Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2010年7月7日

コダック株式会社
[リリースNo.10-013GC]

コダックが印刷物と電子書籍の製作工程を一元化する
電子書籍データ自動作成ソリューションを発表


 コダック株式会社(代表取締役社長/松浦規之)は、従来からの印刷物製作工程と電子書籍の製作工程を一元化する、電子書籍データ自動作成ソリューションを、7月8日(木)~10日(土)までの3日間にわたり東京ビッグサイトで開催される「デジタル パブリッシング フェア(主催:東京ブックフェア実行委員会、リード エグジビジョン ジャパン株式会社)において発表します。

 現在、アマゾン社のキンドルや、アップル社のiPadなどの革新的なリーディング デバイスの登場により、電子書籍ビジネスへの期待が急速に高まっています。これに伴い、電子書籍の標準規格ePUBが策定されましたが、日本語組版への対応の遅れやデザインの再現性など課題も多く残されており、電子書籍の市場に参入するうえでの障壁となっています。

 コダックでは、こうした課題を解決するために株式会社ジーティービー(本社/神戸市、代表/松木宏)と共同で、印刷用の中間ファイルから電子書籍データを自動的に作成するソリューションを新たに提案します。このソリューションは、印刷物のデザイン性をそのまま保持した忠実な再現で、印刷から電子書籍までをカバーした、ワンソース マルチユースのワークフローを実現します。

 

 コダック ・ ジーティービーの電子書籍データ自動作成ソリューションの特長

■ 印刷用の中間ファイルからePUB形式の電子書籍データを作成
Kodak Prinergy(プリナジー)ワークフロー システムが生成する印刷用の1bit TIFFファイルからePUB形式の電子書籍データを自動的に作成します。これにより、特別な知識が無くても、従来のプリプレス工程のノウハウをそのまま生かしながら、電子メディア市場に容易に参入できます。

■ 印刷物のレイアウトをそのまま保持した忠実な再現性
印刷用のラスター データから電子書籍データを作成するため、レイアウトや文字組版が崩れる心配がありません。印刷物と同じ美しいレイアウトをそのまま電子書籍データで再現できます。

■ 在版データ・フィルムからも電子書籍データの作成が容易
ジョブの作業指示情報を元にページを切り出して自動的に再構築できるため、面付け済みデータからでも、単ページデータからでも簡単に電子書籍データが作成できます。また、ページ順の変更や追加、削除、差し替えなども行えるため、在版データや在版フィルムからでも電子書籍データの作成が容易です。

■ DTPからWeb校正、印刷、電子書籍まで制作製作工程を一元化
出版物のDTP制作から、Kodak InSite(インサイト)によるWeb校正、印刷物と電子書籍の同時生産まで、クロスメディアのコンテンツ製作を一貫した品質で効率良く実現します。このため、印刷会社が中心となった新規ビジネスへの早期参入が可能となります。

■ 電子書籍の特性が生きるWebリンク・画像編集機能
ページやオブジェクトに対してWebや動画へのリンク設定が可能です。さらに広告部分の抜き取りなどに使える画像編集ツールも用意しているため、電子書籍の特性を生かした付加価値の高いコンテンツ制作が行えます。

■ メディアの価値を高める検索機能(次期バージョンで対応予定)
Prinergy独自の機能であるLayered PDF Versioning(レイヤード PDF バージョ二ング)を使用してテキスト情報を埋め込むことで、電子書籍内のテキスト検索が可能になります。現在流通している電子書籍のほとんどがラスターデータでの検索機能を提供していませんが、これにより、より価値の高い電子書籍の製作が可能となります。
※電子書籍ソリューションのフロー図(PDF:1.72MB)
 

 電子書籍データ自動作成ソリューションを構成する製品

■ Kodak Prinergyワークフロー システム
コダックのUnified Workflow(ユニファイド ワークフロー)の中核を担うワークフロー システムで、印刷物と電子書籍の製作工程を一元化します。

■ Kodak InSiteウェブ ポータル システム
Prinergyと連携して生産工程の効率化を実現するWebポータル ソリューション。データの入出稿からWebによる校正作業、さらにはWeb to Printまで幅広い用途での活用が可能です。

■ GTB Proof Maker
1bit TIFFファイルを連続階調データに変換し、コンポジット画像やグレースケール画像を生成するソフトウエアです。

■ GTB ePod
面付け/単ページのデータから台割順の見開きページ データを生成するソフトウエア。電子書籍用のWebリンク機能や画像編集ツール(Strip Editor)も用意しています。

EPUBとは電子書籍の標準化団体IDPF(International Digital Publishing Forum)が策定した電子書籍の標準ファイルフォーマットです。

*Kodak、Prinergy、 InSiteは、Eastman Kodak 社の商標です。

 




<この件に関するお問い合わせ先>
報道関係者様
コダック株式会社: 広報担当宛 TEL:03-5577-1368
FAX:03-5259-9365
ユーザー様
コダック株式会社
グラフィックコミュニケーション事業部
TEL:03-5577-1200


このページのトップへ
| |