Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2011年9月16日

コダック株式会社
[リリースNo.11-021GC]

Kodak NexPress SX デジタル プロダクション カラープレスを販売開始
IGAS2011において、最新鋭の5色デジタル印刷システムを初公開


 コダック株式会社(代表取締役社長:松浦 規之)は、9月16日(金)~21日(水)までの6日間、東京ビッグサイト 東ホールにて開催されるIGAS 2011(International Graphic Arts Show 主催:印刷機材団体協議会)において、電子写真方式のデジタル印刷システムの新製品Kodak NexPress(ネクスプレス) SX デジタル プロダクション カラープレス(以下、NexPress SX)の販売を開始します。

 NexPress SXは、ドライインキを微粒子化することで品質が向上し、鮮明かつ滑らかな写真画質の印刷が可能となりました。同時に新バージョンの ICS2 (インテリジェント キャリブレーション システム)により、色安定性も向上しています。
オプションの「フォト ソリューション」では、第5イメージング ユニット(5胴目)にライト ブラック インキを使用することで、特にモノクロ、肌色などのデジタル印刷では難しかった色を写真品質で提供します。
また、ロング シート フィーダー オプションを使用すれば、最大660mmの長尺シートでA4 ページを3面印刷でき、ポスターやカタログといった対応アプリケーションの幅がさらに広がります。

 コダック株式会社 グラフィック コミュニケーション事業部長&コンシューマビジネス事業部長の藤原 浩は次のように述べています。
「NexPressシリーズは、抜群の生産性、印刷品質、および5胴目を活用した光沢、透かし、盛り上げ、特色といった高付加価値印刷で高い評価をいただいてまいりました。さらに、新製品のNexPress SXでは、コダックが培ってきた写真技術をデジタル印刷に生かしています。10月に発行される SpencerLab※の評価では、競合他社のデジタル印刷機と比較して、空、水、新緑といった風景、さらには人肌についてもNexPress SXの写真品質の印刷が最も優れているという結果をいただきました。
NexPress SXは、従来の商業印刷だけでなく、フォトブックなどの写真印刷を手がける皆様にも付加価値を提供できるすばらしいソリューションとなると確信しています。」

 

※SpencerLabとは、デジタル印刷の比較評価を行っている、独立した国際的に権威のある調査機関。

 

<Kodak NexPress SX / Photo デジタル プロダクション カラープレス概要>

【基本仕様】
イメージング テクノロジー 乾式電子写真方式 600dpi マルチビット(最大8ビット)
基本構成 5色プリント エンジン
標準フィーダー4台 合計容量 11,000枚
大容量デリバリ 1台 合計 5,000枚
Kodak NexPress インテリジェント コーティング ソリューション
Kodak NexStation VIフロントエンド
用紙の種類 60 ~ 350 gsm (非コート紙)
80 ~ 350 gsm(コート紙)
その他、光沢紙、エンボス紙、ラベル紙、フォトペーパーなどの
多彩な用紙・メディアに対応
最大画像寸法 標準フィーダー: 340 ×510 mm
オプション フィーダー :340 × 650mm
最大用紙サイズ 標準フィーダー: 356 ×520 mm
オプション フィーダー :356× 660mm
*用紙容量はすべて100gsmの用紙で計算

 

【生産性】
    印刷速度(A4サイズ) 月産処理能力
NexPress SX 2700 標準フィーダー 83.3ppm 5,000枚/時 310万枚
オプション フィーダー 91ppm 5,455枚/時
NexPress SX 3300 標準フィーダー 100ppm 6,000枚/時 370万枚
オプション フィーダー 109ppm 6,550枚/時
NexPress SX3900 標準フィーダー 120ppm 7,200枚/時 440万枚
オプション フィーダー 131ppm 7,860枚/時
*4色または5色 片面印刷時

Kodak、NexPressは、Eastman Kodak社の商標です。

 




<この件に関するお問い合わせ先>
◆報道関係者様 コダック株式会社 広報担当宛 TEL:03-5577-1368
    FAX:03-5259-9365
◆ユーザー様 コダック株式会社 グラフィック コミュニケーション事業部 TEL:03-5577-1200


このページのトップへ
| |