Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2011年4月18日

コダック株式会社
[リリースNo.11-011GC]

コダックがJP2011で効率的なメディア ミックス プロモーションを提案
高速サーマルCTPプレートセッターTrendsetter 800 IVを展示


 コダック株式会社(代表取締役社長:松浦 規之)は、来る5月12日(木)~14日(土)までの3日間、インテックス大阪にて開催される「JP2011情報・印刷産業展(主催:JP産業展協会)」に出展します。

 3号館、小間番号3-35のコダックブースでは、「It’s time for you AND Kodak ~今、コダックとともに!」のスローガンのもと、Web to PrintシステムKodak InSite(インサイト)を活用した効率的なメディア ミックス プロモ―ションや高度な自動化機能に定評のあるKodak Prinergy(プリナジー)を中核としたワークフロー ソリューション、Kodak ColorFlow(カラーフロー)によるカラー マネージメント ソリューション、さらなる省スペース化を実現したKodak Trendsetter 800 IV Quantum(トレンドセッター フォー クアンタム)の展示に加え、Kodak Flexcel NX(フレクセル エヌエックス)フレキソ製版システムで作成された多彩な印刷アプリケーション、Kodak Prosper S(プロスパー エス)シリーズ インクジェット プリンティング システムやKodak NexPress(ネクスプレス)シリーズ、Digimaster(デジマスター)シリーズなどで作成された様々なデジタル印刷のアプリケーションを展示し、デジタル印刷システムの可能性を紹介します。

コダックブース

 

 コダックブースの主な出展システムとみどころは以下の通りです。

営業効率と顧客サービスの向上を同時に実現するWeb to PrintソリューションKodak InSite

 従来の大量印刷型から、小ロット、オンデマンドへと市場のニーズが移行しつつあるなかで、いかに小ロット、短納期のジョブを効率良く取り込んで利益を確保するかが印刷会社にとって大きな課題となっています。Web to Printソリューションは、インターネットを介して印刷物の受発注から決済までを行うシステムで、これにより小ロット、短納期のジョブにおける営業の時間とコストを削減できるため、営業効率が大幅に向上するとともに、新規やリピートの受注を効率良く獲得する強力なツールとなります。

 コダックのWeb to Printソリューションの中核となるInSiteシステムの最新バージョン6では、クライアントやユーザーが、より直感的に操作できるようGUI(グラフィック ユーザー インターフェイス)を改良したほか、オフィスデータ対応(参考出品)、プレビュー機能などを新たに搭載し、B to C向けの機能をさらに強化しています。

 

生産工程の自動化を実現するワークフロー ソリューションの中核Kodak Prinergy

 オフセット印刷のワークフローとデジタル印刷のワークフローを有機的に統合するUnified Workflowソリューションの中核となるPrinergyワークフローシステムの最新バージョン5.1を中心に、大貼り面付け機能を搭載したKodak Preps(プレップス)など、生産工程を効率化する各種ハードとソフトを紹介します。

 Prinergy5.1は、Adobe PDF Print Engineバージョン2を実装し、出力再現性と生産性を向上するとともに、Digital Direct/Digital Submit(デジタル ダイレクト/デジタル サブミット)機能により、JDF/JMFを利用して、デジタル印刷システムとの相互双方向通信を可能にします。Prinergyに搭載されているRBA(ルールベース オートメーション)機能を活用すれば、業務システムとの自動化連携や自動面付け、検版ソフトなどの外部アプリケーションとの連動など、さらに高度な自動化が実現します。

 大貼り面付け機能を搭載したPrepsの最新バージョン6では、インターフェイスとシステム構成を一新し、ページ管理機能を新たに実装しました。従来バージョンからバージョン6へアップグレードを行えば、自動面付け機能の強化、折りカタログ データベースの搭載など、上位システムやワークフローシステムとの連動による面付け作業の効率化も可能です。

 

一歩進んだカラー マネージメントを実現するKodak ColorFlow

 Prinergyに新たに搭載されたカラー マネージメント ツールであるKodak ColorFlowソフトウェアでは、カーブやICCプロファイルなどのカラー管理に関する要素を一元管理することにより、生産性と品質の向上を実現できます。1対1のカラー管理(Color Management)からデバイス間の相関性を含めた管理が可能なColor Relationship Management(カラー リレーションシップ マネージメント)を提案します。

