PRESS CENTER

2016年6月1日

コダック合同会社
[リリースNo.16-18GC]

コダック、drupa 2016でインクジェットプリンティングの新たなステージを展開

ドイツ、デュッセルドルフ、2016年5月30日(月)発:

drupa 2016のコダック展示ブース(第5ホール、ブース番号F09)にて、コダックの最先端インクジェットテクノロジーを幅広くご紹介します。次世代のインクジェットテクノロジープラットフォーム「Kodak ULTRASTREAM(ウルトラストリーム)インクジェットテクノロジー」はdrupa 2016で世界初公開となります。

ULTRASTREAMの主なターゲットは、アプリケーションベースの生産システムに超高画質を取り入れようとしている印刷会社様などです。各種の用紙やフィルムに最高150 m/分の速度で600×1800 dpiの高精細印刷が行え、パッケージやナローウェブラベルといった条件の厳しい用途にも対応します。プリントヘッドはモジュラー型なので、用途に合わせて約20 cmから246 cmまでの幅で実装可能です。また、コダックのデジタルフロントエンド(DFE)と連動させることで、ワークフローにプロダクションインクジェットを導入する商業印刷会社のニーズにも応える、強力かつ柔軟なソリューションとなります。

drupa 2016では、ULTRASTREAM(8インチヘッド)をラベルや小サイズ印刷向けのナローウェブ印刷機に搭載し、さらにきめ細かいインクドロップ、卓越した着弾精度、柔軟な用紙対応によって実現される高精細出力を披露します。

コダックの展示ブースでは、毎分300 mの印刷速度を誇るProsper 6000Cプレスのライブデモンストレーションも行います。Prosper 6000Cを数種のインラインフィニッシングソリューションと連携させ、「軽量コート紙への雑誌・カタログ印刷」および「各種の商業印刷アプリケーション」という二部構成でデモを実施します。

manloand社ブースでは、Kodak Prosper 6000Sとmanroland社製オフ輪転印刷機を融合したハイブリッド印刷のデモンストレーションをご覧いただけます(第14ホール)。Kodak Prosper 6000Sは商業印刷ならびに新聞オフ輪機との一体運用によって600×600 dpiの全面CMYK印刷が可能で、オフセットラインのスピードへの適応も可能です。大型小売店などでは、この構成でカスタム仕様のコンテンツを含む印刷物を量産することで、プレート交換やオフライン処理でカスタム部分を印刷するという費用も時間もかかるプロセスから解放されることになります。

フレキソ・グラビア・オフセット印刷会社様にとって、ナローウェブで軟包装フィルムへの印刷を実現するExtended Gamut + Varnish(XGV)テクノロジーのデモンストレーションはまさに必見です。会場では、Kodak Prosper Sシリーズプリンティングシステムで軟包装フィルムに7色印刷を行います。これらのシステムはCMYK印刷だけでなく、CMYKにオレンジ、緑、紫を加えた拡張色域の印刷が可能です。このほか、水性デジタルバーニッシュの印刷も実施します。このデモンストレーションでは、環境に優しい水性インク(Indirect Food Contactに適合)と軟包装フィルム印刷に不可欠なボンディング剤が使用されますが、これは業界でも極めてユニークなものです。

コダック展示ブース内の「This is Inkjet! Loft」では、Kodak Streamインクジェットテクノロジーを生産工程に組み込むことからどのようなアプリケーションが生まれるかがご覧いただけます。このロフトは、世界最速のインクジェットプリンティングを室内装飾や看板などのワイドフォーマット印刷に応用することで実現したものです。Kodak Streamでデジタル印刷したラミネート床材、食器棚、調理台、家具、壁紙、ナプキンなどが展示されています。

Kodk Streamインクジェットテクノロジー関連の展示は、コダックのOEMパートナーであるMatti Technology社でも行われます(第6ホール)。同社はKodak Prosperモノクロインクジェット ラインヘッドによって運用費を引き下げるとともに、トナープリンターに代わる高生産性のインクジェットソリューションを提供しています。この印刷機は「MonoStream」というブランドのもと、書籍、マニュアル、請求明細書、公共・民間の通知類を生産するPSP(枚葉機・輪転機)をターゲットにしています。

コダックのエンタープライズインクジェットシステム事業部のプレジデント、フィリップ・カリモアは次のように述べています。
「Kodak Streamインクジェットテクノロジーは、Prosper 6000、ULTRASTREAM、XGVをどれか1つでもご利用のプリント・パッケージ・ラベルサービスプロバイダーの皆様に大きなチャンスをもたらします。ご来場者の皆様には、コダックがこの次世代技術の開発に投資した成果を、是非ご自身の目でご覧いただきたいと思います。また、コダック製品を検討中の会社様やOEMパートナー様とお話できる機会も楽しみにしております」

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 営業本部
  • TEL:03-6837-7285

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.