PRESS CENTER

2016年6月1日

コダック合同会社
[リリースNo.16-17GC]

コダック、drupaでフレキソ印刷の将来像を提示
~Flexcel NXシステム’16の展示とUltra NX Experience体験コーナーも~

ドイツ、デュッセルドルフ、2016年5月30日(月)発:

drupa 2016のコダック展示ブース(第5ホール、ブース番号F09)にて、新開発のFlexcel NXシステム’16を展示いたします。Flexcel NXシステム’16は、数々の受賞に輝くコダックのNX Advantage技術をベースにしており、業界で最もシンプルな構造のフレキソプレートで印刷品質と生産効率の新基準を確立することが期待されます。

Flexcel NXシステム’16は、Advanced DIGICAP NX Patterningを採用しています。また、コダックが特許を取得しているAdvanced Edge Definition技術によって、様々な印刷アプリケーションでインキ転移効率を大幅に改善するとともに、文字や罫線などのオブジェクトのエッジでインキフローを制御することで、よりクリアな印刷、より高いコントラスト、より鮮明なエッジを実現しています。このほか、単一のプレートレイアウトで複数のパターンを形成できるNXタグも用意されています。

こうした新機能とKodakのイメージングおよび素材技術が一体となって、Flexcel NXシステム’16ではワイドウェブのフレキシブルからナローウェブのラベル、厚紙印刷まで、フレキソ印刷の様々なニーズに1種類のプレートで対応することが可能になっています。プリプレス企業では、従来のデジタル方式からの移行によって「在庫の低減」「エラーの防止」「作業工程の複雑さの緩和」といった効果が期待できます。また、段ボール印刷会社にとっては、業界で実証されたKodak Flexcel NX技術のメリットを取り入れるチャンスが生まれます。

Ultra NX (ウルトラエヌエックス)Experienceコーナーでは、コダックの持続可能性や変革への取り組みを紹介するとともに、「品質」「生産性」「環境対応」が三位一体となったフレキソ印刷の未来像も提示します。将来のフレキソ印刷を担うUltra NXでは、数々の受賞に輝くFlexcel NX技術のあらゆるメリットと環境に優しいプレート処理ソリューションが見事に統合されています。

コダックのフレキソパッケージングソリューション担当ゼネラルマネジャー兼バイスプレジデントのクリス ペインは、次のように述べています。
「drupaに展示されたコダックのフレキソ製品をご覧いただけば、コダックの技術開発への投資がフレキソ業界の将来の成長にどれほど貢献するか、ご理解いただけると思います。今後は、フレキソ印刷が進化してパッケージ印刷会社が生産コストを上げずに、オフセットやグラビアの品質基準に100%適合することも夢ではありません。そのような業界シフトの中でも、コダックはFlexcel NXシステム’16とUltra NXでお客様を確実にご支援していきます。コダックの開発基盤は常に1つのテクノロジープラットフォームに集約されるため、お客様はアップグレードを無理なく行い、投資収益率を最大限に高められるものと考えています」

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 営業本部
  • TEL:03-6837-7285

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.