PRESS CENTER

2017年12月19日

コダック ジャパン
[リリースNo.17-23GE]

2018年度版コダック カレンダー「REVELATION」が、
全国カレンダー展【第一部門】フジサンケイ ビジネスアイ賞(銀賞)を受賞

コダック ジャパン(代表執行役員社長 藤原 浩)の2018年度版コダック カレンダー「REVELATION」が、第69回全国カレンダー展【主催:(一社)日本印刷産業連合会・フジサンケイ ビジネスアイ】の第一部門フジサンケイ ビジネスアイ賞(銀賞)を受賞しました。

全国カレンダー展は1950年(昭和25年)に始まり、「企業の文化的メッセージを伝えるコミュニケーション手段」「人々の生活空間に潤いを与える印刷媒体」といわれるカレンダーの印刷技術や企画・デザイン力あるいは機能性や実用性に優れた作品を公開することにより、文化向上に寄与したことを称える展示会です。

今回、第一部門フジサンケイ ビジネスアイ賞(銀賞)を受賞したコダックのカレンダーは、写真家、館野二朗氏の最大の特徴である色彩の美しさ、ありのままの自然の姿をドラマティックに伝える作品群から、カレンダータイトル『REVELATION』=「啓示」というタイトルを題しました。

本部門の銀賞は、デザイン・印刷技術の両面が優れていることが選考基準となっていますが、本カレンダーでは、風合い豊かなグレー調の用紙「サガンGA」を用いて、はじめにオフセット印刷で白インキを2度刷りし、紙地との明度差を表現することで写真の持つハイライトを強調しました。そこにプロセス4色を重ねることで、風景写真のハイライトまで印刷で表現し、用紙の特性を活かしました。また罫線にも白を配することで、装飾性と機能面を両立させ、ハイクオリティな設えを目指しました。

本カレンダーの製版技術には、「KODAK MAGNUASプレートセッター」と現在、印刷市場で急速に普及が進んでいる、現像処理を必要としない完全無処理CTPプレート「KODAK SONORA XJプロセスフリープレート」が使用されており、コダックの最先端の製版テクノロジーがこのカレンダーの高い品質再現に大きく貢献しています。

また、全国カレンダー展の主催者では、入賞カレンダーをチャリティーにて販売し、その売上を産経新聞社様設立の「明美ちゃん基金」に全額寄付するプロジェクトを進めています。(注:入賞した作品の企業の任意選択によります)そこで、コダック ジャパンでは、コダック社が全世界で推進している社会貢献活動「PRINT FOR GOOD」プログラムの一貫としてこの「明美ちゃん基金」の取り組みに賛同し、カレンダーの売上を全額寄付することにいたしました。
産経新聞社様設立の「明美ちゃん基金」の詳細はこちらです。
https://www.sankei.jp/csr/akemi

2018年度版コダック カレンダー「REVELATION」

<この件に関するお問い合わせ先>
  • コダック ジャパン マーケティング オフィス
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.