Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2009年1月8日

コダック株式会社
コダック グラフィック コミュニケーションズ株式会社
[リリースNo.09-001CB]

コダックのデジタルカメラ用リチウムイオン・バッテリーに、
偽造防止ソリューションのKodak Tracelessシステムを採用開始


 イーストマン コダック社では、三洋電機株式会社モバイルエナジー カンパニーからOEM供給を受けて全世界で販売しているコダックブランドのデジタルカメラ用リチウムイオン・バッテリーに、コダックの偽造防止ソリューションKodak Traceless(コダック トレースレス)システムの採用を開始しました。

 リチウムイオン電池は軽量でエネルギー密度が大きいことから、ノートPCや携帯電話をはじめ、デジタルカメラやビデオカムレコーダーなどに多く使用されています。
 リチウムイオン電池の需要拡大に伴い、世界的な規模で模倣品が市場に流通するようになっていますが、保護回路や制御回路を内蔵していない模倣電池は、品質基準、安全基準を満たしていないため、電子機器にダメージを与えたり発火、破裂等の事故を起こすことが問題となっています。
 このため、行政機関、業界組合、メーカー各社では、こうした模倣電池に対する対策を強化しています。

 今回、コダックブランドのリチウムイオン・バッテリーに採用されたTracelessシステムは、簡単に導入でき、場所を選ばずに真偽の判定ができ、偽造業者が模倣することのできないシステムです。Tracelessシステムにより、コダックはお客様に対して高度なブランドの保護と安心を提供する一方で、偽造品業者には、コダックブランドの模倣電池製造の抑制を明確に促します。Traceless システムは印刷物だけでなく、製品のパッケージ、あるいは製品の素材そのものに混入可能な、科学的に検出不可能な「Tracelessマーカー」というシステムを使用しています。このTracelessマーカーは携帯型のコダック イメージングリーダーを使用してのみ検出が可能です。

 コダックはすでに、医薬、化粧品、ワイン、アパレルなどの市場で、偽造品防止のためにTraceless システムを導入しています。Traceless マーカーは、オフセット印刷とデジタル印刷のどちらにも、多様なインキ、トナー、ニスに混入できるだけでなく、紙パルプ、プラスチック、顔料、繊維などの素材にも混入できます。これによって広範な製品と梱包資材に高度な模倣防止のための商品認証技術の採用が可能です。またTraceless マーカーは、電子製品のバーコードラベル印刷の一般的な手法として広く使用されている感熱転写リボンに埋め込むことができるため、今後、電子機器業界での採用も見込まれています。

 コダックのセキュリティ ソリューションは、マテリアルサイエンス、デジタルイメージング、ドキュメント イメージング、及びグラフィック コミュニケーションにおける専門知識とともにコダックの持つ膨大な知的財産ポートフォリオのリソースを集大成したことにより完成したものです。コダックは、Traceless システムをはじめとしたセキュリティーソリューションの提供により、模倣品製造の抑制を強力に推進していきます。

 Kodak Traceless システムは、2月4日から6日まで東京・池袋で開催されるPAGE2009(主催:社団法人日本印刷技術協会)のコダックブースにおいて紹介されます。

 Kodak、Tracelessは、Kodakの商標です。

Kodak Tracelessシステム




<この発表に関するお問い合わせ先>
報道関係者 コダック株式会社 広報 担当:飯島・河原 TEL:03-6891-2040
FAX:03-6891-2041
ユーザー コダック グラフィック コミュニケーションズ株式会社
マーケティング本部マーケティングソリューション課 担当:本間 TEL:03-5577-1300
FAX:03-5259-9365


このページのトップへ
| |