PRESS CENTER

2013年11月21日

コダック株式会社
[リリースNo.13-043GC]

急成長を遂げているMercury Print Productions社が、
3台目のKodak Prosperプレスの導入を決定
~出版物の需要増大ならびにダイレクト メールでの事業拡大を目指す~

 2013年11月13日、ニューヨーク州ロチェスター発:
 Mercury Print Productions社(マーキュリー プリント プロダクションズ / ニューヨーク州ロチェスター)は、2011年7月に導入したKodak Prosper 5000XLプレス、2012年12月に導入したKodak Prosper 1000プレスに続き、2014年初頭に3台目のKodak Prosperプレスを導入します。教育産業向けデジタル書籍印刷のリーディング カンパニーである同社は、最新鋭のフルカラー インクジェット印刷機Prosper 5000XLiプレスの追加導入により、既存顧客向け小ロット オンデマンド書籍印刷事業の拡大を図ると同時に、新たなサービスの提供による新事業の展開も目指しています。

 Mercury Print社の社長クリスチャン シャンベルガー氏は、次のように述べています。
「コダックのStreamインクジェット テクノロジーには当初から高い信頼を寄せていました。Prosperプレスの3台目を導入する最大の決定要因となったのが、コスト、品質、テクノロジーの3つでした。また当社の将来の方向性を考えたとき、そうした要求に応えられるのがProsperプレスだったのです。コダック製品の性能、信頼性、品質、そしてサポートには大変満足しています。3台目の導入により、さらに生産力を強化するとともに、フルカラーのパーソナライズド ダイレクト メールなど新分野への事業拡大も進めていきます」

 本年初めに発売されたProsper 5000XLiプレスは、インテリジェント プリント システム(IPS)を搭載しています。IPSはインラインのビデオ モニタリングと先進のソフトウェア コントロールによって、膨大なイメージング情報を処理しながら条件変動を感知し、必要に応じた調整をリアルタイムに行います。また、用紙の種類、画像の内容、用紙の搬送速度、および印刷環境の影響を受けることなく、出力の色品質を最適化します。
 IPSが提供する数々の新機能に加え、Prosper 5000XLiプレスは印字速度の最適化、スムーズなオペレーションおよび生産性の最大化を図る機能もさらに充実しています。その一例として、用紙の交換を容易にする自動調整システム、乾燥が確実に行える可変長の用紙搬送路、さらにインキ濃度、印刷スピード、あるいは用紙の種類に適応する先進の乾燥システムなどが挙げられます。

 コダックのバイス プレジデント兼米国カナダ担当リージョナル マネージング ディレクターのジョン オグラディは、次のように述べています。
 「Prosperプレスは絶えず技術革新を図っており、お客様も品質と生産性の向上を実感しながら、真の意味での事業成長に邁進しています。導入当初からの収益力アップや取引先への影響力などから、2台目以降の追加注文をいただくことも決して珍しくありません。Mercury Print様は、市場機会の把握ならびに最先端の技術革新の採用によって、業界のリーダーとなっている代表的なお客様です」

 インラインのKodak Prosperイメージ オプティマイザー ステーション(IOS)は、印刷機のスピードを落とさずに通常のオフセット印刷用紙をインクジェット用にトリートメントすることで、用紙の選択の幅を広げます。業界標準の上質紙およびコート紙に加え、グロス コート紙も使用できます(対応用紙:坪量45~300 gsm、幅20.3~64.8 cm=8~25.5インチ)。

 Mercury Print社のシャンベルガー氏は、加えて次のように述べています。
 「Prosperプレスが提供する高い印刷品質、安価なページ単価のおかげで、プリントボリュームが順調に伸びています。最大の利点は、Prosper 5000XLiプレスに装備したIOSコーターによって幅広い各種の用紙に印刷が行えることです。これも、コダックのStreamインクジェット テクノロジーならではの特長です」

 シャンベルガー氏はMercury Print社が年々成長を遂げると期待する一方で、取引先もインクジェット印刷のようなデジタル テクノロジーにより、商品を競争力のある価格で提供できると考えており、また、印刷物のパーソナリゼーションを成長の主要因の1つに挙げています。

 Prosper 5000XLiプレスは、最大印字幅62.23 cm(24.5インチ)、最高印字速度200分/m(650 fpm)で4色両面印刷が行えます。月産処理能力はA4(レターサイズ)で最大9,000万枚、印刷品質はオフセットに匹敵する最大175 lpiです。さらに、稼働時間の最大化および安定的な生産に向け、搬送系には用紙の縦伸びやしわが生じないようにするための多彩な新機能を装備しています。

Mercury Print社に導入されたProsper 5000XLiプレス システム

※Kodak、ProsperはEastman Kodak社の商標です。

※このニュースは2013年11月13日付で、米国で発表された内容の日本語訳です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆ユーザー様
     コダック株式会社 グラフィック コミュニケーション事業本部
  • TEL:03-5577-1200

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.