PRESS CENTER

2019年9月20日

コダック ジャパン
[リリースNo.19-10GC]

コダック、トッパン・フォームズで稼働中のPROSPERプレスの
インクジェットヘッドの生産時間が34,000時間を超え、その実績を評価

この記録破りの成果は、印刷のフィート長に換算にすると、3回以上、月へ到達が可能な生産量に匹敵

米国ニューヨーク州ロチェスター、2019年9月16日(月)発

コダックのPROSPERプレスのお客様であるインフォメーションソリューション企業のトッパン・フォームズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂田 甲一)が、コダックのStreamインクジェットテクノロジーを搭載したジェッティングモジュールのひとつが再生のため返却された際に、運転時間が34,000時間以上に到達したという大記録を達成しました。これは、ほぼ4年間ノンストップで印刷し、月へと3回到達するのに十分なA4ページを印刷することに匹敵します。このコダックのインクジェットヘッドは、2014年にトッパン・フォームズ様に設置されたKODAK PROSPERプレスのうちのひとつのものです。

コダックのエンタープライズインクジェットシステム事業部ワールドワイドプロダクトマーケティング&カテゴリーマネージメントディレクターのウィル・マンスフィールドは次のように述べています。
「トッパン・フォームズ様のこの偉業は、デジタルで作成された印刷コミュニケーションツールの印刷プロバイダーとしての卓越した運用を物語っています。また、最も要求の厳しい印刷環境におけるPROSPERプレスの高い信頼性の証でもあります。トッパン・フォームズ様は、過去5年間でジェッティングモジュールの寿命を3倍にし、その性能は世界中で稼働している他の全てのPROSPERプレスの性能を上回っています。最初のPROSPERプレスを設置して以来、トッパン・フォームズ様は印刷サービスを拡大しおり、カラーのダイレクトメール、トランザクションおよび個人用の教育アプリケーションなどに活用いただいています」

Streamインクジェットテクノロジーには、ドロップオンデマンド方式などの他のデジタルテクノロジーにはない独自性があります。1つ目は、インク液摘が常に生成されノズルを通過しており、印刷に必要なインク液滴のみが紙に落ち、残りの液滴は異なる方向に流れて回収され再循環されます。このプロセスにより高速印刷を実現することで、オフセット、フレキソ、およびグラビアなどの他の大量印刷方式と組み合わせたハイブリッド印刷や、完全デジタルへの移行も可能とします。2つ目は、Streamインクジェットテクノロジーでは環境に優しい水性顔料インクを使用しており、コスト面でも優位性があり、更にはより広範な色域再現が可能です。3つ目は、プリントヘッドはコダックに返却され、その部品の大半が再生プロセスで再利用されます。これにより、廃棄物が減少するだけでなく、地球にとって優しい持続可能な費用対効果の高いソリューションを実現できます。

トッパン・フォームズ株式会社の製造統括本部製造企画本部長の堀江 昭一様は、次のように述べています。 「コダック社とトッパン・フォームズの協力体制があってこそ、記録達成ができたと思います。両社の継続的な努力と高い技術力を結果で示せたことは大変喜ばしいことで今後の更なる向上につながるものと期待しています」

コダックは年間6,000台を超えるプリントヘッドを引き取り、再生しており、その再生台数は2009年以降33,000台にのぼります。プリントヘッドは返却されると、8段階のプロセスを経て2週間足らずで再生されます。まず、コダックではお客様のトラブルシューティングおよび継続的な技術の向上を支援するために、「読み込み」プロセスを行い、すべてのヘッドのメンテナンスデータを収集してデータベースに保管します。次に、プリントヘッドの分析、分解、洗浄、再組み立て、テスト、プログラミング、梱包を行い、お客様に返送します。プロセスの全ステップがオハイオ州デイトンにある温度・湿度が管理されたクリーンルームにおいて技術的管理下で記録され、完了します。

トッパン・フォームズ株式会社について

社名 トッパン・フォームズ株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1-7-3
設立 1955年5月
代表者 代表取締役社長 坂田 甲一
事業内容 トッパン・フォームズ株式会社は、「情報」を核とする「インフォメーション領域」で強みを発揮し、業務効率化に貢献することで企業活動をサポートしています。インフォメーション領域で培った強みを活かすことで、製品・サービスをアナログ、デジタルの双方向から提供可能な「デジタルハイブリッド企業」として新たな価値の創出に取り組んでいます。
URL https://www.toppan-f.co.jp/

トッパン・フォームズ・セントラルプロダクツ株式会社の代表取締役社長 金子 俊明様に
コダックのウィル・マンスフィールドより記念の盾を贈呈

トッパン・フォームズ株式会社並びに
トッパン・フォームズ・セントラルプロダクツ株式会社
滝山工場の皆さんとコダックのチーム

コダックのStreamインクジェットテクノロジーを搭載したジェッティングモジュール

※本プレスリリースは米国イーストマン・コダック社より2019年9月16日付けで配信された英文のプレスリリースの日本語訳です。

Kodak, Prosperは、 イーストマン・コダック社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • コダック ジャパン マーケティングオフィス
  • E-mail:JP-GCG-info@kodak.com
    TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.