Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)

2012年9月3日

コダック株式会社
[リリースNo.12-028 GC]

タイヘイ株式会社様、コダックのProsper S10 を導入
~日本初、オフ輪印刷機によるチラシのハイブリッド印刷で市場拡大を狙う~

 コダック株式会社(本社/東京都千代田区、代表取締役社長/藤原 浩、以下コダック)は、タイヘイ株式会社様(本社/千葉県、代表取締役社長/折原 秀則、以下タイヘイ)が、コダックのインクジェット プリンティング システムKodak Prosper S10(プロスパー エス テン)を同社の成田工場に導入したことを発表しました。
創業130年の歴史を有し、食材事業を柱として印刷事業や信販事業など多角的な事業展開を図ることで飛躍してきた同社は、オフセット輪転印刷機で印刷したチラシに様々な可変情報をインラインで付加するバリアブル印刷機能を駆使して、チラシ市場の活性化、市場拡大を図る目的で、Prosper S10を運用します。

 タイヘイ 常務取締役 小川 淳氏は、次のように述べています。
「当社はオフセット輪転印刷機を多く保有しており、チラシの印刷がビジネスの大きな柱となってきました。ビジネスの核であるチラシの印刷で、いかに付加価値を高めるかということは、当社にとっての重要な課題でした。そこで、オフセット印刷されたチラシに様々な可変情報を付加できれば顧客に付加価値を提供できると考え、2年ほど前からインクジェット システムの導入を検討してきました。コダックのProsper S10 インクジェット プリンティング システムがオフセット輪転印刷機での運用にも十分対応可能な高速印字スピードを有している点、そしてなによりも高い印字品質が当社の目指すビジネス展開のニーズに最適だったことが最終的な導入の決め手となりました。
今回、導入したProsper S10 ハイブリッド印刷システムを駆使してチラシの付加価値向上を積極的にクライアントに提案し、チラシ市場の活性化を図り、市場拡大を狙っていきたいと考えています。」

 タイヘイでは、平成19年に100%子会社であるタイヘイ印刷株式会社を合併し、印刷事業部を創設し印刷市場に参入しました。現在では印刷および印刷物の企画販売、製版、製本までの一貫した総合的なサービスに加え、広告代理業を展開し、顧客のプロモーションを総合的に支援するマーケティングサービスを展開しています。関東圏では、今回、Prosper S10 が導入された成田工場のほか、市川工場、潤井戸工場などで合計13台のオフセット輪転印刷機を擁しており、多様化する顧客のニーズに対応しています。そのほか、京都、芦原、大阪、奈良、東広島にも工場を有し、オフセット輪転印刷機、枚葉印刷機、ビジネスフォーム印刷機を運用し、顧客のニーズにきめ細かくお応えしています。

 コダック 代表取締役社長 藤原 浩は次のように述べています。
「このたび、タイヘイ様にオフセット輪転機に搭載されたProsper S10の日本国内第一号機をご導入いただいたことを、大変うれしく思います、高速でのバリアブル印刷が可能なProsper S10を、オフセット輪転印刷機に搭載したこのハイブリッド印刷システムは、タイヘイ様が目指すチラシの高付加価値化という日本初のチャレンジに、十分にお応えできるソリューションであり、コダックでは、引き続き同社のチャレンジをフルサポートしてまいります。」

 Prosper S10は、コダック独自のStreamインクジェット技術を搭載したプリンティング システムで、ビジネス用フォーム印刷機、商業印刷用印刷機、後加工機や搬送機やなどにインクジェット ヘッドを搭載することにより、事前にオフセットで印刷された印刷物に高速で高品位なバリアブルデータ(地図、イラスト、宛名、住所、ナンバリングなどの可変テキスト、QRコード、EAN/JAN/カスタマーバーコードなど)の追い刷り印刷をインライン、またはオフラインでの運用を可能にします。Prosper Sシリーズは、drupa2008で初公開されてから、既に世界中で450ヘッドが導入されており、その高い印字品質と高速性、安定性は、デジタル印刷の高付加価値化の新しいソリューションとして高い評価を得ています。

 Prosper S10の印字サイズは、1ヘッド当たり10.6cm(4.16インチ)で、水性顔料インクの使用により耐傷性、耐水性、耐光性に優れており、600×600dpiの高解像度で、最高300m/分の高速印字が可能です。Prosper Sシリーズには、Prosper S10よりさらに高速化を図り新聞輪転印刷向けに新開発されたProsper S30(印字スピード最高900m/分)の他に、カット紙用のProsper S5(印字スピード最高150m/分)もラインアップしており、業務内容などのニーズに応じた柔軟な選択が可能となっています。

 コダック 代表取締役社長 藤原 浩は次のようにも述べています。
「情報伝達メディアの発達や消費者ニーズの多様化を背景に、現在ではOne to Oneマーケティングが広く普及しています。Kodak Prosper Sシリーズを活用したハイブリッド印刷は、印刷物の付加価値を高めるバリアブル印刷をオフセット印刷に近いコストパフォーマンスで実現することを可能にする、まさに現在の市場に適したソリューションであると確信しています。コダックでは、ハイブリッド印刷市場を成長市場として捉え、今後も印刷会社様とクライアント企業の課題解決を提案し続けていきたいと思います。」

タイヘイ株式会社の会社概要
創業:明治13年2月
本社:千葉県匝瑳市八日市場イ2614
代表取締役社長:折原 秀則
資本金:6000万円
従業員数:2,082名
事業所:地区本部/11ヶ所、工場/24ヶ所、営業所・出張所/152ヶ所
事業内容:一般家庭向け献立材料「ファミリーセット」や業務用食材「クッキングデポ」の納入事 業。ダイエットメニューや各種成人病予防食等の宅配、家庭日用品等の納入。印刷事業、金融事業、 醤油醸造、カット野菜、保険事業。
印刷事業においては、東洋紙業株式会社、株式会社恒陽社印刷所、株式会社報宣印刷などをM&A 戦 略により傘下に収め印刷事業の拡大を図っています。
URL:http://www.taiheig.co.jp/

※Kodak、Prosper は、米国イーストマン・コダック社の商標です。

<タイヘイ株式会社のオフセット輪転印刷機に搭載されたKodak Prosper S10 インクジェットプリンティング システム>

<タイヘイ株式会社のオフセット輪転印刷機に搭載されたKodak Prosper S10 インクジェットプリンティング システム>

<Kodak Prosper S10 インクジェット プリンティング システム>

<Kodak Prosper S10 インクジェット プリンティング システム>


<この件に関するお問い合わせ先>

このページのトップへ