PRESS CENTER

2019年10月24日

コダック ジャパン
[リリースNo.19-12GC]

コダック、SONORA導入によるコスト削減額の試算ツール
SONORA Plate Savings Estimatorを開発
瞬時にコスト削減額をシミュレーション可能

米国ニューヨーク州ロチェスター、2019年10月1日(火) - 新しいテクノロジーへの投資は、企業が業務の改善策を検討する際に最も重要となる決定要因の1つです。KODAK SONORAプロセスフリープレートへの移行は、多くの印刷会社様にとってプラスの影響を及ぼし、業務の効率性を飛躍的に高め、ROI(投資利益率)を向上させる投資となります。

コダックは、プロセスフリープレートへの移行を検討している印刷会社様を支援すべくSONORA Plate Savings Estimatorを開発しました。この新しいオンラインツールを利用することで、印刷会社様が有処理プレートからKODAK SONORAプロセスフリープレートへ切り替えた際に削減できるコストをシミュレーションできるようになります。

イーストマン・コダックのプリントシステムズ事業部バイスプレジデントのEvandro Matteucciは、次のように述べています。「KODAK SONORAプロセスフリープレートは、すでに世界中で4,000社以上の印刷会社様に導入されています。このような企業は、コストや時間を削減しながらも環境への負荷も軽減しています。印刷会社様にとって、業務フローの部分的な変更や非効率な設備の入れ替えには、費用がかかることを我々はよく理解しています。KODAK SONORAプロセスフリープレートへの移行は、コストを削減するための迅速で、しかも簡便なコスト削減手法であり、持続可能性を高める一歩となります。この移行の意思決定をする際にSavings Estimatorを活用することで、情報不足による推計に時間を割く必要がなくなります」

従来の刷版現像工程では、CTP機器で画像を露光してから、水、エネルギー、化学薬品を使用した後に印刷工程に渡していました。この現像工程にはバラツキが発生しやすく、印刷現場での作業効率やコストに影響を与えていました。しかし、SONORA Plate Savings Estimatorを使用すると、印刷会社様の業務フローにSONORAプレートを導入した場合のコスト削減額を、お客様ごとにカスタマイズして見積もることが可能です。また、SONORA Plate Savings Estimatorの操作は迅速、簡素化されており、印刷会社様はプレートの使用量、使用中の有処理プレートの種類、プレート価格、事業所の所在地といった情報を入力するだけです。これらの情報を入力するとSavings Estimatorが、瞬時に削減できるコストの合計額を見積もり、複数の現地通貨で表示します。

Savings Estimatorの利用のみならず、印刷会社様ごとの特有の工程、費用、機器をベースにした総合的な見積もりが必要な場合は、こちら(https://www.kodak.com/JP/ja/print/products/offset-printing/sonora-process-free-plates/plate-savings-estimator/default.htm)からリクエストしていただくと、該当する地域の営業担当者より詳細の説明をさせていただきます。SONORAプロセスフリープレートを導入することで、電力・水・化学薬品のコスト削減以外に以下のようなメリットを享受できます。

  • ・刷版自動現機が不要になり、フリースペースの拡大が図れます
  • ・現像工程に係るバラツキがなくなり、印刷の安定性と品質が向上します
  • ・プレートを印刷現場に迅速に提供し、特にプレートの再出力を排除します
  • ・必要な機器が減ることで、メンテナンス費用とダウンタイムを削減できます
  • ・よりクリーンで安全な作業環境を提供します
  • ・環境負荷を削減します

コダックは、プロセスフリーテクノロジーを進化させるべく投資を継続してきた結果として、画期的なシリーズである「SONORA」プロセスフリープレートの市場導入を果たしました。「SONORA」プレートにより、大手印刷会社様および高性能のプレートを要する高度な印刷アプリケーションを生産している印刷会社様など、印刷会社様の最大80%がプロセスフリープレートへと移行することが現実的に可能となっています。「SONORA XP」プレートと比較すると、SONORA X/CX/CX2プレートでは、耐刷性(特にUVアプリケーション)、イメージングスピードの高速化、耐傷性の強化という3つの点が大きく改善されています。世界中でKODAK SONORAプロセスフリープレートの普及が加速しており、2019年末までにはコダックが販売するプレートの3分の1近くがプロセスフリープレートになると予測しています。

※本プレスリリースは米国イーストマン・コダック社より2019年10月1日付けで配信された英文のプレスリリースの日本語訳です。

※KODAK、SONORAはEastman Kodak社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • コダック ジャパン マーケティングオフィス
  • E-mail:JP-GCG-info@kodak.com
    TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.