:03-5577-1200

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.