PRESS CENTER

2013年3月12日

コダック株式会社
[リリースNo.13-009 GC]

世界の雑誌の表紙でKodak NexPress ゴールド ドライ インキを使用
~デジタル印刷初のゴールド ソリューションが強いインパクトで魅了~

 コダック株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤原 浩)は、NexPressデジタル プロダクション カラー プレスの新機能であるゴールド ドライインキが、世界的にも著名な雑誌5誌の表紙に採用され、大きな注目を集めたことを発表しました。これまで、印刷にゴールドを使用したいと考えても、金箔印刷は高額過ぎて現実的な手法ではありませんでした。しかし、これからはKodak NexPressの第5イメージング ユニット「Kodak NexPressゴールド ドライインキ」を活用して、手軽にゴールドの効果を表現することができます。
 NexPressゴールド ドライインキは、ダイレクトメール、雑誌やカタログの表紙、または賞状や証書類、写真、チケットなどに、メタリックゴールドの色再現を行うソリューションです。
 このたび、NexPressゴールド ドライインキの普及に向け、コダックは世界各国の雑誌出版社5社と協力し、ゴールドで強いインパクトを発揮する特別仕様の表紙を作成しました。

 drupa 2012での初登場を経て、Graph Expo 2012でMust See ’Ems賞を受賞したNexPressゴールド ドライ インキは、極めて有効な差別化を実現するソリューションです。すでに、ベータカスタマーでのテスト運用ではインパクトを高める大きな効果を出しており、印刷物の付加価値を着実に高めつつあります。コダックは、ゴールドの効果とNexPressの高品位な出力を融合させることで、デジタル印刷における収益力強化の選択肢をさらに広げています。

 今回の世界的なプロジェクトでNexPressゴールド ドライインキを表紙に採用した5誌は、下記の通りです。
● Effekte:Merck社が顔料業界の顧客向けに配布している世界的な出版物
● Print21:オーストラリアの商業印刷会社向け出版物
● Digital Printer:イギリスの商業印刷会社向け雑誌
● PrintWeek MEA:UAE(アラブ首長国連邦)の商業印刷会社向け雑誌
● ME Printer:UAEの商業印刷会社向け雑誌

 Print21誌のパトリック ハワード氏は次のように述べています。
 「当社の雑誌の表紙のイメージは、ゴールド インキのクリエイティブな可能性を強調するために特別に選んだものです。ゴールド ドライインキで再現できるキラキラと輝くようなメタリック効果は、オフセットのメタリック インキによる効果と同等です。また、ゴールド ドライインキは、CMYKの4色に重ねて使用し、立体的かつ触覚的な効果を与えるディメンジョナル ドライインキと同様に、出版物に新たな付加価値を与えます」

 各種の印刷アプリケーションに幅広く対応するゴールド ドライインキは、ディメンジョナル(盛り上げ)印刷、UVライトに反応するセキュリティ印刷用赤色蛍光インキ、透かし印刷、グロス(光沢)仕上げなど、数々の受賞に輝くNexPress第5イメージング ユニット ソリューションの印刷機能をさらに充実させるものです。

 NexPressの他の新機能として、POP、ブックカバー、パッケージ、ラベルなど大きなサイズの印刷にも対応するロングシート オプションや、品質と性能の両面で進化を続け、処理時間を最大20%短縮したインテリジェント キャリブレーション システム(ICS)Ver. 3ソフトウェアなどがあります。

 コダックのEPSマーケティング担当ディレクターのグレッグ グレソックは次のように述べています。
「デジタル印刷市場は競争が激しく価格の圧力が強いため、利益も圧縮傾向にあります。コダックは、お客様が独自の印刷・後加工アプリケーションでクライアントへの付加価値提供の幅をさらに高めていただけるよう、NexPressのさらなる機能向上に全力で取り組んでいます。ゴールド ドライインキも、家庭や店頭、あるいはイベント会場などでインパクトの高い印刷物として差別化を図る機能ですが、それはコダックの第5イメージング ユニットでご利用いただける独自機能のごく一部にすぎません。このような著名な雑誌においてゴールドの効果を実証したことに続けて、今後も随時、皆様に視覚的に高いインパクトを提示していきたいと思います」

 また、コダック株式会社 DPS本部 本部長の河原 一郎は、次のように述べています。
「NexPressシリーズは、5色デジタル印刷システムとして、これまでも多くのお客様に第5イメージングユニットを活用した様々な高付加価値印刷アプリケーションを可能にし、差別化を提供してまいりました。日本市場でも本年夏頃の販売開始を予定しているゴールド ドライインキは、昨年のdrupa2012で発表されて以来、多くのお客様からお問い合わせをいただいております。ゴールド ドライインキは、さらなる差別化のための大きな武器になるものと確信しています」


 ※Kodak、NexPressは、Eastman Kodak社の商標です。

<この件に関するお問い合わせ先>
  • ユーザー様 ◆グラフィック コミュニケーション事業本部
  • TEL:03-5577-1200

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.