[コダック ロゴ] [撮影テクニック 10 のヒント]
はじめに
1. いつもカメラを持ち歩く
2. 被写体に近づく
3. 人物には絶えず動いてもらう
4. 背景をシンプルにする
5. 被写体を中心からはずす
6. 風景写真には前景を含める
7. 最適なライティングを求める
8. カメラをしっかり固定する
9. フラッシュを使う
10. 適切なフィルムを選ぶ

よい写真を撮るためのガイド

最適なライティングを求める



山の夕暮れの写真 フィルムを感光させるには光が不可欠ですが、照明効果を上手に使うと、人目をひくカラフルで立体的な、そして被写体を引き立たせる写真になります。太陽の強い光も、すぐれたライティングの 1 つにすぎません。
人物の撮影には曇った日が最適だと知って驚く人もいます。日光がまぶしいと、目を細めてしまいますし余計な影も出ます。曇った日の柔らかい光が、人物の顔を引き立たせるのです。 帽子をかぶった女性の写真

[6. 風景写真には前景を含めるへ]

[8. カメラをしっかり固定するへ]

  ホーム | 検索 | サービス&サポート | オンラインプリントは、Print@Kodak で!
Kodak Worldwide | WebMasterあてのお問い合わせ
Copyright © Eastman Kodak Company, 1994-2006 and Privacy Practices.