PRESS CENTER

2016年6月1日

コダック合同会社
[リリースNo.16-16GC]

コダック、drupaにて オフセット・デジタル・パッケージ印刷向けに将来のソフトウェアソリューションを展示

ドイツ、デュッセルドルフ、2016年5月30日(月)発:

コダックは、クラウドサービスによって一層の生産効率、印刷品質、作業の柔軟性をPSP(プリントサービスプロバイダー)へ将来的にご提供するソフト開発の状況を発表します。

クラウドサービスは、PSPの経営効率を上げながらコスト及びリスク最小化に貢献する新たなコンセプトで、予測分析がどこからでもリアルタイムに行える機能を構想しています。このほか、特定の時点または一定期間にわたる生産コストやシステム性能の可視化を実現する機能も検討しています。

Prinergyワークフローでは、ワークフロー業界では初となる新しいデジタルジョブチケットエディタを搭載する予定で、オフセットとデジタル双方の印刷管理者がリアルタイムに生産関連の意思決定を決定できる機能を実現させる計画です。

Kodak InSite Creativeワークフローの最新版は100% Javaフリー仕様となり、HTML5をベースに再設計されたSmart Reviewユーザーインタフェースの採用で使い勝手が向上します。Webベースプラットフォームの脆弱性も改善しセキュリティを向上させた仕様のデモをご覧いただきます。

パッケージ印刷関連では、コダックのユニファイドワークフローソリューションの将来的な機能向上がどの様に貢献するかご紹介いたします。

最大の耐刷力を誇るUV向けプロセスフリープレートなど、オフセットプレートでの技術革新

  • ●Prinergyワークフローについては、Maxtone SXスクリーニングによる4色プロセスを大幅に強化し、他のワークフローシステムからのXMPスクリーニング割り当てをサポートします。また、最新のGhent Workgroupパッケージング業界規格に準拠する予定です。
  • ●InSite Prepressポータルでは、PrinergyワークフローのPreflight+をサポートする予定です。Preflight+は、最新の業界規格に基づいて印刷エラー発生リスクを認識し、印刷プルーフ品質と顧客満足度の向上に貢献します。また、Flashコンポーネントを使用しないため、Webブラウザーのセキュリティも向上します。
  • ●COLORFLOWカラーマネジメントソフトはG7(ISO12647-9)認証を取得し、ブランドオーナー様からの厳しい要求にも対応できるようになりました。なお、従来のHarmonyをお使いのユーザー様はCOLORFLOWへの移行によってさらに統合的なアプローチが確保されます。
  • ●Pandoraステップ&リピートソフトについては、型抜き時に無駄な部分を特定する機能を追加し、不連続カラーバーをサポートする予定です。また、四角形以外の形(パッケージ業界で最も一般的な形状)を認識する新しいオートギャンギング機能によって、シート利用率の向上を計画しています。

コダックのユニファイドワークフローソリューション担当副社長兼ゼネラルマネジャーのアラン ブラウンは、次のように述べています。
「コダックのワークフローオートメーションソフトウェアはPSPおよびパッケージPSPに対して、材料の無駄を減らす機能や納期を短縮する機能に加え、経営効率を最大化する機能も提供します。例えば、ハイブリッドPSPでワークフローを一本化できることなども、そのための強力な機能と言えるでしょう。ご来場の皆様には、これからの投資によって各社様の事業の成長がどのように加速していくか、是非ご自身の目でお確かめいただきたいと思います」

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 営業本部
  • TEL:03-6837-7285

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.