Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2004年9月21日
コダック株式会社
[レリースNo.04-071DAIr]


写真を美しく「撮る」、「観る」そして「プリントする」を追求した
「Kodak EasyShare LS755 Zoomデジタルカメラ」
500万画素、光学3倍ズーム、2.5型・20.7万画素高精細液晶モニター搭載


Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ
*ダウンロード (TIFF:2,482KB)
*ダウンロード (JPEG:293KB)
 *ダウンロード (TIFF:4,341KB)
 *ダウンロード (JPEG:491KB)
Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ
*ダウンロード (TIFF4,213KB)
*ダウンロード (JPEG:460KB)

 *ダウンロード (TIFF:4,723KB)
 *ダウンロード (JPEG:609KB)



 コダック株式会社(社長:堀義和)は、500万画素、光学3倍ズーム、2.5型・20.7万画素高精細液晶モニターを搭載しながら、シンプルな操作性を兼ね備えた「Kodak EasyShare LS755 Zoomデジタルカメラ(以下LS755)」を10月中旬以降に新発売します。ボディにはアルミニウム製のシャープなデザインを採用し、シルバー、レッド、ブラックの3種類のカラーバリエーションで展開します。

 LS755は、日本市場における一般コンシューマー向けデジタルカメラ販売の再スタートに際し、高品質、高機能、高画質など、写真に強いこだわりを持つ日本のコンシューマー向けに、コダックが用意したデジタルカメラです。コダックは、写真本来の楽しみは、撮影だけでなく撮影後の写真をどう楽しむかにもあると考え、「撮る」「観る」「プリントする」すべての楽しみを実現できる高い価値を備えた製品としてLS755を開発しました。

 「美しく撮る」ために、プロフェッショナル用大判レンズとして定評のある独シュナイダー製光学3倍ズームレンズ(Schneider-KREUZNACH C-VARIOGON)を搭載しています。また、薄型小型でなおかつ画質にもこだわり、電源をオフにするとシャッターと絞りを開放して、そのスペースに第2群レンズを沈胴させる「直列収納機構」を採用しました。この新機構の採用により、「ストレートレンズ方式」が搭載でき、「折り曲げ」や「スライディング」方式のレンズ機構が傾向的に生じやすい、偏芯による歪みや、解像度のばらつきを解消しています。さらに「非球面レンズ」3面を使うことで高画質を維持しながら小型化を実現し、レンズのマルチコーティングを多用することで、よりクリアで抜けのいい色の再現を可能にしました。

 「美しく撮った」画像を、「美しく観る」ために、大型高精細モニターを採用しました。撮った写真をすぐに液晶モニターで確認する楽しさは、デジタルカメラならではの楽しみの1つです。モニター面のカラーは、映し出す画像を一層引き立たせるためにブラックで統一し、液晶モニターとシャッターの段差や、ボタン類などの突起物を排除したフラットなモニターを実現しています。2.5型の大きな液晶画面を最大限に活用して、撮影した画像を隅々まで確認することができるようになりました。

 さらに、この大型液晶モニターは、別売りの「Kodak EasyShareフォトフレームドック」に載せることによって、お気に入りの写真のスライドショーを映しだすフォトフレームの役割も果たします。この機能によって、撮影後の画像を、そのままカメラの中だけで保存しておくのではなく、インテリア性の高い、卓上のフォトアルバムとして、新たなスタイルで写真を楽しむことができます。

  またLS755は、ケーブル接続する必要がなく、デジタルカメラを載せるだけで、簡単にデジタル画像のプリントが楽しめるホームデジタルフォトプリンター「Kodak EasyShare プリンタードック」に対応しています。そのため、LS755で撮影した高画質の画像は、コダック社の75年間のカラー画像と色彩の知覚に関する研究とノウハウが蓄積された「コダックカラーサイエンス技術」を継承したプリンタードックに接続するだけで、手軽に「美しいプリント」を楽しむことができます。

 コダック社は、1880年の創業から現在にわたって継承されている“You press the button, we do the rest.”「あなたはシャッターを押すだけ、あとは当社にお任せください」というスローガンの下に、今後も一般コンシューマーが簡単に写真を楽しめるデジタルカメラの開発に力を入れていきます。写真は単なる記録ではなく、人と人を結び、心を震わせ、多くの感動を分かち合う、という目に見えない価値を提供し続けてきました。写真を画像として扱うようになった新デジタル時代でも、コダック社は、多くの人々と大切な瞬間をますます手軽にShare(=共有)できる世界を、ピクチャーを通じて追求していきます。



  
<「Kodak EasyShare デジタルカメラ」製品概要>

●製品名 「Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ」
●価格 オープン価格  
●発売日 2004年10月中旬以降  
   
●製品名 「Kodak EasyShare フォトフレームドック」  
●価格 オープン価格  
●価格 2004年10月中旬以降
<スペックの詳細はこちらから(PDFファイル)>
<スペックの詳細ページはこちらから>

 

 Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ  Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ
Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ
「Kodak EasyShare LS755 Zoom デジタルカメラ」

 

<主な特長・機能>

進歩したデザイン性・操作性
魅力的なカラーバリエーション
ボディカラーは、シルバー、レッド、ブラックの3種類。また、モニター面のデザインは、画像を鑑賞する際に画像が映え、各色のボディカラーともマッチングするブラックで統一し、外観を引き締めています。また、ファッション性が高いだけでなく、「フォトフレームドック」に載せた場合のインテリアとしても違和感のない仕上がりです。

