Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)

2012年3月12日

コダック株式会社
[リリースNo.12-013 GC]

コダックが Prosper プラットフォームに最高速の Prosper 6000XL プレスと
Prosper S30 インプリンティング システムを追加

~ Prosper プレス イメージ オプチマイザー ステーションによる
用紙のトリートメント処理を drupa 2012 でライブ デモ ~

2012 年 3 月 6 日、ポルトガル、リスボン発:
業界を変革する Prosper ポートフォリオに、新開発の 300m/分 フルカラーの Kodak Prosper 6000XL プレス (A4サイズ、月産1億6000万ページ) を追加します。 商業印刷、ダイレクトメール、出版に最適な Prosper 6000XL プレスは、175 線相当で最大 200m/分、または 133 線相当で最大 300m/分で印刷が可能です。 全世界の多様な業種における実績を持つ Prosper 1000プレスと Prosper 5000XL プレスに新たに Prosper 6000XL プレスが加わり、Prosper プラットフォームはさらに充実しました。 drupa 2012 のコダック ブース (ホール5、F09-1) で Prosper 6000XL プレスのデモをぜひご覧ください。

コダックのデジタル & ファンクショナル プリンティング担当プレジデント のダグ エドワーズは、次のように述べています。
「Prosper プラットフォームは、そのパワーと拡張性によってあらゆる用途に対応できるソリューションで、この新機種ではコストダウンに加えて柔軟性と生産性の向上も図っています。 コダックは Stream インクジェット テクノロジーの革新的な機能性をベースに、『成長性と収益力を高めるツールの提供』 というお客様の高度なニーズに応えています」

新開発の Prosper 6000XL のコスト パフォーマンスは、量産型サーマル DOD プレスと比較すると 45% 増、Prosper 5000XL と比べて 31% 増となっています。 スピードと用紙の柔軟性さらにインク セーバー モードにより、Prosper 6000XL はかつてないほど幅広い用途での利用が可能となっています。
コダック ブースでは 300m/分のスピードをライブ デモでご覧いただけます。 そのほか Kodak Prosper イメージ オプチマイザー ステーション (IOS) も紹介します。 IOS は市販のコート紙、非コート紙、グロス紙 (45~300 gsm) での使用を可能にし、用紙の選択の幅を広げるとともに用紙コストの削減にも貢献します。

013_Prosper_6000XL_Press-with-_IOS

Prosper S シリーズ インプリンティング システム
Kodak Prosper S シリーズの導入実績は、この 3 年間に世界で合計 400 台以上となりました。このファミリーに新たに加わった Kodak Prosper S30 インプリンティング システムは、業界最速の 900m/分、出力解像度 600 × 200 dpi を提供し、ダイレクトメール、チラシ、スピードくじ、広告、パッケージ ラベルといったハイブリッド印刷において、より高いパフォーマンスを発揮します。

現在、ドイツ、ハンブルグ近郊にあるドイツの大手新聞、“Bild” を発行する Axel Springer 社の新聞印刷工場では、既設のオフセット印刷機に Prosper S30 を搭載し、ベータ テストを行っています。 同社では Prosper S30 を活用し、抽選番号、QR コード、差替用絵柄といったバリアブル データを最大幅 10.56 cm で、フルスピードで追加印字しています。 そのほか、新聞に組み込まれたスピードくじの生産も Prosper S30 で行っています。

Prosper S シリーズは、S5、S10、S10 CMYK、S20 (一部製品は、日本未発売) を取りそろえており、今回、新たに S30 を追加しました。 Prosper S シリーズは、レーザープリンターと同等の追加印字を様々なスピードと解像度で行い、オフセット印刷物に高品位のパーソナリゼーションを付加します。 プリント プロバイダーはオフセット印刷機への投資を無駄にすることなく、ワン ステップのインライン処理でデジタル印刷へと容易に拡張できます。

drupa 2012 では Prosper S20 CMYK インプリンティング システムのデモを行い、ハイブリッド印刷がもたらすビジネス チャンス、すなわち 「ダイレクト マーケティングにおけるオフセットと高付加価値バリアブル カラーの融合」 に焦点を当てます。 オフセット印刷にフルカラーのインクジェットを付加したハイブリッド プリンティングは人気が高まっており、マーケティング関係者からはレスポンス率の高さに注目されています。

エドワーズは次のよう続けています。
「コダックは Stream インクジェット テクノロジーに注力し、新型の印刷機とインプリンティング システムに投資しています。 その一方で、各社との提携にも積極的に取り組みながら印刷業界の変革を推進しています。 これこそ、コダックやお客様の差別化に向けた取り組みで、そこからビジネスチャンスは広がっていくでしょう。 drupa 2012 で Prosper に搭載している最先端技術を十分にご覧いただき、またお客様がお互いに成功事例を語っていただけるよう願っています」

コダックについて

イメージングのイノベーターとして世界の第一線に立つコダックは、コンシューマー、法人企業、クリエイティブに携わる皆様がイメージ、情報、印刷のパワーを存分に活かし、充実した毎日を送っていただけるよう願っています。
グラフィック コミュニケーション業界では、印刷、出版、パッケージの各分野のお客様に、競争力ならびに投資効果のアップに向けたインテリジェント ソリューションを提供しています。
コダックは、画期的な技術、先進の自動化、そして専門的なサービスを融合させた製品とソリューションを通じて、お客様によるビジネスの変革と成長をご支援します。また、オフセット、デジタル、ハイブリッドのどの環境をご利用のお客様にも、高付加価値のバリアブル出力を効率的かつ経済的に展開していただけるよう、最も幅広いソフトウェア、ハードウェア、サービスを提供しています。

詳しくは、graphics.kodak.comをご覧ください。

Kodak、NexPress は米国イーストマン・コダック社の商標です。

*これは現地時間 2012 年 3 月 6 日、イーストマン・コダック社が発表したプレスリリースの日本語抄訳です。

<この件に関するお問い合わせ先>

このページのトップへ