Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2009年4月22日

コダック株式会社
[リリースNo.09-011DI]

業界初、音声の添付が可能なネットワーク スキャナー
既存製品に処理速度と新機能を追加することで使いやすさを向上
「コダック Scan Station 500」を国内発売


 コダック株式会社(社長:松浦 規之)は、カラータッチスクリーンによる操作で専用パソコンを使わず、スキャンしたデータをEメールやネットワーク上のフォルダーやプリンターなど複数の場所へ同時に送付することが可能なネットワーク スキャナー「コダック Scan Station 500(以下、Scan Station 500)」を2009年5月1日(月)より発売します。

 「Scan Station 500」は、既存の「コダック Scan Station 100」の後継機で、処理速度を20%向上させたほか、筐体をコンパクト化し、操作用のタッチスクリーンのサイズを大きくすることでユーザーの使いやすさを高めています。また、業界初である、スキャンと同時に指示やコメントなどの音声を録音し、スキャンデータと共に送信する「ボイスアタッチメント機能」の採用や書籍を始めとする様々な形状の書類に対応できる接続式のフラットベッド スキャナー(オプション)、FAXモデムの内蔵などの追加機能により、さらに柔軟性の高いスキャニングを可能にします。

 書類のデジタル化とデジタルデータによる情報共有を、より手軽に、より迅速にするオフィスのネットワーク機器として、また、事務処理におけるデジタル化の迅速性とともにセキュリティー対策が求められる銀行・証券・保険・クレジットなどの金融機関、カルテや処方箋などの個人情報を扱う医療機関、伝票などの書類を大量に扱う運輸・小売・流通業、また各種行政機関などの窓口業務向けとして製品の拡販を行なっていきます。

 なお、「Scan Station 500」の関連製品として、独自のアプリケーション ソフトウエアを開発し、インテグレートができる「コダック Scan Station 520EX」も同時に発売します。

Scan Station 500 Scan Station 500
*ダウンロード(JPG:158KB) *ダウンロード(JPG:320KB)
「コダック Scan Station 500」

 

<「コダック Scan Station 500」概要>

【品名・価格・発売日】

品 名 メーカー希望標準価格(税別) 発売日
コダック Scan Station 500 280,000円 5月1日(金)
 ※「コダック Scan Station 520EX」のメーカー希望標準価格(税別)は320,000円です。発売日は、
 5月1日(金)です。

【主な特徴】

  • Scan to 機能
    カラータッチスクリーンによる操作で書類をスキャンし、スキャンしたデータを直接以下の場所へ送信することができます。また、一度のスキャンで複数の先に同時に送信することも可能です。
    • Eメールで送信
    • ネットワーク上の任意のパソコンやサーバーのフォルダーへ保存
    • ネットワーク上のプリンターまたは複合機で出力
    • USBメモリーに保存
    • FAXへ送信
    • FTPへ送信
    既存のインフラと接続してスキャンデータを送信することにより、これまでコピーなど紙で行なっていた情報共有をデジタルデータで簡便かつ低コストに実現します。また、FAXモデムを内蔵しているため、パソコンやメールでのデータ受信が困難な場合でも、アナログ回線さえあればFAXを使ってスキャンしたデータを送信できます。
     
  • 専用パソコン不要のネットワーク スキャニング
    パソコンを接続せずにスキャニングとデータ送信を行なうことが可能なため、不正アクセスやウィルス感染、ハッキングなど、パソコンを経由した情報漏洩の心配がありません。また、ソフトウエアのインストールや複雑な設定が不要です。
     
  • 30枚/分の速度で、すばやく書類をデジタル化
    最高毎分30枚(両面で60イメージ、200dpi、A4縦送りの場合)の速度でスキャンし、JPEG、PDF、TIFFなどのファイル フォーマットで出力できます。また、両面やカラーの読み取りにも対応しています。
     
  • USBメモリーで誰でも簡単にスキャナー設定
    USBポートを備えているため、スキャンしたデータをUSBメモリーへ保存できるほか、事前にUSBメモリーに各業務に適した設定情報を保存しておけば、それをポートに差し込むことで誰でも迅速かつ簡単にスキャナーの設定ができます。
     
  • ボイスアタッチメント機能
    本体のマイクへ音声を吹き込むことで、スキャンデータとともに音声データを送信することが可能です。これにより、キーボードや電話などを使わずに受信者へ指示やコメントを伝えることができます。
     
  • 様々な書類を手間なく最高の画質で出力
    最大863mm×215mmの書類から運転免許証のようなプラスチックカードまで、幅広い書類の読取りが可能なほか、オプションのフラットベッドスキャナー(A4またはA3)を利用することで、書籍のような綴じられた書類やデリケートな書類にも対応できます。また、自動的に余分なバックグラウンドを切り取る機能のほか、書類の傾きや濃度を自動的に修正する機能も採用しているため、サイズは色の異なる書類が混在している状態でも、スキャン前に仕分け作業をすることなく、1回のスキャンで常に高品質なイメージの読み取りが可能です。

【基本仕様】

読取方式 ADF(原稿搬送型)
対応書類サイズ 最大:長さ863mm×幅215mm
最小:長さ63.5mm×幅50mm(1枚給紙時)
長さ125mm×幅75mm(複数枚 給紙時)
厚さ:52~413g/㎡、1.25mmまで(IDカードの場合)
ADF読取速度
(200dpi/A4縦送り/両面・片面とも)
カラー、グレースケール、白黒ともに30枚/分
フィーダ容量 最大75枚(75g/㎡用紙の場合)
光学解像度 600dpi
出力解像度 75/100/150/200/240/300/400/600dpi
出力階調 カラー24bit、グレースケール8bit、白黒2値
イメージ出力方法 ネットワーク、ネットワークプリンター、Eメール、USBメモリー、FAX、FTP(認証/anonymous、プロキシサポート)
出力フォーマット TIFF(シングルページ/マルチページ)、JPEG、PDF(シングル/マルチ/暗号化)、サーチャブルPDF(シングル/マルチ/暗号化)、WAVE音声ファイル
操作パネル 8インチ タッチスクリーン、
画面解像度800×480ピクセル
インタフェース 10/100 Base T、56K FAXモデム
本体外形寸法および重量
(給排紙トレイを含まず)
幅349mm×奥行き381mm×高さ208mm、10.5kg



<この件に関するお問い合わせ先>
ドキュメントイメージング 営業本部 TEL:03-5577-1380
担当:江川 E-mail:JP-Kodak-News-Release@kodak.com


このページのトップへ
| |