[コダック ロゴ] [特別な状況の被写体]
はじめに
1. 基本的な条件
2. コントラストの調整
3. サイドライトおよびバックライト
4. 直射日光を当てない
5. 日没
6. アベイラブル ライト
7. フィルム
8. 屋内
9. 屋外
10. The Language of Light Photography Program(US)

よい写真を撮るためのガイド

はじめに


屋外で撮影する場合は、明るい日光を利用できます。陽が射しているとき、色彩は最も生き生きとします。陽光のもとで再現される彩やかな色、まばゆいハイライトや効果的な陰影によって、すばらしい写真に仕上がります

撮影者: Agnes Porasz KINSA (US) /コダック写真コンテスト

晴れた日の港に停まっている船

日中の屋外でのライティングは、さまざまに変化します。被写体の正面、側面、後方などいろいろな方向から明るい陽光が射している場合があります。また、曇った影のない状態、深い森のほの暗い光といった場合もあります。自然光のさまざまな状況を最大限に活用する方法を知ると、もっとよい写真が撮れるでしょう。屋外のライティングを理解すると、もっと引きつけられるような写真ができる可能性のあることがわかります。光を上手にとらえ活かすことでより創作的な力が発揮されるでしょう。



[1. 基本的な条件]

  ホーム | 検索 | サービス&サポート | オンラインプリントは、Print@Kodak で!
Kodak Worldwide | WebMasterあてのお問い合わせ
Copyright © Eastman Kodak Company, 1994-2006 and Privacy Practices.