Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)

2012年8月6日

コダック株式会社
[リリースNo.12-025 GC]

Kodak NexPress赤色蛍光ドライ インキが2012年度PIA InterTechで技術賞に輝く
~第5イメージングユニットソリューションとして三度目の受賞~

 2012年7月30日、米国ニューヨーク州、ロチェスター発:Kodak NexPress第5イメージング ユニット ソリューションの画期的な赤色蛍光ドライ インキが、PIA(Printing Industries of America:米国印刷工業会)の2012年度InterTech技術賞を受賞しました。赤色蛍光ドライ インキは多彩なNexPress第5イメージング ユニット ソリューションのポートフォリオの一つで、証書類、パッケージ、販促資料、ダイレクト メールなどの印刷において、偽造防止に威力を発揮しています。

 今回の受賞により、イーストマン・コダック社(以下、コダック)はNexPressの第5イメージング ユニット ソリューションでPIAから通算で三度、InterTech技術賞を受賞したことになります。2005年に第5イメージング ユニット ソリューションの発表により受賞、2009年はディメンジョナル プリンティング ソリューション(盛り上げ印刷)の開発で受賞しています。

 PIAの技術研究担当バイス プレジデントであるマーク ボーヘン氏は、次のように述べています。
「これまでのセキュリティ ソリューションはコスト面で問題がありました。コダックの赤色蛍光ドライ インキは費用対効果が高く、印刷会社は、本格的な偽造防止ソリューションを簡単に導入できるようになりました。このインキは様々な用途で使用できるため、印刷会社が新たな市場に挑戦するきっかけにもなるでしょう」

 赤色蛍光ドライ インキは各種基材にインライン印刷が行え、その鮮明さは紫外線光源で照射されるまで変わりません。赤色インキの強度は印刷量により調整できますが、肉眼ではほとんど認識することができません。また、他のNexPressドライ インキと同様、揮発性有機化合物(VOC)を含みません。

 コダックの赤色蛍光ドライ インキはセキュリティ ソリューションとして、高度な偽造防止が求められる入場券、二次元またはQRバーコード、あるいは限定生産の印刷物に最適と評価されています。一例として、メジャー リーグの試合チケットの印刷を請け負っている米国 Alcom社では、赤色蛍光インキを偽造防止に活用し、目に見えないチーム ロゴをチケット1枚ずつに刷りこんでいます。試合当日は、球場入口の紫外線照明でチケットがチェックされ、ロゴがないチケットは即座に偽物と判定されています。Alcom社は、赤色蛍光インキでクライアントの大きな課題であった偽造を解決するとともに、高品位の印刷物を提供することにも成功しています。

 コダックのバイス プレジデント兼電子写真印刷ソリューション担当ゼネラル マネージャーのスティーブ フレッチャーは、次のように述べています。 「赤色蛍光インキは、コダックがお客様のご要望に応えて提供している差別化推進ソリューションのひとつです。このインキとバリアブル データ印刷を併用いただけば、印刷会社様では偽造防止印刷という新分野に取り組むとともに、顧客満足度の向上やさらなるビジネス成長といった目標を達成いただけるはずです」

 コダックでは今後も、NexPressに対するお客様の投資効果を最大化するため、革新的なソリューションの開発を進めていきます。drupa 2012では、アプリケーションの可能性を広げるゴールド、パール、蛍光色による印刷など、新しい第5イメージング ユニット ソリューションを発表しました。こうした新機能はすべて、印刷物にインパクトの高い色彩や効果を付加価値として提供します。Graph Expo 2012(2012年10月7日~10日、米国 シカゴ マコーミックプレースにて開催)のコダック ブースでは、これら新開発ソリューションのライブ デモを行う予定ですので、どうぞご期待ください。

 Kodak、NexPressは米国イーストマン・コダック社の商標です。

Kodak Photo Scan ソリューション

Kodak NexPress SX デジタルプロダクション カラー プレス


<この件に関するお問い合わせ先>

このページのトップへ