PRESS CENTER

2018年7月9日

コダック ジャパン
[リリースNo.18-10GC]

コダック、「IGAS2018」に出展。完全無処理CTPプレートSONORA CXの
最新バージョンをTRENDSETTER MCUで出力実演。
さらなる合理化、自動化を推進する「KODAK Smart CTPソリューション」を提案。

コダック ジャパン(本社:東京都品川区、代表執行役員社長:藤原 浩)は、来る7月26日(木)から7月31日(火)までの6日間、東京ビッグサイトにて開催される「IGAS2018」(主催:一般社団法人日本印刷産業機械工業会/プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会)に「TAKING PRINT FURTHER―印刷の可能性をさらなる高みへ―」のスローガンのもとで出展します。

コダック ブース(東4ホール、小間番号4-4)では、日本国内での導入実績が400社を超え、市場で加速度的に普及が進んでいるUV対応完全無処理CTPプレート「KODAK SONORA CX」の次期バージョンを参考出品する他、新聞印刷用完全無処理CTPプレートKODAK SONORA NXのニューバージョンも初公開します。プレートセッターは、省スペースながらも高生産性と高度な自動化機能を備えた最新鋭機 「KODAK TRENDSETTER MCU(マルチカセットユニット)」を展示します。ブースでは、スマートフォンやタブレット端末からCTPの出力と管理を可能にするKODAK Mobile CTP Control Appを初公開し、CTP出力の実演をご覧いただき「KODAK Smart CTP ソリューション」を提案します。

また、全世界で60,000ライセンス以上の豊富な導入実績を誇るワークフローシステムKODAK PRINERGY Platformの最新バージョンと併せて、オートギャンギング機能を搭載したKODAK PRINERGY Cloudソリューションを提案します。また、KODAK STREAMインクジェットテクノロジーを搭載しフレキシブルパッケージへのフルカラーバリアブル印刷を可能にした最新鋭デジタルプレスUteco SAPPHIRE EVOの多彩な印刷サンプルのご紹介に加え、次世代のインクジェットテクノロジーULTRASTREAMの評価キットの展示や、ビッグデータ・マーケティングコンサルティング支援サービスについてもご提案します。

さらに東6ホールの株式会社マイクロ・テクニカ様のブースにおいては、インクジェットプリンティングソリューションKODAK PROSPER S5の実機展示を行う他、東6ホールのフレキソゾーンにおいては、品質と一貫性がさらに向上したKODAK FLEXCEL NXフレキソ製版システムの国内外の多彩な印刷サンプルを展示しご紹介します。

IGAS2018でご紹介する主なコダックのソリューション

  • ■「KODAK Smart CTP ソリューション」
  • ●UV印刷対応完全無処理CTPプレートKODAK SONORA CX次期バージョン(参考出品)
  • ●新聞印刷用完全無処理CTPプレートKODAK SONORA NX(合紙レス対応ニューバージョン)

SONORAは、海外での3,500社を超える豊富な導入実績をベースに、省電力UVへの対応など日本のユーザーニーズに適応すべく、コダック ジャパンの群馬事業所の研究開発部門で日本市場向けに最適化した製品としてリリースされて以来、日本国内での導入実績は400社を超え加速度的に普及しています。優れた視認性、耐刷性、印刷適性、機上現像性能に高い評価をいただきLED-UV/H-UVといった省電力UV印刷機をはじめ、オフセット枚葉機、オフセット輪転機、また減感インキを使用するビジネスフォーム印刷機、平台校正機など広範囲にわたり様々なユーザー様にご採用いただいています。昨年9月には視認性を従来比1.5倍向上し、さらには本年2月に発表した最新バージョン「SONORA CX」は、耐刷性が従来の1.5倍から2倍、耐傷性も従来の現像有りプレートと同等のレベルにまで飛躍的に改善され大幅な性能向上を実現しました。
IGAS2018のコダック ブースでは、継続的に改良を進めているSONORA CXの次期バージョンを参考出品し、昨年9月に発表された最新鋭サーマルCTPプレートセッターKODAK TRENDESETTER MCUでのテクノロジーデモを行う予定です。実演では、版情報などをインクジェットシステムを活用してプレート版面上に印字できるSONORA Jetもご紹介します。
また、リョービMHIグラッフィックテクノロジー株式会社様のブース(東6ホール)において、A全判8色片面・両面兼用LED-UV印刷機の印刷実演でSONORA CXが使用される予定です。
さらに、ブースでは、SONORA CXと同時発表された新聞印刷用のSONORA NXも展示し、ご導入いただいている新聞社様の事例などもご紹介します。SONORA NXは、日本の新聞市場の印刷環境を踏まえて、コダック ジャパンの群馬事業所で開発された完全無処理CTPプレートで、従来の現像有りCTPプレートと全く違和感の無い高い印刷適性を備えています。シンプルな単層構造や定評ある機上現像性能を実現しているPress Ready Technologyなど、基盤技術はSONORA CXと同じですが、反応効率が高い強靭な新開発の感光層を採用したことで、耐刷性に関しては、15万imp.を達成しています。また、新聞印刷特有のニーズでもある長辺側の版端にエッジ汚れが出にくい特殊加工を施しており、さらに版端までの描画も可能となっています。IGAS2018では、新聞社様のニーズにお応えした合紙レス対応のSONORA NXニューバージョンをご紹介します。

