Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2008年3月4日

コダック株式会社
[リリースNo.08-005DI]

集中処理向け業務用製品の技術を凝縮したイメージ品質と操作性
コダック初のパーソナル ドキュメント スキャナーを発売
「コダック ScanMate i1120スキャナー」


 コダック株式会社(社長:松浦 規之)は、定評ある集中処理向け業務用ドキュメント スキャナーのイメージ処理技術と高い操作性を採用した個人向けドキュメント スキャナー「コダック ScanMate i1120スキャナー」を、2008年3月26日(水)から発売します。

 「コダック ScanMate i1120スキャナー」(以下、「ScanMate i1120」)は、最高毎分20枚(両面で40イメージ、A4縦送りの場合)で処理が可能な、コダックのドキュメント スキャナー ラインアップの中で最もコンパクトなモデルです。コダックの約80年におよぶ文書管理関連ビジネスでのノウハウと金融機関や官公庁などで利用されている業務用のハイエンド スキャナーの開発で培った、各書類に最適なイメージを補足する「イメージ処理技術」とユーザーの操作負担を最小限にとどめる「高い操作性」を採用したパーソナル ドキュメント スキャナーです。

 「ScanMate i1120」は、用途に合わせてカラー/白黒/グレースケールのイメージをPDF、TIFF、JPEGなどのファイル形式で出力できるほか、独自のイメージ処理技術「パーフェクトページ」により、書類ごとに傾き修正や枠消し、濃度調整などを自動で行い、手間をかけずに各書類に最適なイメージを提供します。また、本体のボタン操作のみで9種類の任意の条件(出力ファイル形式など)でのスキャンを実行でき、スキャンイメージを自動的にEメールへ添付したり、任意のプリンタへ出力したりできる「スマートタッチ機能」で、誰にでも簡単に書類をデジタル化し、そのイメージを活用することが可能です。その他、書類の定位置にある写真などを自動的に切り出す「相対クロッピング」や赤、青、緑の中の一色を書類上から除去してOCR用の白黒イメージを出力する「カラードロップアウト」、TWAINドライバの標準同梱など、本格的なスキャン業務の分散処理用としても対応できるように設計されています。

 日々発生するビジネス文書や領収書などを手軽にスキャンして保存、活用するという一般オフィスでの利用の他、セキュリティーの確保やコスト削減などにより入力の分散処理が進む、銀行、保険、証券などの金融機関、行政機関の窓口業務など、業務分野での利用にも適しています。

i1120 i1120
*ダウンロード(JPG:540KB) *ダウンロード(JPG:1.6MB)
「コダック ScanMate i1120スキャナー」


<「コダック ScanMate i1120スキャナー」概要>

【品名・価格・発売日】

品 名 メーカー希望標準価格(税別) 発売日
コダック ScanMate i1120スキャナー オープン 3月26日(水)

【主な機能と特長】

  • 高品質なイメージを提供する独自のイメージ処理技術「パーフェクトページ」
    スキャンと同時に色やサイズ、紙厚の異なるそれぞれの書類の濃度を自動で調整するとともに、傾き修正や書類サイズに合わせたイメージの切り出し(自動枠消し)もスキャン速度を維持したまま自動で実行できます。


  • スマートタッチ機能
    一度PC上で設定しておけば、本体のボタン操作だけで最大9パターンの条件(出力ファイル形式や解像度など)で簡単に書類をデジタル化できます。また、「Scan to機能」により、スキャンと同時にPDF、TIFF、JPEGなど任意のファイル形式にイメージを変換し、Eメールへの添付や指定のフォルダへの保存を自動的に行うことができます。


  • 相対クロッピング
    書類の定位置にある写真、署名、印影などを自動的に切り出してスキャンします。


  • エレクトロニックカラードロップアウト
    赤、青、緑の中から、選択した一色の罫線や文字、背景色を除去したOCR用の白黒イメージを出力します。


  • デュアルストリーム
    「白黒」、「グレースケール」、「カラー」に加えて、「白黒とカラー」または「白黒とグレースケール」といった2種類のイメージを同時に出力することも可能です。表裏を同時に出力することで、一度のスキャンで最大4イメージを出力できます。

【基本仕様】

読取方式 ADF(原稿搬送型)
対応書類サイズ 最大:長さ863mm×幅215mm 最小:長さ63mm×幅50mm*1
厚さ:60~105g/㎡
読取速度*2 カラー・白黒・グレースケール:20枚/分
フィーダ容量 最大50枚(75g/㎡の紙の場合)
光学解像度 600dpi
出力解像度 カラー・白黒・グレースケール:
75/100/150/200/240/300/400/600/1200dpi
出力階調 カラー24bit、グレースケール8bit、白黒2値
インタフェース USB2.0
外形寸法*3
および重量
幅300mm×奥行き157mm×高さ147mm、2.7kg
  *1 書類を1枚づつスキャンする場合。複数枚同時にスキャンする場合は長さ125mm×幅63mm
  *2 A4縦送り、200dpi、片面・両面とも
  *3 入出力トレイを除く


<関連ホームページ>

コダック オフィススキャナー スペシャルサイト http://www.kodak.co.jp/go/OfficeScanners

本新製品を始め、コダックの小型スキャナーの特長をご紹介する、2008年3月4日開設のスペシャルサイトです。
ドキュメントスキャナーの使い道をご提案する他、ショートムービーを用いてコダック製品の特長をご紹介いたします。




<この件に関するお問い合わせ先>
ドキュメントイメージング アンド ビジネスプロセスサービス事業部 TEL:03-5577-1380
担当:江川 E-mail:JP-Kodak-News-Release@kodak.com


このページのトップへ
| |