写真を撮る・見る・見せる・仲間を作る
 
フィルム情報

 
 
梶山麻耶子の紅葉

  輝く黄葉をより美しく鮮やかに。
  紅葉1
日本の秋は、とても美しい。紅葉は北から移ろいながら、列島を多様に彩ってくれます。秋の光は低めに細く差すため、日中でも斜光線で撮影することができます。この日も澄み切った快晴で、斜光線を受けた黄葉が目映く輝いていました。そこで黄葉が引き立つように、背景とのバランスを見ながら、中版カメラでフレーミングしました。背景の木々の渋い色調と鮮やかな黄葉との色彩コントラストを描写するのに、E100VSはとても適しています。このような澄んだ空気での斜光線では、色彩美と立体美を両立させることができます。高彩度でヌケの良いこのフィルムで、クリアで光彩色豊かな作品に仕上げることができました。
 ■撮影地:新潟県

  紅葉のグラデーション色彩美
  フラットな光の条件下でも、E100VSは、彩度の高いメリハリのある作品にしてくれます。曇天は、細部のトーンが得られやすいのですが、光の扱いに注意しないと、メリハリのない画面になりがちです。特に、順光で紅葉を撮ると、赤茶色に沈んだ発色になることが多いので注意が必要です。この写真は、フラットな光の中、紅葉した葉をメインに、色バランスをみながらフレーミング。ソフトフォーカスレンズでの光のにじみにより、情緒的に仕上げました。このフィルムは、色の変わりかけの黄緑から紅までの微妙な濃淡の色合いを見事に再現してくれました。 紅葉2

 ■撮影地:青森県

  写真・文:写真・文:梶山麻耶子


戻る

 
Contents
Web KPC トップへ
Kodak Photo Club
撮影会情報
コンテスト情報
フィルム情報
E-6会のご案内

>> Web KPC お問い合わせ

| | 著作権