UV印刷対応完全無処理CTPプレートKODAK SONORA CX

  • ●自動化と省力化を高次元で実現したKODAK TRENDSETTER MCUプレートセッター
  • ●KODAK Mobile CTP Control App(新製品)

コダックは、1995年にdrupaでサーマルCTPテクノロジーを発表して以来、革新的な製品開発によりCTPの市場を牽引してきました。drupa2016では全世界での21,000台目を出荷するなど、サーマルCTP分野におけるリーディングカンパニーとしての地位を確立しており、業界トップとも称されるイメージングテクノロジー、強力なサポートインフラによって、お客様から絶大な信頼を得てきました。
昨年9月に発表されたTRENDSETTER/ACHIEVEシリーズ用オプションのMCU(マルチカセットユニット)は、刷版製造工程でのさらなる自動化と省力化を実現すると共に、機器の設置スペースに制約が多い日本市場でのニーズに応える省スペース化も実現しています。TRENDSETTER/ACHIEVEシリーズには其々、A全印刷機、B2輪転印刷機対応の400シリーズと菊全寸延び印刷機対応の800シリーズをラインアップしており、お客様がご使用の印刷機の判サイズに合わせた最適なモデルが選択できます。両モデルともにプレートセッターの本体にMCUをビルトインする新設計を採用。これにより、CTPの設置スペースを他機種に比べ最大65%削減しています。TRENDSETTER/ACHIEVEシリーズ用MCUには、最大で480版(0.3mm厚プレートの場合)のプレートがセットでき、夜間等の大量の連続処理に対応します。定評あるコダックのサーマルイメージングテクノロジーをさらに進化させ、他機種のMCUに比べ電気使用量を最大で80%※削減し、エネルギー効率を飛躍的に高めています。飛躍的な省スペース化を実現したTRNDSETTER MCUと自動現像機を必要としないSONORA CXの組み合わせは、印刷機の近くや制作現場等何処でも誰でも使える「ロケーションフリーCTP」を実現します。
また、TRENDSETTERシリーズはKODAK DITR Filmオプションの搭載が可能なため、サーマルドライフィルムの出力にも対応しています。ブースでは、サーマルドライフィルムの出力デモもご覧いただけます。

インラインパンチ搭載のKODAK TRNDSETTER MCU

またIGAS2018では、新製品のKODAK Mobile CTP Control Appを初公開します。Mobile CTP Control Appは、スマートフォンやタブレット端末からCTPの出力と管理が可能になるもので、工場外からのCTPの管理が容易になります。コダック ブースでは、Mobile CTP Control Appを使用して実際にTRENDSETTER MCUでSONORA CXの出力実演を行い「KODAK Smart CTP ソリューション」を提案します。

KODAK Mobile CTP Control App

  • ■KODAK Workflowソリューション
  • ●KODAK PRINERGY Workflow バージョン8
  • ●KODAK PRINERGY Cloudソリューション
  • ●KODAK INSITE Prepress Portal バージョン9

IGAS2018では、全世界で60,000ライセンス以上の導入実績を誇るワークフローシステムKODAK PRINERGY Platformの最新バージョンKODAK PRINERGY Workflow バージョン8を他社デジタル印刷機との連携も交えてご紹介します。企業資産であるジョブデータをセキュリティ対策万全なクラウドへアーカイブするだけでなく、リアルタイムな稼働データ収集によりシステムパフォーマンスなど経営・生産判断分析に有効なデータ分析を可能にするアナリティクス機能搭載のKODAK PRINERGY Cloudソリューションと、新たに追加されたAI(人工知能)など高度な技術を駆使して印刷プランを考慮してジョブの付け合せを実現する新機能Dynamic Print Planning (Cloudオート ギャンギング)をご紹介します。
また、ユーザーインターフェイスを刷新したWebポータルソリューションKODAK INSITE Prepress Portal バージョン9のさらに充実した機能についてもご覧いただきます。

