写真を撮る・見る・見せる・仲間を作る
 
フィルム情報

 

 
岩本恵次がE100Gフィルムをおすすめします

桜をアップで撮るならE100G
  photo1このフィルムの特徴は程よいコントラストと粒状性の細やかさにあります。そのため繊細な質感や柔らかさ、優しさといった表現をしたい場合に向いています。自然な発色で落ち着いた雰囲気を表現したい場合にも最適なフィルムです。柔らかな和紙のような質感を持つ桜の花びらも、このフィルムにより期待通りの仕上がりになりました。背景の明るさを考えてプラス1.5の補正をしましたが、それでも花びらの色や質感が失われることなくそのディテールまでもしっかり再現してくれました。フィルム選択の適否が作品の仕上がりに大きく影響することもあります。思い通りの表現をするにはフィルムを使い分けることも必要なのです。
  撮影地:神奈川県
桜を広角でひいて撮るならE100VS
  ご存知のようにE100VSは発色の鮮やかさが特徴。桜の花はもともと淡いピンク。色彩的な印象はどうしても弱くなりがちです。その桜を風景の中の花として捉える場合、画面の中にあるほかの色彩や背景に埋没してしまう こともあります。そんな時にこのE100VSを使うとその鮮やかさが活きて、桜の花の印象を際立たせることができるのです。この作品の桜も薄曇の空に同化することなく鮮明なピンク色が見事に浮かび上がりました。フィルムの持つ特徴を熟知し、それを自分の狙いとする表現に生かすことで創作活動の表現領域をさらに広げることにもなります。 photo2
撮影地:京都府

戻る

 
Contents
Web KPC トップへ
Kodak Photo Club
撮影会情報
コンテスト情報
フィルム情報
E-6会のご案内

>> Web KPC お問い合わせ

| | 著作権