[Kodak Photosalon]

[フォトサロン内観]

八木橋正雄 写真展

「惜別 中国の蒸気機関車」
The Last Steam Railroad in China


  • 期 間
    2006年2月15日(水)〜2月21日(火)

  • みどころ
     '97年から'04年にかけて、中国東北地方、中国内モンゴル自治区、北京市、ハルピン市で撮影した主要路線とその周辺の路線での蒸気機関車とその牽引列車と鉄道員の姿です。マイナス40℃の過酷な自然、撮影の許可と理解など、現地の困難な状況を乗り越えて撮影した、変貌しつつある中国に残された最後の現役蒸気機関車の貴重な記録です。出展予定点数カラー約40点

  • 作者の言葉
     中国はオリンピックをめどとし、鉄道の動力近代化を推進し、2006年春をもって蒸気機関車を主たる路線から淘汰し、無煙化を遂成しつつあります。中国東北部はかつて偽満州という植民地がなされた地域でしたが、その峻烈な習俗と自然は、美しさに溢れています。深き叢林と広漠たる大地と山や河は、中国東北部の凛烈とした峻厳たる山岳部を形造り屹立し、鉄道は裾を蛇行し資材と旅客を運搬しています。瞠目すべき自然と生活の共棲があり、我が国の負の歴史と天然とが併存しています。蒸機列車の情景とその習俗の記録は、内モンゴルと中国東北地方の去り行く時代の記憶とともに、負の歴史の証人としても決して忘れてはならない課題を残しています。歴史の証人としての蒸気機関車列車が、今消え去らんとしています。

  • 作者の横顔
     1952年生まれ、東京都出身。'70年東京写真大学(現東京工芸大学)卒。写真家ジャック・プズー氏に師事。地中海諸国の習俗、特にギリシア・ローマ・ヘレニズム文明の遺物、遺跡の記録と撮影、中国の習俗、中国現役の蒸気機関車、牽引の列車の記録をライフワークとしてきた。'03年「The Last Steam Railroad: Ji Tong Line」'05年「八木橋正雄写真展」など個展開催。鉄道芸術家集団 主宰。

  • 「photo」
    女性鉄道員
    「photo」
    夜明けの三峰洞(北朝鮮近くの三峰洞)

    コダックフォトサロントップページへ


      ホーム | 検索 | サービス&サポート | オンラインプリントは、Print@Kodak で!
    Kodak Worldwide | WebMasterあてのお問い合わせ
    Copyright © Eastman Kodak Company, 1994-2006 and Privacy Practices.