KODAK PRINERGY Cloud アナリティクス/KODAK INSITE稼働ジョブ分析表示

  • ■パッケージ向けインクジェットプリンティングソリューション
  • ●Uteco SAPPHIRE EVO(印刷サンプル展示)
  • ●KODAK PROSPER 6000Sプレス(印刷サンプル展示)
  • ●ULTRASTREAM Evaluation Kit(実機、印刷サンプル展示)

SAPPHIRE EVOは、イタリア最大のフレキソ印刷機メーカーであるUtecoグループとコダックが共同開発し、本年4月に発表された最新鋭のインクジェットデジタルプレスです。KODAK STREAMインクジェットテクノロジーを搭載したSAPPHIRE EVO では水性顔料インクながら軟包装パッケージへ毎分150メートルという高速印刷が可能となります。IGAS2018では、SAPPHIRE EVOで印刷した水性顔料インクによるフレシキブルフィルムの印刷サンプルを初公開します。
その他にも、紙器パッケージ印刷向けには、405gsmまでの厚紙を毎分200メートルという圧倒的なスピードで大ロットバリアブル印刷を可能としたPROSPER 6000Sプレスの印刷サンプルをご紹介します。 また、drupa2016で発表された次世代インクジェット技術ULTRASTREAMのラインヘッド開発のためにOEMパートナー様向けに発売されたULTRASTREAM Evaluation Kitの展示や、オフセット品質に匹敵する高品位印刷サンプルをご紹介するなど、50年の歴史を誇るコダックの最新鋭のインクジェットテクノロジーのさらなる進化をご覧いただきます。

Uteco SAPPHIRE EVOインクジェットデジタルプレス

ULTRASTREAMジェッティングモジュール

  • ■商業印刷向けインクジェットプリンティングソリューション
  • ●KODAK PROSPER Sシリーズ(東6ホール 株式会社マイクロ・テクニカ様のブースにて展示)

商業印刷向けハイブリッド印刷の分野ではKODAK PROSPER Sシリーズにより、ダイレクトメール、チラシ、新聞、更には軟包装、紙器、ダンボール等へ1枚1枚異なるバリアブル2次元コードやバリアブルナンバーを印刷することで、セールスプロモーション用途で既に実証済みの様々なビジネスモデルの展開が可能です。東6ホールの株式会社マイクロ・テクニカ様のブースにおいては、株式会社東伸様の超コンパクトリワインダーにPROSPER S10ヘッドを搭載し、プレシキブルパッケージに印刷されたバリアブル2次元コードを超高速で検査するデモを行います。

インクジェットプリンティングシステムKODAK PROSPER S10

  • ■ビッグデータ・マーケティングコンサルティングソリューション

ここ数年、印刷業界においてもマーケティングの必要性が再認識されていますが、十分に活用しきれていないという現状があります。そうした課題解決に向けてコダックでは、印刷会社様ならびにその顧客向けにビッグデータ分析やマーケティングコンサルティングを提供し、多くのお客様にご採用いただいています。ブースでは、コダックがご提供する具体的なサービス内容についてご紹介します。

  • ■ハイエンド フレキソソリューション(東6ホール フレキソゾーンにて出展)
  • ●KODAK FLEXCEL NX(印刷サンプル展示)

KODAK FLEXCEL NXが発表されたのは2008年のことです。独自のフィルム技術による「デジタルフラットトップドット」と「マイクロプレートサーフェスパターニング」を世界に先駆けて開発したフレキソ製版システムKODAK FLEXCEL NXのテクノロジーは、その後10年間にわたりフレキソ印刷の品質と一貫性、そして効率性を飛躍的に向上させてきました。IGAS2018では、東6ホールのフレキソゾーンにおいて、独自の高解像度サーマルイメージング・プロセスにより真の差別化を実証するFLEXCEL NXの最新の製品パッケージや印刷サンプルを数多くご紹介します。

KODAK FLEXCEL NXフレキソ製版システム

IGAS2018 コダック ブースのイメージ

※出展内容は予告無く変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • コダック ジャパン マーケティング オフィス
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.