 

小ロット対応、バリアブル、高付加価値印刷に最適なデジタル プリンティング ソリューション

 インクジェット プリンティング システムのKodak Prosper Sシリーズを活用した様々なアプリケーション サンプルや、Kodak NexPress、Kodak Digimasterなど電子写真方式のデジタル印刷システムの様々な活用サンプルを紹介し、デジタル印刷の可能性と多彩なソリューションを提案します。

 

さらなる省スペース化を実現したニューデザインのKodak Trendsetter 800 IV

 従来モデルと比べて設置面積を20~30%削減した省スペース&コンパクトタイプの菊全判対応高速サーマルCTPプレートセッターKodak Trendsetter 800 IV Quantumを展示します。長年にわたり世界中で最も多くのユーザーに使用されてきたTrendsetter 800 Quantumは、最新のハードウエアを新たに搭載しながらボディーデザインも一新し、Trendsetter 800 IVへと進化しました。Trendsetter 800 IVは、従来からの高い信頼性はそのままに、時間当たり42版(菊全判)を出力できる高生産性はもちろん、定評ある Kodak SQUAREspot サーマル イメージング技術により、10ミクロンのFMスクリーニングKodak Staccato 10を高精度かつ安定的に出力できる高い品質、そのほか高度な自動化オプションを豊富にご用意しています。1995年の発売開始以来培われた信頼性をベースに最新のテクノロジーを搭載しリニューアルしたTrendsetter 800 IV Quantumがプリプレス工程に、更なる高速化と信頼性を提供します。

 併せて、コダックの持つサーマル テクノロジーによる高精細な製版フィルムの提供が可能なDITR4401フィルムを紹介します。DITR4401では、従来のアナログでのフレキソ製版へのフィルム提供のみならず、オフセット、スクリーン製版などフィルムを必要とする様々な製版方式に柔軟に対応し、高い品質と生産性を提供します。

Trendsetter 800 IV Quantum

エコノミーとエコロジーを両立するサーマルCTPソリューション

 環境配慮をコンセプトに経済性と高品質を追及した新しいサーマル プレートKodak Sword XD(スウォード エックスディー)に加え、現像処理が一切不要なノン プロセス プレートKodak Thermal Direct(サーマル ダイレクト)など、エコノミーとエコロジーを両立するサーマルCTPソリューションを紹介します。

 

高品質と高生産性を実現するデジタル フレキソ ソリューション

 Kodak Flexcel NXデジタル フレキソ システムは、フレキソでのパッケージ印刷分野に最適な新世代のデジタル フレキソ製版システムです。コダックがサーマルCTP技術の開発で長年にわたり培ってきた高度なイメージング テクノロジーとマテリアル テクノロジーを融合することで、従来のフレキソ印刷の概念を覆す印刷線数175線以上での再現を容易に実現し、さらに卓越した生産性を提供します。

 Flexcel NXデジタル フレキソ システムは、高解像度の画像を高速に形成できるKodak Flexcel NXサーマル イメージング レイヤー、高い品質と安定性で定評のあるKodak SQUAREspot(スクエアスポット)イメージング技術の搭載で微細なドットを高精度で描画するKodak Trendsetter NXイメージャ、安定した形状のレリーフで理想的なドットを形成するKodak Flexcel NXラミネータ、優れたインキ転移性、滑らかなベタ、均一な基層、安定した印刷機上特性、抜群の耐オゾン性により、幅広い基材への印刷に対応するKodak Flexcel NXHフレキソ プレート、自動化機能の強化で効率的なワークフローを実現するKodak Prinergyワークフロー システムで構成されます。JP2011では、Kodak Flexcel NXの高品位なサンプルをご覧いただきます。

 

*出展内容は予告無しに変更になる場合がありますので、予めご了承ください。
Kodak、Prinergy、Preps、Staccato、InSite、Thermal Direct、Sword、Flexcel、NexPress、Digimaster、Prosperは、Eastman Kodak社の商標です。
Adobe、Adobe PDF Print Engineは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。




<この件に関するお問い合わせ先>
報道関係者様 コダック株式会社 広報担当宛 TEL:03-5577-1368
FAX:03-5259-9365
ユーザー様 コダック株式会社 グラフィックコミュニケーション事業部 TEL:03-5577-1200


このページのトップへ
| |