Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2005年8月30日
コダック株式会社
[レリースNo.05-046DAI]


有効画素数800万画素、広角24mmレンズ搭載
「Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ」登場!

本格的な作品づくりをサポートする「Kodak EasyShareシリーズ」最高峰モデル誕生!


Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ

Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ&Kodak EasyShare プリンタードック シリーズ3
*ダウンロード (TIFF:5,760KB)
*ダウンロード (JPEG:591KB)
*ダウンロード (TIFF:5,614KB)
*ダウンロード (JPEG:612KB)
*ダウンロード (TIFF5,871KB)
*ダウンロード (JPEG:840KB)
*ダウンロード (TIFF6,321KB)
*ダウンロード (JPEG:717KB)


 コダック株式会社(社長:小島 佑介)は、「Kodak EasyShare シリーズ」の新シリーズ「Kodak EasyShare Pシリーズ (以下、Pシリーズ)」の最上位機種、有効画素数800万画素、広角24mm(35mm換算)レンズを搭載した「Kodak EasyShare P880 Zoom デジタルカメラ(以下、P880)」を10月中旬から発売します。

 「Pシリーズ」は、「Kodak EasyShare シリーズ」の最上位カテゴリーに位置づけられる新シリーズです。「Kodak EasyShare シリーズ」の特長であるシンプルな操作性に多彩な撮影機能の融合を実現し、デジタル一眼レフカメラ並みの幅広い撮影技法を活用できる特長を持ったシリーズで、「P880」は「Pシリーズ」中の最上位機種となる製品です。

 「P880」のレンズには、プロフェッショナル用大判レンズとして定評のある独シュナイダー製光学5.8倍広角ズームレンズ(24〜140mm、35mm換算)「シュナイダー クロイツナッハ バリオゴン(Schneider KREUZNACH VARIOGON)」を搭載しました。広角レンズが得意とする奥行きのある写真や、一面に広がる風景などの広い範囲のアングルでの撮影に最適です。また、ズーム調整はレンズを直接操作して倍率を変更するマニュアルズームを採用、マニュアルフォーカス設定時の焦点調整には、マニュアルフォーカスリングを採用しました。ズーム、フォーカスともに、デジタルカメラでありながらもマニュアル操作での調整機能を装備したことで、微妙な構図の調整が可能となり、本格的な撮影を望むユーザーも納得のいく操作感と作品の仕上がりを楽しむことができます。

 「P880」には、撮影領域を24〜200mm(35mm換算)まで広げるテレコンバージョンレンズなどのアクセサリーが用意されています。また、本格的なライティング コントロールを望む方のためには、本体上部のホットシューに接続できる「Pシリーズ」専用フラッシュ「Kodak P20ズームフラッシュ」の利用や、カメラ本体に装備している、フラッシュ シンクロ コネクタを活用し、さらに光を意識した撮影が可能です。

 「Kodak EasyShare シリーズ」のデジタルカメラ製品は、撮影した画像をパソコンを介さずに家庭で簡単にダイレクトプリントする規格「“イメージリンク”プリントシステム」に対応しています。有効画素数800万画素の「P880」で撮影した画像であれば、撮影後の作品にトリミングを施してズームアップした画像でも、大伸ばしのプリントに十分な解像度です。「Pシリーズ」に搭載されている、液晶モニターの画面上でトリミング領域の指定、確定ができる「トリミング機能」と「Kodak EasyShare プリンタードック」を併用すれば、大伸ばしをする前の見本プリントを、PCレスで簡単にプリントし、構図の確認用途にも活用できます。

  コダックは、広角レンズ、多彩なモード設定、マニュアル操作感を採用したシリーズ最上位機種「P880」を導入することによって、こだわりの作品制作の際にユーザーの手腕を存分に発揮できる機会を提供していきます。また、高機能のデジタルカメラも「Kodak EasyShare プリンタードック」で簡単にプリントできる「のせるだけプリント*1」に対応させることにより、撮影時の楽しみだけでなく、撮影後のプリントまでを含めた写真づくりの楽しさを訴求していきます。コダックは、多機能な製品を導入することで、写真の作品づくりを趣味にする層がより広がることを期待すると共に、写真を取り巻く環境をトータルでサポートしていきます。

 
*1 シンプルな操作性と、だれでも直感的に使える点を重視してデザインされた、デジタルカメラを載せるだけで簡単にプリントできるホームデジタルフォトプリンター「Kodak EasyShare プリンタードック」のコンセプト
 
<「Kodak EasyShare P880 Zoom デジタルカメラ」製品概要>
 
製品名 :「Kodak EasyShare P880 Zoom デジタルカメラ」  
価格 :オープン価格  
発売日

:2005年10月中旬

カラー :ブラック
  スペックの詳細はこちらから(PDFファイル:25KB)
Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ   Kodak EasyShare P880 Zoomデジタルカメラ&Kodak EasyShare プリンタードック シリーズ3
「Kodak EasyShare P880 Zoom
デジタルカメラ」
 
