Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2011年1月14日

コダック株式会社
[リリースNo.11-001GC]

コダックが効果的なブレンドプロモーションを提案
Prosper S10インクジェットシステムでは300m/分の高速印刷を実演


 コダック株式会社(代表取締役社長:松浦 規之)は、来る2月2日(水)~4日(金)までの3日間、サンシャインシティ コンベンションセンターTOKYOで開催されるPAGE 2011(主催:社団法人 日本印刷技術協会)に出展します。

 コダック ブースは、文化会館3階(展示ホールC、小間番号C-7)で、「It’s time for you AND Kodak~今、コダックとともに!」のスローガンのもと、メディア制作業務の効率化を実現するKodak InSite(インサイト)と最新のデジタル印刷システムを活用したメディアミックスによる効率的なブレンドプロモーション例を、プレゼンテーションや実際のデモンストレーションを交えて分りやすく紹介するとともに、生産工程全体の最適化と高度な自動化を実現するKodak Prinergy(プリナジー)ワークフローシステムを中核とする「Kodak Unified Workflow(ユニファイド ワークフロー)」ソリューション、環境配慮型の印刷を実現する最新のサーマルCTPシステムなど多彩なソリューションを紹介。オフセットで事前刷りされたチラシにモノクロのバリアブル情報を印字するインクジェットプリントヘッドのKodak Prosper S10(プロスパー エス テン、以下Prosper S10)をJGAS2009に次いで展示・実演するとともに、スクリーン印刷などに最適な製版システムとしてサーマルフィルム出力が可能なKodak Trendsetter(トレンドセッター)NXイメージャとKodak DITR4401フィルムを組み合わせたサーマルフィルムシステムも実演いたします。

コダックブースのイメージパース
コダックブースのイメージパース

 コダック ブースの主な出展システムとみどころは以下の通りです。

ハイブリッド プリンティングソリューション
Prosper S10プリンティングシステムをJGAS2009に次いで実演

 Prosper S10プリンティング システムは、drupa2008で発表されたStream Inkjet(ストリーム インクジェット)の技術を搭載したインクジェット プリントヘッドです。Prosper S10は、解像度600dpi、印字幅10.6cm(4.16インチ)、毎分最高300mの高速スピードでバリアブル データの印字が可能なモノクロ コンティニュアス インクジェット ソリューションです。Prosper S10は、印字濃度が濃く、コート系の用紙にも対応しております。また、QRコードや細かい文字の印字も可能です。

 Prosper S10は、オフセット印字と同等の品質で高速でバリアブル データ印字が実現でき、アプリケーションとしては、ダイレクトメール、カタログ、チラシ、請求明細書などがあります。PAGE2011では、太陽機械製作所様の搬送機にProsper S10インクジェットヘッドを搭載し、予めオフセットで印刷されたB4サイズのチラシに店舗ごとの地図や店舗情報などを高速でバリアブル印字するデモンストレーションをご覧いただきます。

 また、ブースでは、インクジェット技術を駆使したハイブリッド プリンティングソリューションに加え、デジタルカラー印刷システムKodak NexPress(ネクスプレス)やモノクロデジタル印刷システムのKodak Digimaster(デジマスター)で印刷された高品質な印刷サンプルなど、電子写真方式のデジタルプリンティングソリューションについても紹介します。

Kodak Prosper S10インクジェットプリンティングシステム
Kodak Prosper S10インクジェットプリンティングシステム

営業効率の向上と顧客サービスの向上を実現するWeb to Printソリューション

 従来の大量印刷型から、小ロット、オンデマンドへと市場のニーズが移行しつつあるなかで、いかに小ロット、短納期のジョブを効率良く取り込んで利益を確保するかが印刷会社にとって大きな課題となっています。Web to Printソリューションは、インターネットを通じて印刷物の受発注から決済までを行うシステムで、これにより小ロット、短納期のジョブにおける営業の時間とコストを削減できるため、営業効率が大幅に向上するとともに、新規やリピートの受注をインターネットを通じて効率良く獲得するための強力なツールとなります。コダックのWeb to Printソリューションの中核となるInSiteシステムの最新バージョン6では、クライアントやユーザーが、より直感的に操作できるよう、GUI(グラフィックユーザーインターフェイス)を改良したほか、オフィスデータ対応(近日リリース予定)、プレビュー機能などを新たに搭載し、B to C向けの機能をさらに強化しています。コダックは、営業支援システムとして有効なWeb to PrintソリューションInSiteや、デジタル印刷システムのNexPress、ハイブリットプリンティングソリューションのProsper Sシリーズを活用し、様々なメディアを校正から印刷まで効率的に制作する業務フローをPAGE2011で提案します。

