PRESS CENTER

2013年5月14日

コダック株式会社
[リリースNo.13-018GC]

株式会社タカラ様が Kodak Flexcel NXを使用したラベル印刷で
米国FTAシルバー賞を受賞
~コダックのフレキソ製版ソリューションの品質に高い評価~

 コダック株式会社(本社/東京都千代田区、代表取締役社長/藤原 浩)は、米国フレキソ技術協会(FTA)主催の2013 FTA Excellence in Flexography Award(略称:FTA Awards)において、株式会社タカラ様(東京本社/東京都世田谷区、代表取締役社長/津田 邦夫、以下タカラ社)がKodak Flexcel NXフレキソ製版システムを使用して製作した印刷物で「シルバー賞」を受賞したことをお知らせいたします。

 FTA Awardsは、今から50年以上前に、フレキソ印刷産業の成長と功績を示すことを目的として始まった歴史あるコンテストで、フレキソ印刷における優れた取り組みや成果を賞するものです。
このコンテストには、Wide Web(広幅)、Mid Web(中幅)、Narrow Web(狭幅)、段ボール、ナプキン、封筒、出版/新聞、自社の販促物など様々な印刷アプリケーションのエントリーが可能で、2013年度は全世界から517作品がエントリーされました。

 今回、日本からエントリーされたタカラ社の受賞作品は、同社が新たに導入したフレキソ印刷機と、コダックのFlexcel NX製版システム、それぞれの能力が最大限発揮できる4点の写真を選定して製作されたラベル印刷物です。フクロウの写真は毛並みの質感を、花の写真は葉の細やかさを、イチゴの写真はみずみずしさを、子供の写真は肌の質感を、それぞれ最大限に美しく再現したいという意図で製作され、FTA Awards のNarrow Webのプロセス コート部門の「シルバー賞」が授与されました。

Prinergy

株式会社タカラ様がコダックのフレキソ製版システムFlexcel NXで製版した印刷物で、
2013 FTA Awards「シルバー賞」を受賞

 タカラ社 代表取締役社長 津田 邦夫氏は、次のように述べています。
「今回エントリーした4点の写真は、これまでのフレキソ印刷で非常に苦労していた難しい題材でした。そのため当社にとっても大きなチャレンジでしたが、どの写真もそれぞれ意図していた通りに再現でき、オフセット印刷と同等の印刷品質をフレキソ印刷によって実現できたことに大変満足しています。特に、墨ベタの再現は、非常に滑らかで改めてフレキソ印刷が持つ高い可能性を実感しました。今回、FTAから栄誉ある賞をいただいたことは非常に大きな自信となりました。これを励みとしてさらにフレキソ印刷の可能性を追求していきたいと思います」

 1955年に創業したタカラ社は、58年の長い歴史を有する老舗企業で、1967年にフレキソ印刷機を導入して以来、シール・ラベルのフレキソ印刷を主に手掛けています。近年では、企画からデザイン、印刷、加工までのワンストップ ソリューションを提供するシール・ラベルのトータル サービス プロバイダーとして成長を遂げています。同社は、フレキソ印刷のさらなる高品質化を目指すなかで、コダックのFlexcel NXシステムの技術に着目しFlexcel NXHプレートを印刷用プレートとして採用し、Flexcel NXHプレートを使用した最初の印刷物でFTA Awardsを受賞しました。

 コダック マーケティング本部長 横山 和幸は、次のように述べています。
「Flexcel NX製版システムに高い評価をいただいている株式会社タカラ様の技術と品質が高く評価され、このたび栄誉あるFTA Awardsを受賞されたことを大変喜ばしく思います。これまでも世界各国のコダック ユーザーがFTA Awardsを受賞されてきましたが、2012年度に続き2年連続で日本のFlexcel NXを活用されたお客様が受賞されたことを大変誇りに思います。これは、日本のフレキソ印刷技術の高さとFlexcel NXがフレキソ印刷業界の発展に必要不可欠な製品であることを改めて証明しています」

 コダックは、お客様の製造現場における課題を解決するサポート体制を一層強化しています。優れたハードと印刷の工数低減に貢献でするソフトウエア、さらにフレキソ専任のサポートチームが、お客様をサポートしています。今回の受賞作品の制作においても、タカラ社がFlexcel NXの運用をスムースに進められるよう、コダックの専門チームがフレキソ製版から印刷までの全般に対する技術的な支援をさせていただきました。コダックでは、これからもお客様のサポートを通じて、品質の高いパッケージ製品が多く店頭で並ぶよう、フレキソ技術を基盤としたパッケージ印刷の品質向上と生産性の向上に尽力してまいります。

■Kodak Flexcel NXシリーズについて
 コダックのFlexcel NXシリーズは、新世代のデジタル フレキソ製版システムとして、2008年にパッケージやシール・ラベル印刷分野をはじめとする様々なパッケージ印刷に最適なシステムとして発表されて以来、これまでに世界で300台以上が導入されています。コダックは、オフセット印刷向けの開発で長年にわたり培ってきた高度なイメージング テクノロジーとマテリアル テクノロジーを融合することで、従来のフレキソ印刷の概念を覆す、印刷線数175線以上での高品質な再現と卓越した生産性の提供を可能としました。Flexcel NXが高品質な印刷物を提供できる最大の特長は、レリーフのトップがフラットで安定した網点再現を実現できる点です。
 なお、Flexcel NXシリーズは、高い品質と安定性で定評のあるKodak SQUAREspotイメージング技術の搭載により微細なドットを高精度で描画するFlexcel NXイメージャ、高解像度の画像を高速に形成できるFlexcel NXサーマル イメージング レイヤー、安定した形状のレリーフで理想的なドットを形成するFlexcel NXラミネータ、優れたインキ転移性、滑らかなベタ、均一な基層、安定した印刷機上特性、抜群の耐オゾン性により、幅広い基材への印刷に対応するFlexcel NXHフレキソプレートで構成されます。

※Kodak、Flexcel、SQUAREspotは、Eastman Kodak社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様 コダック株式会社 広報
  • TEL:03-5577-1606
  • FAX:03-5282-1619
  • ◆ユーザー様
     コダック株式会社 グラフィック コミュニケーション事業本部
  • TEL:03-5577-1200

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.