PRESS CENTER

2014年01月28日

コダック合同会社
[リリースNo.14-01GC]

コダック、page2014で新しい時代の勝ちパターンを創出する多彩なソリューションを提案
~お客様の経営パートナーになるための営業力強化プログラムも紹介~

 コダック合同会社(本社/東京都千代田区、代表執行役員社長 藤原 浩)は、来る2月5日(水)から7日(金)までの3日間、サンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで開催されるpage2014(主催:公益社団法人 日本印刷技術協会)において、お客様の経営課題を解決するハード、ソフト両面の多彩なソリューションを「Business Innovation(ビジネスイノベーション)」、「Environment(環境)」、「Future Technology(フューチャー テクノロジー)」の3つのゾーンにおいて提案します。また、メインステージでは、2013年12月に発表したソフトブレーン株式会社との協業による印刷会社様の営業力強化のためのソリューションや、コダックの最新ソリューションをプレゼンテーションで紹介します。

Business Innovation ゾーン
多品種・小ロット化の時代に確実に売り上げを伸ばすソリューション

◆デジタル印刷ソリューション
ビッグデータの時代に対応する本格的な5色デジタル印刷機Kodak NexPressのゴールド印刷や、914mmまでの長尺印刷など付加価値の高い印刷アプリケーションを実際に導入いただいているユーザー様の印刷物を多数ご用意し、NexPressの5色機としての差別化ポイントを紹介します。
また、世界最高速の印字スピードを誇るインクジェット プリンティング システムKodak Prosper Sシリーズを活用したO2O(オフラインto オンライン)ソリューションなど国内外での新たなビジネスモデルを、多彩な印刷サンプルを多数ご用意し紹介します。

◆ワークフロー ソリューション
世界中で約60,000ライセンスが導入されているコダックのワークフローシステムKodak Prinergyの最新バージョンの高度な自動化機能や、WebポータルシステムのKodak InSiteをデモンストレーションで紹介します。InSiteソフトウエアファミリーに新しく加わる新しいソフトウエアツールDigital Store Frontも参考出品し、デモンストレーションをご覧いただきます。

◆刷版工程のフルオートメーション化ソリューション
最大で700枚までのプレートの自動装顛により刷版工程の飛躍的な省力化、合理化を実現するMaguns 800プレートセッター用APL(オートマチック パレットローダー)や、プレートセッターから出力された現像済みの各種プレートを印刷機ごとのストッカ―に自動判別でソートするAPS(オートマチック プレート ソーター)や、刷版工程におけるプレートセッターや自動現像機などの装置をリモートで監視するIPM(インテリジェント プリプレス マネージャー)など、コダックが提唱する刷版工程のフルオートメーション化ソリューションをパネルで紹介します。

Environment ゾーン
現像廃液の完全リサイクル、ノンプロセス プレートなど、革新的な環境対応ソリューション

◆「マテリアル リサイクル」プロジェクト
CTPプレートの現像工程で使用されるコダックの現像液は「弱アルカリ性」です。
このため特別な装置や処理の追加無しに、現像廃液をコンクリートに完全リサイクルできます。「ゼロエミッション」を実現し、印刷会社様の環境対策を支援したいというコンセプトによりスタートしたコダックの「マテリアル リサイクル」プロジェクトについて、従来の廃液処理との違いやコストメリットなどを分かりやすく紹介します。

◆プロセスフリー プレートソリューション
処理薬品(現像液やガム液)、現像処理工程を一切必要としないプロセス フリー プレートの新製品Kodak Sonora XP(2014年度中発売予定)をパネル展示で紹介します。

◆環境に優しい水性フレキソ印刷ソリューション
ここ数年、パッケージの小ロット化、環境対応などにより注目を集めているフレキソ印刷。コダックのフレキソ製版システムKodak Flexcel NXシリーズは、既に150社を超す世界中のユーザーから高い評価を得ています。Page2014では、Flexcel NXを活用して作成された様々なパッケージや、シール、ラベルなど多様な印刷アプリケーションを紹介する他、最新鋭のダイレクト彫刻システムKodak Flexcel Directを活用して印刷された紙袋などの多彩な印刷アプリケーションを紹介します。

Future Technologyゾーン

タッチスクリーンセンサー、医療/バイオ、エネルギー関連技術など、現在、コダックが開発を進めている将来技術をパネルで紹介します。

売れる印刷営業の仕組みづくり大学(仮称)始動

コダックは、印刷業界の営業改革・営業力強化を支援していくため、営業支援システムやコンサルティング、教育などのサービスを幅広く展開しているソフトブレーン株式会社との協業を2013年12月に発表しました。 page2014では、印刷会社様の提案する力を組織に根づかせる営業力強化のソリューション提案として「売れる印刷営業の仕組みづくり大学(仮称)」をブース内のステージにて紹介します。

 コダック合同会社の代表執行役員社長 藤原 浩は、次のように述べています。 「コダックは、お客様にとっての『経営のビジネスパートナー』になることを目指しています。page2014では、コダックならではの非常にユニークかつ斬新な取り組みであるマテリアル リサイクル プロジェクトやソフトブレーン社との協業による営業力強化支援プログラムの提案など、製品や技術の提供だけに留まらない、強力なソリューション提案パートナーとしての新生コダックの姿を紹介しますので、是非ご期待ください」

※出展内容は予告無しに変更される場合がありますので、予めご了承ください。

page 2014のコダックブースのイメージ

※Kodak、Flexcel、InSite、Magnus、NexPress、Prinergy、Prosper、SonoraはEastman Kodak社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック合同会社 広報
  • TEL:03-5577-1300
  • FAX:03-5259-9365
  • ◆ユーザー様
     コダック合同会社 グラフィック コミュニケーション事業本部
  • TEL:03-5577-1200

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.