Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2009年2月16日

コダック株式会社
[リリースNo.09-004DI]

効率的な書類の処理を実現する 業務用スキャナーの新定番
i700シリーズに「i730スキャナー」「i750スキャナー」を追加


 2月9日(米国時間)、イーストマン・コダック社(本社:ニューヨーク州ロチェスター、CEO:アントニオ・M・ペレス)は、様々な企業において、情報への迅速なアクセスとコアビジネスへの集中を実現する、次世代のスキャニング技術を採用した2種類のドキュメント スキャナーを発表しました。「コダック i730スキャナー」(以下、「i730スキャナー」)と「コダック i750スキャナー」(以下、「i750スキャナー」)は、解像度300dpiでも200dpiの場合と同じ処理速度でスキャンできるほか、ワークフロー上で使用できるデータへすばやく変換することが可能です。これらのスキャナーは、様々な紙が混在した書類を一度に処理し、作業現場で高い生産性を提供する、最も競争力の高い既存の中・大容量スキャナー「コダック i780スキャナー」に加わった新機種です。

 「膨れ上がる大量の書類と非構造化データ* が果てしなく存在するビジネスの現場では、個人が重要な情報を使用し、管理する新しい技術が求められます」とイーストマン・コダック社、ビジネスソリューション&サービス部門のマーケティング担当 バイスプレジデントである、トニー・バーボーは述べています。「顧客やパートナー、業界の取引先からの意見をもとに、先進的なイメージ処理技術と優れた紙の搬送能力をもつ革新的なドキュメントスキャナー『i700シリーズ』を開発することができました。これらは、次世代の中・大容量の業務用スキャナーと言っても過言ではありません」とも述べています。

 高速な処理速度と堅牢なデザインは、より信頼性の高い書類のスキャンニングを可能にします。これらの特徴とコダックの最新のイメージ処理技術を組み合わせることで、構造化されていない書類や情報を処理するという難題を解決することができます。AIIMの研究によると、構造化されていない明細書や領収書、納品書は全てのビジネス文書の80パーセントを占めています。この値は年率36パーセントの割合で着実に増加していくと考えられています。

 「i700シリーズ スキャナー」は、コダックのイメージ処理技術である「パーフェクトページ」の自動イメージ補正機能によって、正確で高品質なデジタルデータを生成します。それらのイメージは、ときにオリジナルの紙の書類よりもきれいな場合があります。また、OCR(光学式文字認識)やその他の優れた検知機能などが書類の処理時間とコストの低減を実現します。

 ガートナー・リサーチ社は、2009年におけるビジネスのための最も戦略的なテクノロジーの展望として、「特に厳しいビジネス環境では、ユーザーがよりスピーディに、情報に基づいたより良い決定を可能にするツールが求められる」と予測しています。

 「i730スキャナー」と「i750スキャナー」は、それぞれ90枚/分(A4横送り、200dpiの場合)と115枚/分(A4横送り、200dpiの場合)の速度で書類をスキャンでき、信頼性の高い処理を行うため、仕事の流れを止めません。また、自動給紙技術は加工や保存、情報共有のために書類を電子化する際の事前の仕分け作業を省きます。書類や写真、破れた紙も混在したまま給紙できます。加えて、「i700シリーズ スキャナー」は、両面の同時スキャン、自動方向検出、自動傾き修正、自動枠消し、カラードロップアウト、白紙除去を含む全てのイメージ処理機能を有効にした場合でも処理スピードが落ちません。そして、3つの超音波重送検知センサーが潜在的なスキャニングエラーやワークフロー上のログの不具合を最小限にとどめます。

 コダック製品は、コダックのサービス&サポートによってバックアップされています。コダックのサービス&サポートは120カ国以上で3,000人以上のプロフェッショナルなスタッフで構成されている、様々な他社製品のサポートも行う統合的マルチベンダー サービスプロバイダーです。商業印刷、グラフィック コミュニケーション関連製品、ドキュメントイメージング製品、データストレージ関連製品などのコンサルティングや設置、メンテナンス、サポートサービスを提供しています。プロフェッショナルなスタッフによる、経費を抑え、生産性を最大限にし、ビジネスリスクを最小限にする独自のノウハウで顧客をサポートしています。

* 構造化データとは基幹システムやデータベース上で管理されたデータのことです。構造化データに対して、非構造化データとは、PCで作成されたビジネス文書、Eメールなどの通信文、Webコンテンツ、音楽・写真・映像などのデジタル・コンテンツ、ファックス、イメージ化された紙文書などのデータのことを指します。

i700
*ダウンロード(JPG:130KB)
「コダック i730スキャナー」、「コダック i750スキャナー」

コダックについて
 コダックは世界的なイメージング イノベーターとして、消費者、企業、クリエイターが写真と印刷のパワーをより高め、生活を豊かにすることに貢献しています。

 コダックの詳細については、ホームページ http://www.kodak.com、または当社のブログ(いずれも英語のみ)http://www.kodak.com/go/followus をご覧ください。

 世界中で7000万人以上の人々が、Web上のKODAK Galleryを使って写真を管理し、共有し、フォトギフトを送っています。KODAK Gallery は、www.kodakgallery.com にて無料でご利用いただけます(英語のみ)。

(Kodakは、イーストマン・コダック社の商標です。)

本プレスリリースは、2月9日付けイーストマン・コダック社発行のプレスリリースを翻訳したものです。



<この件に関するお問い合わせ先>
ドキュメントイメージング営業本部 担当:江川 TEL:03-5577-1380
E-mail:JP-Kodak-News-Release@kodak.com


このページのトップへ
| |