「Kodak EasyShare P880 Zoom デジタルカメラ」
「Kodak EasyShare プリンタードック シリーズ3」
 
<「Kodak EasyShare P880 Zoom デジタルカメラ」アクセサリー>
 
製品名  

メーカー
希望小売価格(税込)

発売時期

「Kodak 望遠(テレコンバージョン)レンズ55mm、1.4倍」
(シュナイダー社製)  

19,950円

2005年
10月中旬

「Kodak P880 レンズアダプター」   2,625円
「Kodak ズームフラッシュP-20」   22,250円
*「Kodak P880 レンズフード」は、製品に同梱されています。
 
<主な特長・機能>


美しいプリントを可能にする有効画素数800万画素
有効画素数800万画素CCD搭載。ホームデジタル フォトプリンター「Kodak EasyShare プリンタードック」でのLサイズ、ポストカードサイズのプリントはもちろん、さらに大きなプリントでも美しい描写力と豊かな階調表現を実現します。

コダック カラー サイエンス技術
独自のトーンカーブによる自然な階調再現、記憶色を考慮した再生色調の評価策定方法など、コダック社の長年にわたるカラーフィルムの研究開発から得たカラー画像と色彩の知覚に関する技術とノウハウがそのまま生きています。

プロも認める高画質レンズ
中判、大判カメラ用レンズでプロフェッショナルから信頼を集めている1913年創設の独メーカー、シュナイダー社製レンズ「シュナイダー クロイツナッハ バリオゴン(Schneider KREUZNACH VARIOGON)」を採用。光学5.8倍広角ズームレンズ(24〜140 mm、35mm換算)は、デジタル2倍ズームとの併用で最大12倍までのズームアップが可能。また、ズームの調整は、レンズを直接操作するマニュアルズームを採用したため、細かい調整が可能です。

「“イメージリンク”プリントシステム」「ピクトブリッジ」規格対応
デジタルカメラで撮影した画像を、パソコンを介さずにプリンターに載せるだけで、家庭で簡単にダイレクトプリントする規格「“イメージリンク”プリントシステム」に対応。「ピクトブリッジ」にも対応し、USBケーブル経由でのプリントも可能です。

見やすいモニター & 高解像度EVF採用
大型2.5型液晶モニターと、高解像度23.7万画素の電子ビューファインダー(EVF)を採用。高精細なEVFを覗いてフレーミングやフォーカスの確認をしながらの撮影や、大型液晶モニターで画像を隅々までくっきりと確認することが可能です。

トリミング機能
液晶モニターの画面上で画像のトリミング領域の指定、確定ができます。カメラ本体の操作だけで簡単にイメージ通りの構図に編集できるため、「Kodak EasyShare プリンタードック」と併用すれば、PCレスで、思い通りのプリントが可能です。

動画機能
動画はQuickTime(Motion JPEG)方式によるVGAサイズ(640×480ピクセル)とQVGAサイズ(320×240ピクセル)で、30fpsの滑らかな動画撮影が可能。動画撮影時の手ぶれ補正と撮影中の光学5.8倍ズーム機能が使用可能。

多彩なモード設定
フルオートから、プログラムAE、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル露出などの露出モードや、8種類のシーンモード、連写モードが選べます。また、カラーモードはヴィヴィッドカラー、ナチュラルカラー、シックカラー、白黒、セピアの5種類から選択が可能です。

フォーカス
撮影素子によるTTLコントラスト検出方式と外部測光センサーを併用した「ハイブリッドAF」を採用し、オートフォーカスの精度アップと高速化を実現。またAFフレーム方式には、マルチゾーン、センターゾーンに加え、25ゾーンより選択できるセレクタブルも採用しました。マニュアルフォーカスモードでは、フォーカスリングを操作した微調整が可能。フォーカスポイントを自由に設定できるため、雰囲気のある作品作りに貢献します。

充実したアクセサリー
カメラ上部のホットシューに接続し、より高度なライティングコントロールを実現する専用フラッシュ「Kodak ズームフラッシュ P-20」や、1.4倍の望遠撮影ができる「Kodak 望遠レンズ55mm」などをアクセサリーとして用意し、より本格的な撮影をサポート。また、市販の52mm径フィルターをレンズ鏡胴に取付けることも可能です。

ヒストグラム表示、ハイライト・シャドークリッピング表示機能
撮影時にライブビューでヒストグラムが表示できるため、シーンの明るさ分布を確認し、適正露出で撮影をすることが可能(再生時での表示も可能)。また、撮影シーンの反射部分が大きい箇所(露出オーバー、露出アンダー)を、ハイライト クリッピング・シャドウ クリッピング表示で、確認することも可能です。

3種類の画像フォーマット
「Kodak EasyShare シリーズ デジタルカメラ」で初めて、RAW/TIFF/JPEGの3種類の画像フォーマットに対応。撮影する目的に応じて、最適な画像フォーマットで保存することができます。

 

<この件に関するお問い合わせ先>
◆ 報道関係者
広報セクション 加藤
TEL (03)5540-2215
FAX (03)5540-2216
◆ ユーザー コダックデジタルサポートセンター TEL (03)5540-9002


このページのトップへ
Kマーク | |