新規採用の5方向コントローラー
新規に採用した5方向コントローラーは、メニュー操作や撮影時の設定など機能を集約させ、さらに使いやすいメニューを採用。また、その効果でボタン数も減り、ボディ上の凹凸を最小限に抑えることで、フラッシュサーフェイスを実現し、デザイン性にも寄与しています。

xDピクチャーカードを新規採用
16MBの内蔵メモリーの他に、コダックのカメラとして初めてxDピクチャーカード用スロットを内蔵。256MBのxDピクチャーカード使用時、最小サイズの画像で3,184枚、動画はQVGA撮影時368秒の記録ができます。



きれいな画像を撮影するために
コダックカラーサイエンス技術
コダックのデジタルカメラには、独自のトーンカーブによる自然な階調再現、記憶色を考慮した再生色調の評価策定方法など、コダックの75年におよぶカラーフィルムの研究開発から得たノウハウがそのまま生かされています。多様な撮影条件下でも常に思ったとおりの写真が撮れる、これがコダックのカラーサイエンスです。

プロも認める高画質ストレートレンズ
プロも認める独シュナイダー製レンズ(Schneider-KREUZNACH C-VARIOGON)を採用し、美しさを高い次元で再現。また、「折り曲げ」や「スライディング」など省スペースに向いたレンズ機構を採用せず、画質を優先させるため、あえて「ストレートレンズ機構」を用いました。さらに、「非球面レンズ」を3面に採用することで小型化と高画質化を両立させたうえ、「多層膜コーティング」をレンズに施すことによりクリアな色再現を可能にしています。

光学3倍ズーム&デジタル5倍ズーム
高精細な撮影を実現する光学3倍ズーム(35mm換算:36〜108 mm)仕様。5倍のデジタルズームと合わせれば、最大15倍までのクローズアップが可能です。

有効画素数509万画素CCD
高精細・有効画素数509万画素1/2.5型CCDを搭載。実物に忠実な色再現性によりディテールまでクリアに描写し、美しい質感をもたらします。

インテリジェント露出調整機能(特許出願中)
カメラがシャッター速度、絞り、ISO感度、ストロボ調光量をより統合的に制御する機能。デジタルカメラビギナーでも「もっと明るく」「もっと暗く」と十字キーの左右ボタンを操作するだけで、カメラが被写体の条件や前回撮影時の設定に応じて最適な調整を行なうことにより、高度な機能を駆使したものと同様な写真が簡単に撮影できます 。

ラチチュード変更機能(特許出願中)
被写体の条件に応じてラチチュード(露光許容範囲)をハイライト方向またはシャドー方向にシフトさせる機能です。その結果、シーンモードを適切に切り替えるなどの簡単な操作で、白トビや過度な色飽和を抑え、またシャドー部のノイズの少ないより自然な写真が撮影できます。

15種類のシーンモード、5種類のカラーモード
動く被写体から夜景、そしてオークション出品用の写真撮影にいたるまで、15種の中から撮影状況をセレクトするだけでイメージ通りの撮影を実現。また、モード設定は、カメラ上部の「Mode」ボタンを押してシーンモードを表示させ、5方向コントローラーで選ぶだけで簡単にできます。さらに、伝統的なコダック社の画質を彷彿とさせる5種類のカラーモードの選択も可能です。


●きれいな画像を多くの人とShare(=共有)するために

2.5型・20.7万画素高精細液晶モニター
撮影した画像を隅々まで確認できる、2.5型・20.7万画素高精細液晶モニター。この大きな液晶画面は、カメラ本体と段差が無く、ボタンの凹凸を減らすことで、外観のデザイン向上にも大きく貢献しています。

「Share(シェア)ボタン」
コダック社の基本的な発想は、撮影した画像をみんなでShare(=共有)して感動と共に分かち合うこと。共有のためのプリント指定や、「お気に入り」画像指定はこのボタンひとつでシンプルに設定できます。また、「お気に入り」画像をカメラ内にアルバムとして持ち歩けば、いつでもどこでも、すぐにみんなで感動を分かち合えます。

演出効果が多彩な「フォトフレーム機能」
「お気に入り」指定した複数の静止画をスライドショーとしてレビューするだけでなく、大型液晶モニターでの自動連続再生が可能。再生時の演出は、画像の表示間隔の設定、フェードイン/フェードアウトを含めた9種類の効果をセレクトでき、映像インテリアの機能を充実させています。また、別売りの「フォトフレームドック」に載せれば、ユニークでスタイリッシュな卓上フォトフレームとして、写真を楽しむことができます。

オートピクチャーローテーション
縦位置で撮影した写真も、自動でモニターの天地に合わせた方向に表示。撮った写真を確認する際、カメラの向きを気にしなくて済むので便利です。また、スライドショーを楽しむ時も自動調整されるため、自然な感覚で画像を楽しむことができます。

編集もできる動画機能
動画はVGA 12.5fpsとQVGA 30fpsの2種類のモードで撮影可能。必要な映像の前後の消去や、お気に入りのシーンの静止画保存など、簡易編集機能も備えています。



<この件に関するお問い合わせ先>
◆報道関係者  
社長室 広報セクション
加藤
TEL (03)5540-2215
FAX (03)5540-2216
◆ユーザー  
お客様相談センター
TEL (03)5540-9002

このページのトップへ

  ホーム | 検索 | サービス&サポート | オンラインプリントは、Print@Kodak で!
Kodak Worldwide | WebMasterあてのお問い合わせ
Copyright © Eastman Kodak Company, 1994-2006 and Privacy Practices.
コダックショッピング サービス & サポート 製品情報 検索・サイトマップ ホーム