Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2011年9月16日

コダック株式会社
[リリースNo.11-020GC]

Kodak Prosper 1000 プレスの販売を開始
革新的なモノクロ印刷ソリューションをIGAS2011で日本初公開


 コダック株式会社(代表取締役社長:松浦 規之)は、9月16日(金)~21日(水)までの6日間、東京ビッグサイト 東ホールにて開催されるIGAS 2011(International Graphic Arts Show 主催:印刷機材団体協議会) において、新製品「Kodak Prosper(プロスパー) 1000プレス」の販売を開始します。

 Prosper 1000プレスは、オフセット クラスの品質、スピード、コストを実現するコダック独自の印刷方式「Stream(ストリーム)」 テクノロジーを搭載したモノクロ インクジェット プリンティング システムです。最大印字幅622.3mmで、45~175gsmの塗工紙、 微塗工紙、 上質紙、 各種インクジェット用紙に幅広く対応します。最高200m/分の高速印字で、大~中ロットの印刷および、 小ロットジョブの付け合わせ印刷のどちらにも対応でき、生産効率の向上、および損紙とコストの削減の両立に貢献します。 また、色の鮮明度と耐久性に優れた水性顔料インクを採用し、環境にやさしいデジタル印刷が可能です。フロント エンドの700プリントマネージャーを含むProsper 1000 プレス本体の市場想定販売価格は約1.5億円です。

 コダック株式会社 グラフィック コミュニケーション事業部長&コンシューマビジネス事業部長の藤原 浩は次のように述べています。
「Prosper 1000プレスは、主にビジネスフォームの部分可変印刷で活用されてきたインクジェットを、書籍・出版・教育・マニュアルなどの多種多様なモノクロ印刷に拡張する新しいソリューションです。オフセット印刷機でモノクロ印刷を手掛けられているお客様には、利益の確保が難しかった多品種・小ロット印刷に対応する柔軟性から、ビジネス拡張の可能性を見出していただけることと思います。また、オンデマンド印刷機を複数台導入して繁忙期に備えられているお客様には、Prosper1000プレスが提供する圧倒的な生産性と劇的なコストの削減により、競合他社に打ち勝つ強力な戦力となることを実感いただけるでしょう。」

Prosper 1000プレスは、「ロール to ロール」「ロール to カット」「ロール to 折」「ロール to ブックブロック」中綴じ・無線綴じを含む「ロール to ブック」といった多様な後加工機に対応し接続性、拡張性にも優れています。
なお、コダックではStreamインクジェット テクノロジーを採用した、追加印字向けプリンティングシステム「Kodak Prosper Sシリーズ」も、2009年より販売も行っています。

 

イメージング テクノロジー Kodak Streamインクジェット テクノロジー
コダック独自の水性顔料インク
最大印字速度 200m/分(A4横サイズ 3,600ページ/分)
月産処理能力 1,000万ページ/月 以上 (A4サイズ)
最大解像度 175線相当
ファイルフォーマット PDF、PPML、GA、IPDS、PostScript
最大用紙幅 647.7 mm (25.5 インチ)
最大印字幅 622.3 mm (24.5 インチ)
※ IQシステム使用時は24インチ
用紙の種類 45~175 gsm
塗工紙、微塗工紙、上質紙、インクジェット用紙
デジタル フロントエンド Kodak 700 プリント マネージャ、720 コントローラ
寸法(長さ×幅×高さ) 9.0×5.5×2.7 m

Kodak、Prosperは、Eastman Kodak社の商標です。

 




<この件に関するお問い合わせ先>
◆報道関係者様 コダック株式会社 広報担当宛 TEL:03-5577-1368
    FAX:03-5259-9365
◆ユーザー様 コダック株式会社 グラフィック コミュニケーション事業部 TEL:03-5577-1200


このページのトップへ
| |