Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2007年4月10日
コダック株式会社
[リリースNo.07-012HG]


「2007 国際医用画像総合展(ITEM)」に出展
「Innovation ~Kodak Total Workflow~」をテーマに最新の医療用機器、サービスを紹介


 コダック株式会社(社長:川上 隆二)は、4月13日(金)~15日(日)の3日間、パシフィコ横浜で開催される「2007 国際医用画像総合展(ITEM)」(主催:日本ラジオロジー協会)に出展します。最新のCR製品をはじめ、PACS/RIS製品などのインフォメーション テクノロジーとコダック独自のデジタルイメージング サイエンスを融合したメディカル ソリューションを数多く展示します。

 「コダック ヘルス事業部からケアストリームヘルス株式会社へ」、ケアストリームヘルス株式会社として新たなスタートをきる本年は、「Innovation ~Kodak Total Workflow~」をテーマに、コダックが培ってきた医用画像の技術と情報技術を融合させ、さらに進化し続けるさまざまなソリューションを展示します。コダックブース内のステージでは、PACS/RIS製品、デジタルキャプチャー&アウトプット製品、マンモグラフィソリューションの導入事例を交えたプレゼンテーション、新製品などの紹介、医療の専門家による特別セミナーを行います。

<2007 国際医用画像総合展 出展概要>

〔デジタル キャプチャー システム〕

画像処理能力とフレキシブルなネットワーク対応力をさらに高め、マンモグラフィや塵肺対応などのオプション機能も充実の「コダック ダイレクトビュー CR850 システム」、「コダック ダイレクトビュー CR975 システム」を展示します。また、医療現場での多様化するニーズに合わせて開発された、開業医向けの「Point-of-Care CR システム」も紹介します。ブース内メインステージでは、それぞれのシステムの導入事例も紹介します。

〔デジタル アウトプット〕新製品「コダック ドライビュー 6800レーザーイメージャ」

超高解像度で超高速フィルム出力の、マンモグラフィ対応のオプション機能付きドライイメージャ「コダックドライビュー 8900 レーザーイメージャ」、その8900レーザーイメージャの機能をそのままにコンパクトに凝縮した新製品「コダック ドライビュー 6800レーザーイメージャ」を展示します。

〔マンモグラフィ〕

高精細な画像により、世界的に高い評価を得ている「コダック Min-R EVマンモグラフィ システム」、CRマンモグラフィ、マンモグラフィ ワークステーションなどを展示します。また、乳がん啓発促進のためのコダックの活動について紹介します。また、ブース内メインステージでは、導入事例も紹介します。

〔サービス〕

医療現場における運営・管理、院内システム構築に至るまでの、さまざまなニーズに柔軟に対応するコダックサービス、リモートネットワークサービスについて紹介します。また、ブース内サブステージでは、コダック画像処理ソフト体験ステージや最近の新技術による放射線科業務フロー改善例なども紹介します。

〔PACS/RIS〕

「いつでも、どこでも」をコンセプトに、コダック独自のアーキテクチャーによって快適な操作性とハイレベルな読影環境を実現する「Carestream PACS/RIS」を展示します。ブース内メインステージでは、導入事例も紹介します。

※ コダックブース内メインステージで、医療の専門家による特別セミナーを、以下のとおり行います。

かみもとスポーツクリニック 院長  上本 宗忠氏
「スポーツ選手の復帰と画像診断の関わり」4月14日(土)15:30 – 16:00 予定

コダック ヘルス事業部URL:
http:// www.kodak.co.jp/go/health



<この件に関するお問い合わせ先>
報道関係者 社長室 矢畑 TEL:03-5540-2738
  FAX:03-5540-2261
  E-mail:jp-kodak-news-release@kodak.com
ユーザー ヘルス事業部 藤本・成島 TEL:03-5540-2260


このページのトップへ
| |