PRESS CENTER

2013年7月3日

コダック株式会社
[リリースNo.13-026GE]

タッチ スクリーン センサー ビジネスでコダックとキングスバリー社が提携

  • ・イーストマン ビジネス パークのキングスバリー社新工場でタッチ スクリーンセンサーを製造
  • ・コダックのマテリアル サイエンス技術、銀塩フィルム技術を活用
  • ・タッチ スクリーン市場の世界的な需要急増に応える新戦略を展開

 2013年6月27日、米国ニューヨーク州ロチェスター発:
 イーストマン・コダック社(以下、コダック)と米国 キングスバリー社は、2018年までに320億ドル規模に成長すると見込まれているタッチ センサー モジュール市場への進出に向け、次世代タッチ スクリーン センサーの生産契約を締結しました。

 この契約により、キングスバリー社は本年中に米国ロチェスターのイーストマン ビジネス パークに製造拠点を新設し、コダックの銀塩フィルム技術をベースとしたタッチ スクリーン センサーの生産を開始します。キングスバリー社では、コダックの銀塩フィルム技術の利用を希望する企業とも連携する予定です。

コダックは化学薬品、材料、技術サポートとともに、キングスバリー社によるタッチ スクリーン センサーのマーケティングや販売促進もサポートします。

 コダック チーフ テクノロジー オフィサー兼シニア バイス プレジデント テリー テーバーは、次のように述べています。
 「新たな製造パートナーであるキングスバリー社は、コダックの銀蒸着技術を活用し、タッチ センサーのグリッド フィルムの形成および生産を高精度かつ高効率で行います。コダックはキングスバリー社をはじめとする企業と提携できる幅広い技術力と豊富な経験を持っており、今後もこういった技術と経験でタッチ センサー市場向けソリューションへの取り組みを強化していきます。この契約は、コダックにとって重要な成長分野であるファンクショナル プリンティングを推進する上で大きな一歩と言えます」

 キングスバリー社 プレジデント兼CEO ビル ポロック氏は、次のように述べています。
 「コダックとの新たな生産および販売に関する提携は、タッチ センサー フィルムにおける世界的な需要増に応える開発・生産・販売体制を支える革新的なものです」

 高速組立機械を1世紀以上にわたり生産してきたキングスバリー社では、ロールtoロールの製造システムにおける世界的な設計会社、オプティメーション テクノロジー社と連携してこれらを進める予定です。同社のシステムは、タッチ センサー製造工場の設計・施工に幅広く利用されています。

 キングスバリー社では、タッチ センサーの製造をロールtoロール工程で行います。従来のフィルム ベースのITO(インジウムスズ酸化物)方式に比べ、この新工程は「製造工程の短縮よる生産コスト削減」「抵抗値の低減によるタッチ レスポンスの向上」といったメリットを提供できます。こうした特性で、フォーム ファクタの多様化や各種アプリケーションへの適合性向上といったニーズに応えます。

 ポロック氏は次のように述べています。
 「タッチ センサーの生産を短期間で拡大するには、コダックの銀塩フィルム技術が不可欠です。コダックの圧倒的なマテリアル サイエンスのノウハウと薄膜蒸着技術を活用することで、当社はプリンテッド エレクトロニクス(PE)業界向けの次世代タッチ センサー ソリューションの生産をすぐにスタートできる態勢にあります」

 コダックについて
 コダックは、コマーシャル イメージング事業に特化したB2B企業への変革を進めています。今後は、お客様の競争力を高める最先端技術をご提供できる市場においてコマーシャル、パッケージ、ファンクショナルの各プリンティング ソリューションおよび企業向けサービスに注力していきます。エンタテインメント イメージングとコマーシャル フィルムの両分野でも、優秀な製品および充実したサービスを提供していますが、パーソナライズド イメージングとドキュメント イメージングの両事業は、英コダック年金プラン(KPP)への売却が予定されています。詳しくは、kodak.comをご覧ください。

 キングスバリー社について
 キングスバリー社は、イーストマン ビジネス パークに隣接するレキシントン アベニューにある16,700 m2の製造センターで、1世紀以上にわたり複合工作機械と高速組立機械を生産しています。製造センターは2012年、ニューヨーク州ロチェスターに移転した後も、同社設立(1890年)の地であるニュー ハンプシャー州キーンに技術センターを置いています。キングスバリー社では従来からの製品の製造およびサポートを継続すると同時に、オプティメーション テクノロジー社のサポートにより、今後は紙、ビニール、ホイル、ガラスといった製品向けの押し出し成型、搬送、コーティングのソリューションを提供する予定です。 詳しくは、www.kingsburycorp.comをご覧ください。

 オプティメーション テクノロジー社について
 ニューヨーク州ロチェスターを本社とするオプティメーション テクノロジー社は、イーストマン ビジネス パークに隣接した16,700 m2の社屋で、産業分野向けソリューションの一環として総合的なプロジェクト サービスを提供しています。エンジニアリング、オートメーション、工事およびメンテナンス管理サービスについて、構想から試験運用、本格運用まで請け負うことが同社の大きな特長です。詳しくは、www.optimation.us(英語)をご覧ください。

※このニュースは2013年6月27日付で、米国で発表された内容の日本語訳です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様
     コダック株式会社 広報
  • TEL:03-5577-1606
    FAX:03-5282-1619

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.