PRESS CENTER

2013年4月30日

コダック株式会社
[リリースNo.13-014 GE]

コダックが英コダック年金プラン(KPP)との包括的和解を発表
~経営再建完了に向け大きく前進~

  • ・パーソナライズド イメージングとドキュメント イメージングの両事業を約650億円でKPPに売却
  • ・KPPは約28億ドル(約2800億円)の支払い請求を取り下げ
  • ・コマーシャル イメージング事業をチャプター11から脱却させるための資金を確保

2013年4月29日、米国ニューヨーク州ロチェスター発:
 イーストマン・コダック社(以下、コダック)は本日、最大の債権者である英コダック年金プラン(KPP)との間で、米連邦破産法第11章(以下、チャプター11)からの再建計画について包括的な和解合意に達したことを発表しました。米連邦破産裁判所の合意を得た後、コダックのパーソナライズド イメージングおよびドキュメント イメージングの両事業はKPPに売却される予定です。

 今回の合意の要点は、コダックのパーソナライズド イメージング事業とドキュメント イメージング事業が、現金を含む6億5000万ドルでKPPに売却されることです。この収入の一部を、チャプター11からの経営再建支援、およびコマーシャル イメージング事業の拡張に使用する予定です。また、KPPはこの合意に基づき、コダックとその関連会社に対する約28億ドルの支払い請求を取り下げます。

 コダックの会長兼CEO(最高経営責任者)のアントニオM ペレスは、次のように述べています。
 「今回の包括的合意によりコダックはパーソナライズド イメージング事業とドキュメント イメージング事業の売却、ならびに最大の負債の清算を一度で解決できます。KPPとの合意は、組織再編におけるいくつかの難しい障壁を取り除くと同時に、世界各国での支払い請求をも解消します。米国外における事業継続を確保するとともに、パーソナライズド イメージング事業とドキュメント イメージング事業の価値を認識しながら、その成長と成功に注力してくれる新たなオーナーに両事業を一任でき、さらにはチャプター11からの経営再建に必要な資金流動性も提供するものです。この合意は関係者の皆様に大きな価値をもたらすと確信していますし、この素晴らしい成果の原動力となったKPPの熱意と創造力に改めて感謝します」

 KPP理事長のスティーブン ロス氏は、次のように述べています。
 「KPPとコダックは裁判の開始時点から協調してきました。今回の買収はKPP会員に確かな安定性と大きな価値をもたらします。この合意はKPP会員により良い将来展望を与えると同時に、コダックの社員や債権者、さらにはイギリスの業界にとっても実に有意義なものとなるでしょう。KPPが買収する事業は、KPPのキャッシュ フローを長期的に支えるものです。また、KPPがパーソナライズド イメージング事業とドキュメント イメージング事業の財政基盤を安定させることは、両社の社員と顧客のみならずパートナー各社にとって大きなメリットになるでしょう」

 今回の合意は、コダックの米国におけるチャプター11再建計画の一環として実施されます。売却が完了した時点で、コダックとその関連会社はKPPへの債務を免除されます。英年金監督機関(UPR)はこのプロセスを認識しており、すでに買収に伴う免除を認めています。また、UPRは英Kodak Limited(KPPの制度提供事業者)のKPPに対する債務の免除を承認する予定で、英年金保護基金(UPPF)もそれに対して異議を唱えないと声明を出しています。なお、この合意の成立には、米連邦破産裁判所およびUPRの承認等が必要です。

 コダックでは4月30日にチャプター11再建計画案を連邦破産裁判所に提出し、続けてKPPとの合意および関連契約に関する承認を求めるとともに、ドキュメント イメージング事業単体での売却申し立てを取り下げる予定です。


コダックのパーソナライズド イメージング事業について
 コダックのパーソナライズド イメージング(PI) 事業は、コダックの様々なビジネスに影響を与えた伝統的なイメージング事業で、ユーザーおよび消費者それぞれのニーズに合せた高品質な製品とサービスを提供しています。PI事業は、世界的なリーダーである写真のキオスク端末とドライ ラボ システムを提供する「リテール システム ソリューション」をはじめ、小売店や大規模ラボ、フォトグラファーなど幅広い層に使用されているフォト用ペーパーとワークフロー ソリューションの「ペーパー&アウトプット システム」、数々の受賞経験を持つスチール カメラ フィルム製品を提供する「フィルム キャプチャー」、そしてテーマパークやイベント会場などで活用されている記念写真に関する「イベント イメージング ソリューション」から成ります。

コダックのドキュメント イメージング事業について
 コダックのドキュメント イメージング(DI) 事業は、人々が電子または紙の書類から必要な情報を取得・管理することを可能にします。この事業には、数々の受賞経験を持つドキュメント スキャナーおよびスキャナー ソフトウェア、インフォメーション ワークフロー ソフトウェア、幅広いプロフェッショナル サービス、および業界最先端のサービス&サポートが含まれます。スモール オフィスからグローバル企業におけるオペレーションまで対応するコダックのドキュメント イメージング ソリューションは、ビジネスプロセスを自動化し、企業のニーズにお応えする情報を効率的にお届けします。



※このニュースは2013年4月29日付で、米国で発表された内容の日本語訳です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ◆報道関係者様 コダック株式会社 広報室
  • TEL:03-5577-1606
  • FAX:03-5282-1619

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.