Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)

2012年11月13日

コダック株式会社
[リリースNo. 12-039 GE]

コダックが7億9,300万ドルの再生融資を受けることに合意
~2013年度上半期のチャプター11からの経営再建に道筋をつける~

 2012年11月12日、米国ニューヨーク州、ロチェスター発:イーストマン・コダック社(以下、コダック)は、本日、センターブリッジ パートナーズ社、GSOキャピタル パートナーズ社、UBS社およびJPモルガン チェース社との間で、DIPファイナンス(事業再生支援資金)として7億9,300万ドルの融資を受ける誓約書に調印しました。今回の融資は、借入金の多くを再生のための融資に転換することが条件付きで認められており、コダックの資金流動性を向上させるとともに、財政基盤の安定にも寄与するものと予測しています。コダックが組織再編における課題を解決して、2013年度上半期の米国連邦破産法第11章(以下、チャプター11)からの経営再建を成功させる上で、この融資は非常に大きな意味を持ちます。

 コダックの会長兼CEO(最高経営責任者)のアントニオM ペレスは、次のように述べています。
「この融資はコダックの資金流動性を高めるもので、コダックの組織再編を加速すると同時に、2013年度上半期における経営再建の成功をより確かなものにします。これまでも、多くの融資機関から好意的なお申し出をいただきましたが、今回、再建を成功させた企業への融資実績が豊富な各社との合意に至りました。この協定によって、コダックがさらに健全な、中核となるビジネスに注力できる会社へと生まれ変わる道筋がより明確になりました。それは、世界中のお客様、提携先、協力会社様からのご期待に応える力、変革を推進する力、成功に貢献する力の基盤となるものです」

 今回の再生融資は、「新規の借入金4億7,600万ドル」と「チャプター11申請前の第二順位担保権付社債に対する未払いの償還金との等価交換で供与された期限付借入金3億1,700万ドル」から成ります。融資の条件に、デジタル イメージングの特許ポートフォリオを5億ドル以上で売却することなどが定められていますが、コダックではそれは実現可能なことと確信しています。

 このほか、誓約書には借入金のうち最大5億6,700万ドルを再生融資に転換することを認める規定も含まれており、その条件に、組織再編計画の内容を2013年9月30日までに完了させること、およびイギリスにおける年金債務の全額整理、ドキュメント イメージングとパーソナライズド イメージング両事業の全部または一部売却の完了などが定められています。
 なお、今回の融資には、最終的な融資関連書類の作成および連邦破産裁判所による承認(2012年12月審理予定)が必要となります。


※このニュースは2012年11月12日付で、米国で発表された内容の日本語訳です。


<この件に関するお問い合わせ先>

このページのトップへ