生産工程の自動化を実現するワークフローソリューション
PrinergyのRBA(ルールベース オートメーション)機能の進化を紹介

 オフセット印刷のワークフローとデジタル印刷のワークフローを有機的に統合するUnified Workflowソリューションの中核となるPrinergyワークフローシステムの最新バージョン5.1を中心に、大貼り面付け機能を搭載したKodak Preps(プレップス)など、生産工程を効率化する各種ハードとソフトを紹介します。

 新製品のPrinergy 5.1は、Adobe PDF Print Engineバージョン2を実装し、出力再現性と生産性を向上するとともに、Digital Direct/Digital Submit(デジタルダイレクト/デジタルサブミット)機能により、JDF/JMFを利用してデジタル印刷システムとの相互双方向通信を可能にします。

 Prinergyに搭載されているRBA(ルールベース オートメーション)を活用すれば、業務システムとの自動化連携や自動面付け、検版ソフトなどの外部アプリケーションとの連動など、さらに高度な自動化を実現します。

 大貼り面付け機能を搭載したPrepsの最新バージョン6.1では、インターフェイスとシステム構成を一新し、ページ管理機能を新たに実装しました。従来バージョンからバージョン6.1へアップグレードを行えば、自動面付け機能の強化、折りカタログデータベースの搭載など、上位システムやワークフローシステムとの連動による面付け作業の効率化も可能です。

一歩進んだカラーマネジメントを実現するColorFlow

 Prinergyの新たなカラーマネジメントツールであるKodak ColorFlow(カラーフロー)ソフトウェアでは、カーブやICCプロファイルなどのカラー管理に関する要素を一元管理することにより、生産性と品質の向上を実現できます。1対1のカラー管理(Color Management)からデバイス間の相関性を含めた管理が可能なColor Relationship Management(カラーリレーションシップマネジメント)を提案します。

EcologyとEconomyを両立するサーマルCTPソリューションの紹介に加え
スクリーン印刷などに最適なサーマルフィルム製版システムTrendsetter NX/DITR 4401を実演

 環境配慮をコンセプトに経済性と高品質を追及した新しいサーマルプレートKodak Sword XD(スウォード エックスディー)、現像処理が一切不要のノンプロセスプレートKodak Thermal Directなど、EcologyとEconomyを両立するサーマルCTPソリューションを紹介します。

 また、スクリーン印刷などに最適な製版システムとしてサーマルフィルム出力が可能なKodak Trendsetter NXイメージャとKodak DITR4401フィルムを組み合わせたサーマルフィルムシステムによる出力実演も行います。DITR 4401フィルムは、感光膜面がマット加工されたサーマルアブレーションタイプのドライフィルムで、コダック独自のサーマルイメージング技術SQUAREspot(スクエアスポット)露光システムを搭載したTrendsetter NXイメージャでの露光に最適です。DITR 4401は、銀塩フィルムと比較して露光量の過不足や現像処理によるアナログ的な変動要素に一切影響されないため常に安定した諧調再現と高い繰り返し精度を実現し、高品質な出力を可能にします。また、現像工程で排出される廃液や銀回収の手間がなくなり環境への優しさも実現しています。

Kodak Trendsetter NXイメ―ジャ
Kodak Trendsetter NXイメ―ジャ

 また、書類の電子化、データ入力、キャンペーン事務局代行などを始めとする文書管理関連のアウトソーシングサービスも紹介します。

*出展内容は予告無しに変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

Kodak、Prinergy、Preps、Staccato、Magnus、InSite、Thermal Direct、Trendsetter、Sword、Flexcel、NexPress、Digimaster、Prosperは、Eastman Kodak社の商標です。
また、Adobe、Adobe PDF Print Engine は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。




<この件に関するお問い合わせ先>
報道関係者様 コダック株式会社 広報室宛 TEL:03-5577-1368
FAX:03-5259-9365
ユーザー様 コダック株式会社 グラフィックコミュニケーション事業部 TEL:03-5577-1200


このページのトップへ
| |