PRESS CENTER

2016年9月6日

コダック合同会社
[リリースNo.16-27GC]

省電力UV印刷対応の唯一の完全無処理版
Kodak Sonora XJプロセスフリープレート 視認性改良品を市場投入

コダック合同会社(本社:東京都品川区、代表:藤原 浩、以下コダック)は、昨年6月の販売開始以来、既に日本国内において180社を超えるお客様にご採用いただき好評を博している完全無処理版Kodak Sonora XJプロセスフリープレートに関して、視認性を大幅に高めた改良品の販売を開始いたします。

Kodak Sonora XJは、海外での3000社以上の豊富な導入実績をベースに、群馬事業所の研究開発部門で日本市場向けに最適化した完全無処理サーマルCTPプレートで、LED-UV/H-UVといった省電力UV印刷機をはじめ、オフセット枚葉機、オフセット輪転機、またUV減感インキを使用するビジネスフォーム印刷機、平台校正機、さらには新聞印刷やパッケージ印刷など広範囲にわたる印刷用途に使用されています。コダックでは、上市後も市場のニーズに対応すべく、更なる製品性能の向上に取り組んでまいりましたが、この度、お客様からのご要望が最も多かった露光イメージの視認性を従来比1.5倍以上高めた改良品を出荷できる運びとなりました。

Kodak Sonora XJプロセスフリープレート 視認性改良品の特長

  • ■視認性の向上
    • ・露光後の画像コントラストが従来比1.5倍以上になり、視認性が大幅に向上し、レジスターマークの検出性も改善しています。
    • ・露光後から印刷までの時間経過においても十分な視認性を確保しています。

従来品 露光直後

改良品 露光直後

  • ■設定変更不要
    • ・ご使用に際しては、プレートセッター及び印刷機の設定、また、その他ご使用環境を変更する必要はありません。
    • ・従来品と改良品を同時に使用していただいても全く問題はありません。
  • ■印刷適性
    • ・印刷インキや湿し水に対する適性は、油性・UV共に従来品と同等です。

Kodak Sonora XJプロセスフリープレートの主な特長

  • 1.高い耐薬品性により、省電力UV(LED-UV/H-UV)印刷に対応
    従来の無処理版では不可能だった、省電力UV(LED-UV/H-UV)印刷で使用される高感度UVインキやエッチ液、洗浄液に対する高い耐薬品性を備えています。このため、通常のサーマルプレートと同様に、省電力UV印刷機を活用したショートラン印刷に最適です。
  • 2.省電力UV印刷でも10万枚。高い耐刷性を実現
    油性インキであればオフセット輪転機で20万枚、枚葉印刷機で10万枚の耐刷性があり、省電力UV印刷機でも最大10万枚の耐刷性を実現します。※1
  • 3.プレートセッターの性能をフルに引き出す高い生産性
    感度を向上させたことで、プレートセッターが持つ生産能力をフルに引き出すことができます。菊全判プレートセッターKodak Magnus Q800 Zスピードの場合、毎時55版の露光が可能で、高い生産性を確保できます。
  • 4.卓越した刷り出しの早さ
    1枚目よりインクがのり始め、10枚目では既に十分な濃度に達する優れた刷り出しの早さを実現しています。これにより損紙の削減にも大きく貢献します。また、Sonora XJは、着肉性にも優れ、水を絞ることができます。網点の再現性も高いためシャープな印刷の仕上がりを可能にします。
  • 5.環境に優しいクリーンな作業環境とコスト削減を両立
    定評あるコダックのPress Ready Technology(プレス レディ テクノロジー)を採用し、プレートセッターでの露光後、現像や水洗、ガム引き、乾燥などの一切の処理工程を必要とせずにそのまま印刷機にセットできます。このため自動現像機やそれに付随する一切の刷版処理機が不要なため、初期投資コストからメンテナンスコスト、液管理の作業まで、現像処理工程に関わる一切の負担を排除でき、刷版製造工程におけるコスト削減、作業負担の軽減に大きく貢献するとともに、自動現像機に関わる設置スペースが不要なため刷版製造現場の省スペースを可能にします。また、処理薬品を一切使用しないため、廃液を全く排出することなく、環境にやさしいクリーンな作業環境を実現します。
  • ※1 耐刷性は印刷条件によって変動します。

コダックの代表執行役員社長 藤原 浩は、次のように述べています。
「Kodak Sonora XJプロセスフリー プレートは、コスト削減と環境負荷の軽減という2つの重要な課題を一挙に解決するプレートです。昨年6月の販売開始以来、1年余りの短い期間で180社以上のお客様にご導入いただいたことは、市場で唯一の省電力UV対応の完全無処理版としての性能に高い評価をいただいたことの証であると自負しております。今回、お客様からのご要望が最も多かった視認性の課題において、従来品の1.5倍以上にまで大幅に向上させることができ、さらに市場での導入が加速するものと確信しています。お客様からは、現像タイプのプレートと全く同様で違和感無く印刷できるので驚いた、刷り出しも早く品質も向上した、メンテナンスが一切不要になりオペレーターの作業負荷が飛躍的に軽減された、薬品の購入費用や廃液処理費用が無くなりコスト削減に繋がった、などご満足のお声を沢山頂戴しております。コダックでは、今後も引き続き製品の改良に取り組みさらに性能向上を図ることで、市場における無処理版の更なる普及拡大に努めていく所存です。」

尚、コダックでは、このKodak Sonora XJ 視認性改良品の販売開始にあたり、来る9月15日(木)と9月16日(金)の2日間にわたり、リョービMHIグラフィックテクノロジー株式会社様の協力により、「Sonora XJニューバージョン体感フェア」を開催します。本イベントでは、視認性改良品のプレート出力から印刷実演までをご覧いただき、視認性の向上と印刷適性を実際にご覧いただく他、既にSonora XJをご採用いただいている株式会社エンジュ様(新潟県新発田市)、ならびに清水印刷紙工株式会社様(東京都)をお招きし、Sonora XJの導入メリットをお話いただくセミナーなども開催する予定です。本イベントの詳細、お申し込み方法などについてはコダックの営業部までお問い合わせください。

  • ※Kodak、Magnus、Sonora、StaccatoはEastman Kodak社の商標です。
<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 営業本部
  • TEL:03-6837-7285

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.