PRESS CENTER

2019年11月15日

コダック ジャパン
[リリースNo.19-13GC]

コダック、主力製品が好調、第3四半期の売上3億1,500万ドルを報告

米国ニューヨーク州ロチェスター、2019年11月7日(木)発

イーストマン・コダック社(ニューヨーク証券取引所銘柄コードKODK:以下コダック)が2019年度第3四半期(9月期)の決算報告を行い、純損失が500万ドル、売上は3億1,500万ドルを達成したことを報告しました。主力の印刷関連およびフィルム製品分野が成長しています。

第3四半期の業績概要

  • ●当期は一般会計原則ベースで純損失500万ドル。前年同期は一般会計原則ベースで純利益1,900万ドル
  • ●当期売上は3億1,500万ドル。前年同期は3億2,900万ドル
  • ●当期営業活動EBITDAは1,400万ドル。前年同期は900万ドル
  • ●コダックは、中華人民共和国のLucky HuaGuang Graphics Co., Ltd.との戦略的関係の構築に関して最終決定をしました。この決定には、中国の厦門(アモイ)市にあるコダックのオフセットプリンティングプレート工場の売却、コダックが顧客需要に対応するための供給契約、中国市場拡大のためにコダックがHuaGuang社にプレート技術のライセンスを許諾する知的財産契約が含まれます。当期の営業活動EBITDAには、この取引における1,300万ドルのライセンス収入が含まれています。
  • ●主力製品ラインの実績は、現在までに前年比で順調に増加
  • ●KODAK SONORAプロセスフリープレートの販売量は22%増
  • ●KODAK PROSPERインクジェットプラットフォームの消耗品・サービスの売上は5%増
  • ●フィルム事業の売上は現在までに前年比で21%増
  • ●当期末の現金残高は2億2,500万ドル

コダックExecutive Chairmanのジム・コンティネンザは、次のように述べています。
「当社の主力である印刷関連およびフィルム事業において、業界最高レベルの技術を顧客に提供することに引き続き注力していきます。2020年を見据えて、収益性の高い売上の増加、スマートな投資、および不要な支出の削減を通して現金を創出していくことに焦点を当てていきます。」
当期売上は前年同期比で約1,400万ドル減少しました。当期末の現金残高は、前期の1億9,800万ドルから2,700万ドル増の2億2,500万ドルでした。これには中国厦門(アモイ)市のコダックのオフセットプリンティングプレート工場に関連する資産を売却目的保有資産として計上したことによる調整が含まれています。当期売上および当期営業活動EBITDAには、Lucky HuaGuang Graphics Co., Ltd.との取引に関する1,300万ドルのライセンス収入が含まれています。

コダックCFO(最高財務責任者)のデビッド ブルウィンクルは、次のように述べています。「年初に完了した取引における利息費用を大幅に削減したことにより、財務状況を強化しました。現在までにSONORAプロセスフリープレート事業、PROSPERインクジェットプラットフォームの消耗品・サービス、およびフィルム事業は好調です。現金創出の目的達成のため、この成功を拡大し、費用効率をさらに向上させていく計画です。」

2019/Q3と2018/Q3の売上と営業活動EBITDAの比較
(単位:100万ドル)

2019/Q3実績 PSD EISD KSD BFID AM3D EBPD コダック合計
売上 213 29 14 56 1 2 315
営業活動EBITDA* 20 -3 2 -1 -4 - 14
2018/Q3実績 PSD EISD KSD BFID AM3D EBPD コダック合計
売上 217 39 15 54 1 3 329
営業活動EBITDA* 11 2 1 -3 -2 - 9
2019/Q3と2018/Q3の実績比較:+/- PSD EISD KSD BFID AM3D EBPD コダック合計
売上 -4 -10 -1 2 - -1 -14
営業活動EBITDA* 9 -5 1 2 -2 - 5
2019/Q3の為替インパクト**を除いた実質ベース実績と2018/Q3実績の比較:+/- PSD EISD KSD BFID AM3D EBPD コダック合計
売上 -1 -10 - 3 - -1 -9
営業活動EBITDA* 8 -5 1 2 -2 - 4

*全部門合計の営業活動EBITDAは、一般会計原則ベースの財務指標ではありません。一般会計原則ベースとそうでない指標の突き合わせにつきましては、このプレスリリースの添付Aを参照してください。

**為替インパクトは、2019年9月30日までの3ヶ月間の実際の外為レートではなく、2018年9月30日までの3ヶ月間の平均外為レートに基づく2019年の為替インパクトです。

※本プレスリリースは米国イーストマン・コダック社より2019年11月7日付けで配信された英文のプレスリリースの日本語訳です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • コダック ジャパン マーケティングオフィス
  • E-mail:JP-GCG-info@kodak.com
    TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.