Welcome to Kodak in JAPAN Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
curveBannerBlue.gif menuBanPre.gif

2006年1月31日
イーストマン・コダック社
[リリースNo.06- 005GE]


コダック社、OLED(有機EL)技術への市場参加を拡大

コダック社はOLED産業発展を加速する方法を追求、三洋電機に合弁事業である
エスケイ・ディスプレイを譲渡


 ニューヨーク州ロチェスター(1月30日)発: イーストマン・コダック社(CEO:アントニオ・M・ペレス)は30日、OLED技術の商品化をさらに進めるためにOLEDの技術面における市場参加を拡大することを発表しました。コダック社はアクティブマトリックス型フルカラーOLEDディスプレイの生産を世界で初めて手掛けました。

 この動きを促進するため、コダック社は株式会社エスケイ・ディスプレイ(以下、SKディスプレイ)の株式持分の全てを三洋電機株式会社(以下、三洋電機)に譲渡しました。SKディスプレイはコダック社と三洋電機がOLEDディスプレイを製造する合弁企業として2001年に設立した会社です。コダック社は今後、引き続きコダック社と三洋電機に代わってOLEDのライセンシングを取り扱う代理人としての役割を担います。

 コダック社のOLED戦略は当初、携帯用途の小型ディスプレイに的を絞り込み、世界初の、アクティブマトリックス型フルカラーOLEDパネルを含む「Kodak EasyShare LS633 Zoom デジタルカメラ」の生産を実現しました。コダック社は現在、各種のパートナーと手を結び、幅広い市場向けの革新的なOLED製品の開発に取り組んでいくことで、OLED産業への関与を拡大していく計画です。

 コダック社のこの拡大計画には、ディスプレイ・材料の研究開発、他社メーカーとの協力によるパネルの設計・生産を含むOLEDインフラの開発、アクティブマトリックス型およびパッシブマトリックス型の両方のOLEDディスプレイ技術のライセンス供与などが含まれます。現在まで、全世界で20社以上の企業がコダック社の最新OLED技術のライセンス供与を受けています。

 コダック社のシニア バイス プレジデント兼ディスプレイ&コンポーネンツ グループ プレジデントのメリー・ジェーン・ヘルヤーは次のように述べています。
「コダック社のSKディスプレイへのかかわりは貴重なものであり、OLEDディスプレイの設計・製造プロセスについての理解を深めることができました。このノウハウを生かすことで、コダック社はライセンシーとの緊密な協力のもとでパネルの設計、システムの統合、市場導入の期間を最適化することができます。引き続きOLED技術には優れた事業機会と市場成長があるとみており、コダック社のOLED特許資産の価値をさらに高め、OLEDディスプレイ産業の成長を促進するために、OLEDの技術面における市場参加の拡大に取り組んでいきます」

 世界の有力企業は、フラットパネル ディスプレイ市場におけるOLED技術の持つ潜在的な力を認めています。市場調査グループのiSuppliによると、OLED産業は、2011年までに市場規模が29億ドルを超えると予測されており、年率29パーセントで成長を続けていくとのことです。

 OLEDディスプレイは自己発光素子からなり、LCD(液晶)ディスプレイのように消費電力の大きなバックライトが不要です。その優れた性能と設計上の利点からOLED技術は次世代の小型・大型画面ディスプレイ装置として期待されています。



イーストマン・コダック社について:

イーストマン・コダック社(以下、コダック社)は世界をリードする革新的イメージング企業で、2005年度の売上は143億ドルです。その先進の製品とサービスは写真、印刷そして医療市場に提供されており、人々の日々の暮らしや業務の中で、画像情報をより有効に活用することに重点を置いた、デジタルを志向した成長戦略に取り組んでいます。コンシューマーはコダック社の提供するデジタルシステムや従来のフィルム写真システムを利用することで、いつでも、どこでも画像の撮影・プリント・共有ができます。ビジネスの世界ではコダック社のプリプレス、銀塩プリンティング、デジタル プリンティング、ドキュメント スキャニングのソリューションを介して、全世界の顧客と効果的にコミュニケーションをとることができます。クリエイティブ分野のプロフェッショナルは、コダック社の技術によって、動画、静止画を通じてそれぞれのストーリーを独自に伝えることができます。医療機関はコダック社の業界をリードする製品・サービスを使用して、患者への治療の質を高め、院内での業務効率化を推進し、情報の共有化を最大にすることができます。詳細については(http://www.kodak.com/)をご覧ください。
 

<この件に関するお問い合わせ先>
◆ コダック株式会社
社長室 矢畑
TEL (03)5540-2215
FAX (03)5540-2216


このページのトップへ
Kマーク | |