PRESS CENTER

2015年04月20日

コダック合同会社
[リリースNo.15-12 ALL]

コダック、JP2015で急速に導入が加速する
ハイブリッド印刷の可能性を提案

~ワークフローからサーマルCTPソリューション、
ハイブリッド印刷までビジネスの成長を加速する多彩なソリューションを提案~

コダック合同会社(本社:東京都品川区、代表:藤原 浩、以下コダック)は、5月14日から16日までの3日間にわたりインテックス大阪5号館で開催される「JP2015情報・印刷産業展」(主催:JP産業展協会)において、「SHIFT TO GROW ビジネスの成長を力強くサポート」をテーマに掲げ、Kodak Prosper Sシリーズ インクジェットプリンティングシステムを活用したハイブリッド印刷のビジネスモデルや具体的な印刷サンプルの紹介、Kodak NexPressのゴールド印刷機能を駆使した高付加価値印刷の多彩なサンプルの紹介をはじめ、最先端のフレキソ製版システムを活用した様々な印刷アプリケーションを紹介します。
また、優れた自動化機能で高い評価を得ているKodak Prinergyワークフローシステムの最新バージョン7(英語版)のデモを始め、印刷品質の安定化に貢献するColorFlowカラ―マネージメントシステム、Kodak InSiteを活用したワークフローの効率化、自動化を実現するソフトウエアなどのデモンストレーションも行います。
コダックブースの出展概要は以下のとおりです。

コダックブースの小間番号:5-35

注目を集めるハイブリッド印刷ソリューション(サンプル展示)
世界最速の印字スピードでハイブリッド印刷を実現するKodak Prosper Sシリーズ インクジェットプリンティングシステムや、ゴールド印刷や長尺印刷など多彩な付加価値印刷を実現し、多品種・小ロット時代のニーズにお応えするKodak NexPressの国内外で実際に印刷された多彩な印刷アプリケーションを紹介します。

既成概念を覆す高品質を実現したフレキソソリューション(サンプル展示)
既に世界で400台が導入されているフレキソ製版システムFlexcel NXシリーズと最新鋭のダイレクト彫刻システムのFlexcel Directを活用した様々な高品質フレキソアプリケーションをご紹介いたします。

省電力UV印刷対応プレートTrillian SPやプロセスフリープレートSonoraなど最新のCTPソリューション(パネル展示)
省電力UV印刷対応のサーマルCTPプレートTrillian SPは、UV印刷との相性が抜群で着肉性も良く、耐薬品性、耐刷性にも優れ高い評価を得ています。コダックブースでは、Kodak Trillian SPと最新のエコノミー型サーマルCTPプレートセッターKodak Achieveをパネル展示で紹介します。また、2015年度中に販売開始を予定している、処理薬品(現像液やガム液)、現像処理工程を一切必要としないプロセスフリープレートKodak Sonoraをパネルで紹介します。

優れた自動化機能を搭載したワークフローシステムPrinergy最新バージョン7を参考出品(実機によるデモ)
世界中で約60,000ライセンス以上の導入実績を誇り、優れた自動化機能RBA(ルール・ベース・オートメーション)に高い評価を得ているKodak Prinergyワークフローシステムの最新バージョン7.0(英語版)をはじめWebポータルシステムKodak InSiteファミリーや、カラーマネージメントツールのKodak ColorFlowなど最新のワークフローソリューションのデモをご覧いただきます。

省電力UV印刷に対応する新世代のサーマルCTPプレートKodak Trillian SP

※各製品名は、イーストマン・コダック社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
    コダック合同会社 広報
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340
  • ◆ユーザー様
    コダック合同会社 営業本部
  • TEL:03-6837-7285

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.