PRESS CENTER

2015年01月27日

コダック合同会社
[リリースNo.15-02GC]

コダック、次世代の省電力UV印刷プレートKodak Trillian SP を群馬工場で製造、販売開始。

 コダック合同会社(本社:東京都千代田区、代表:藤原 浩、以下コダック)は、これまで中国のシャーメン工場で製造し輸入していたネガタイプのサーマルCTPプレートKodak Trillian SP(トリリアン エスピー)を、日本のユーザー向けに改良し群馬工場で製造し日本国内での販売を開始しました。

 Trillian SPは、省電力UV印刷に対応するネガタイプ サーマルCTPプレートとして、耐薬品性、耐刷性に優れているのが最大の特長で、これまでご採用いただいた日本国内の多くのユーザー様から好評を博しています。日本国内でも今後、さらに採用いただけるユーザーの拡大が見込めることから、コダックのサーマルCTPプレートの日本国内での研究開発と製造の拠点である群馬事業所で製品改良を行いこのたび販売を開始しました。群馬事業所での製造開始により日本のユーザー様に対しての迅速な製品供給体制が整うことになります。

 印刷業界では、短納期対応のニーズから速乾性に優れた省電力UV印刷機の導入が進んでいますが、Trillian SPは、UVインキとの相性も抜群で着肉性も良く、耐薬品性、耐刷性にも優れているため、オフ輪をはじめ一般商業印刷、省電力UV印刷、パッケージ印刷、ビジネスフォーム印刷に最適なサーマルCTPプレートと言えます。

省電力UV印刷プレート Trillian SP の主な特長

1)卓越した水/インキバランスによる安定した印刷
日本で長年にわたり開発を継続した電解研磨砂目を採用。水幅の下限側が広くなり、より水を絞れる製品に改良しました。特に非画線部の汚れが出にくいという特長を備えており品質の安定性に優れています。これによりUV印刷機のメリットである速乾性を活かした短納期対応にも貢献します。

2)優れた耐刷性
50万枚までの耐刷性を備え、特に小点側の点減りが少ない点が特長です。これにより予備版の削減が可能となりコストの削減にも大きく貢献します。

3)高耐薬品性で様々なアプリケーションに対応
UV印刷で使用される各種の薬品に対して、市場に流通しているサーマルCTPプレート製品の中でも圧倒的に強い耐薬品性を実現しています。これにより、印刷トラブルの少ない高い安定性を実現し、UV印刷からパッケージ、ビジネスフォームまで様々な印刷アプリケーションに対応します。

4)優れたメンテナンス性
自動現像機の清掃が容易な点に加え、希釈不要タイプの現像液を使用しているため現像液活性管理が不要でメンテナンスの手間が省けます。

5)バーニング処理にも対応可能

6)優れた省エネルギー性
専用の自動現像機T-HDXプレートプロセッサーは、従来製品と比べて消費電力が約半分になったため、省エネルギーにも貢献します。

7)pH10.5の弱アルカリ現像液で人と環境への優しさを追求
現像液は、家庭用の石鹸と同等のpH10.5という弱アルカリ性のため取り扱いが容易で、現像廃液をコンクリートなどの材料にリサイクルするコダックのゼロエミッションプロジェクト「マテリアルリサイクル」に対応した製品として環境対策、社会貢献にも寄与できます。

Trillian SPは、これまで高アルカリ現像や自動現像機の汚れ、プレヒ―トオーブンなどといったネガプレート特有の問題を全て解決した、省電力UV印刷に最適なサーマルCTPプレートです。

省電力UV印刷に対応する新世代の省電力UV印刷プレートKodak Trillian SP

※Kodak、Trillianは、Eastman Kodak社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:03-5577-1300
  • FAX:03-5259-9365
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 グラフィック コミュニケーション事業本部
  • TEL:03-5577-1200

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.