PRESS CENTER

2017年03月30日

コダック ジャパン
[リリースNo.17-09GC]

コダック、250社を超す国内導入実績と、従来比1.5倍の高い視認性、
優れた機上現像性で好評のUV印刷対応完全無処理プレートKODAK SONORA XJを「JP2017・ ICTと印刷展」で披露。

コダック ジャパン(本社:東京都品川区、代表執行役員社長:藤原 浩)は、来る4月19日(水)と20日(木) の2日間にわたり、マイドームおおさかにて開催される「JP2017・ICTと印刷展(主催:JP産業展協会)」において、250社を超える日本国内での導入実績を誇り、従来比1.5倍にまで高めた優れた視認性と卓越した機上現像性で高い評価を得ている、UV印刷対応完全無処理プレートKODAK SONORA XJをエコノミーCTPの KODAK ACHIEVEと共に出展し、省力化・省人化、環境対応ソリューションを提案する他、オフセットとデジタルのハイブリッドワークフローへの対応やプルーフィング機能及び自動化をさらに強化したKODAK PRINERGY ワークフロー8を関西地区で初公開します。また、品質と一貫性が一段と向上したKODAK FLEXCEL NXフレキソソリューションのサンプル展示も行います。

優れた視認性、耐刷性、印刷適性、機上現像性能を誇るKODAK SONORA XJと
KODAK ACHIEVEプレートセッターによる省力化&環境対応ソリューションを提案

UV印刷対応の完全無処理版SONORA XJプロセスフリープレートは、2015年6月の販売開始以来、既に250社を超えるユーザーにご導入いただき、優れた視認性、耐刷性、印刷適性、機上現像性能に高い評価をいただいています。視認性は従来比1.5倍向上し、耐刷性に関しても省電力UV印刷で5万枚、油性枚葉機で10万枚、オフ輪では30万枚を超える耐刷実績を有しています。また、SONORA XJは、コダック独自の単層構造のプレートであるため、酸素遮断層や感光層が湿し水に溶け出して、湿し水を汚染することもありません。従来の現像有りプレートと同様に何の違和感も無く普通に印刷できるプレートとして印刷機のオぺーターの方からも好評を博しています。また、現像機が無くなったことにより、プリプレス部門の人件費1.5人分の大幅な削減が実現できた、薬品の購入コスト、廃液の回収コスト等で年間200万円近くのコスト削減に繋がるというお客様の満足の声も頂戴しています。コダック ブースでは、SONORA XJをご導入いただいているお客様の声を紹介したビデオや、お客様よりご提供いただいた様々な印刷サンプルを展示しSONORA XJの幅広い活用例を紹介します。
KODAK ACHIEVEプレートセッターは、コダックの多彩なプレートセッターラインアップの中で最もエコノミータイプで、最新モデルでは従来モデルと比較して消費電力を43%削減し、イメージング時のピーク電力はわずか400Wを実現した省電力タイプとなっています。インラインパンチも新たに選択可能となったことで、さらに自動化機能が拡張されました。現像処理工程が不要の完全無処理プレートSONORA XJと自動化機能を高めたACHIEVEプレートセッターの組み合わせが、省力化、省人化、省エネルギー、環境対応の推進を実現します。
コダックでは、「JP2017・ICTと印刷展」会期中の4月19日(水)14時より14時50分まで、マイドームおおさかの8階第2会議室において、「時代はSONORAへ、UV印刷対応完全無処理版プレートSONORA XJの最新情報と今後の展望について」と題したセミナーを開催します。(参加費無料、コダックへの事前申し込みが必要、定員60名に達し次第締め切り)

最新のワークフローソリューションKODAK PRINERGYワークフロー 8を関西地区で初公開

コダックワークフローソリューションの最新バージョンPRINERGY ワークフロー8を関西地区で初公開します。PRINERGYワークフロー8では、リコー、コニカミノルタ各社のデジタル印刷システムとの連携を強化しオフセットとデジタルのハイブリッドワークフローへの対応や、ご好評頂いているプルーフィング機能及び自動化のさらなる強化によって、品質向上とデジタル機器の効率運用の両立に加えて、一層のコスト削減と生産性向上に貢献します。コダック ブースでは、PRINERGYワークフロー8の新機能をデモンストレーションで紹介します。

印刷の品質と一貫性がさらに向上したKODAK FLEXCEL NXフレキソソリューションをサンプル展示

この数年で品質が劇的に向上したフレキソ印刷。その理由はデジタルシステム化されたフレキソ版作成システムにあります。その先駆けとしてdrupa2008で発表された FLEXCEL NXはその後も新技術の開発を進め、既に全世界での導入台数は500台を超えており、後続の他社システムに対して常にアドバンテージを保ち続けています。コダック ブースでは新たなスクリーニング技術により、印刷の品質と一貫性がさらに向上した国内外の実際の印刷サンプルや活用例を展示し、フレキソ印刷の新たな可能性を提案します。

KODAK ACHIEVEプレートセッター

KODAK PRINERGY ワークフロー 8

<この件に関するお問い合わせ先>
  • コダック ジャパン マーケティングコミュニケーション部
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.