Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2006年1月5日
コダック株式会社
[リリースNo.06-001DAI]


世界初!23mmウルトラワイドレンズと光学3倍ズームレンズ搭載
「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ」を発売!

2つのレンズで焦点距離23〜117mm*1まで撮れるコンパクトデジタルカメラ誕生


Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ

Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ Kodak EasyShare フォトフレームドック2 Kodak EasyShare システム
*ダウンロード (TIFF:4,516KB)
*ダウンロード (JPEG:474KB)
*ダウンロード (TIFF:5,878KB)
*ダウンロード (JPEG:467KB)
*ダウンロード (TIFF5,573KB)
*ダウンロード (JPEG:526KB)


 コダック株式会社(社長:小島佑介)は、世界で初めて、ウルトラワイドレンズ(23mm*1)と光学3倍ズームレンズ(39〜117mm*1)の2つのレンズとセンサーを1つのカメラに搭載したユニークなコンパクトデジタルカメラ「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズデジタルカメラ(以下、V570)」を2月上旬より発売します。

  「V570」に採用されているコダック独自の新技術「コダックレチナデュアルレンズテクノロジー」は、コンパクトデジタルカメラにおいて、焦点距離の異なる2つのレンズを組み合わせることを可能にした技術です。この新技術の開発により、コンパクトデジタルカメラで初の広角23mm*1の撮影から、117mm*1までをカバーする5倍ズーム相当の写真撮影が可能となりました。今までにない豊富なバリエーションの写真撮影を楽しむことができる、画期的な製品の誕生です。

 
*1 35mm判換算
 
「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズデジタルカメラ」
「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズデジタルカメラ」
 
<「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ」製品概要>
 
製品名 : 「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズデジタルカメラ」
価格 :オープン価格
発売日 :2006年2月上旬
カラー :ブラック
 
< 主な特長・機能 >
「コダックレチナデュアルレンズテクノロジー」による2つのレンズの搭載
  コダックが開発した2つのレンズとセンサーを組み合わせる独自技術「コダックレチナデュアルレンズテクノロジー」によって、超広角から5倍ズーム相当(23〜117mm*1)までの広範囲の焦点距離をカバーするコンパクトデジタルカメラの設計が実現しました。幅広い焦点距離を活用して、グループ写真、広大な風景、印象的なポートレートから接写まで、さまざまなシチュエーションで活躍できる製品です。
   
  一般コンシューマー向けコンパクトデジタルカメラで初の焦点距離23mm*1ウルトラワイドレンズを搭載。86度の画角が実現するため、狭い室内での集合写真でも苦労することなく全員を撮影できたり、広大な風景を存分に撮影することや、遠ざかることなく大きな建造物を撮影することができ、日常の写真撮影のバリエーションを増やします。  
 
焦点距離23mm 焦点距離23mm*1 焦点距離35mm 焦点距離35mm*1
   
  撮影した最大3枚の画像をカメラ内で1つの画像につなぎ合わせることができるシーンモード。180度の景色をパノラマ画像にしたり、アイディア次第でユーモアあふれる画像を作成できる機能です。
ウルトラワイドパノラマ機能
  ウルトラワイドパノラマ機能
   
*1 35mm判換算
*2 パノラマ画像はプリンタードック、PictBridge規格を使用したダイレクトプリントはできません。店頭セルフプリント機・プリントオーダー機などではパノラマ画像がプリントできない場合があります。
   
スリム、コンパクトスタイル
  プロフェッショナル用大判カメラなどのレンズとして定評のある独シュナイダーの「シュナイダークロイツナッハ C-バリオゴンプリズムレンズ(Schneider-Kreuznach C-Variogon prism lens)」を採用し、ボディサイズをスリム&コンパクトに抑えています。また重厚感のあるブラックのスクエアフォルムは、ノスタルジーを漂わせながらも、高級感を醸し出しています。
   
コダックカラーサイエンス技術
  コダック社の長年にわたるカラーフィルムの研究開発から得たノウハウがそのまま生きている、「コダックカラーサイエンス画像処理専用チップ」を内蔵。  
   
動画撮影機能
  VGA/QVGA 30fps、QuickTime Mov (MPEG-4)の記録方式での動画撮影が可能。ウルトラワイドレンズを生かし映画のシーンのような画角の広い撮影から、光学ズームを使った迫力のある撮影まで、変化に富んだ動画撮影が楽しめます。また、撮影後の動画を2つのファイルに分割する「動画編集機能」や、撮影済みの動画ファイルを、4、9、16分割の静止画像にする「アクションプリント機能」も備えています。
   
デジタル卓上フォトフレーム「Kodak EasyShare フォトフレームドック2」
 

付属のカメラドック「Kodak EasyShare フォトフレームドック2」にセットすると、「V570」の内蔵メモリーやメモリーカードに保存された画像を2.5型23万画素の大型高精細液晶モニターに映し出してデジタル卓上フォトフレームのように楽しむことができます。また、カメラドックの基本機能である、バッテリー充電や、PCへの画像転送もワンタッチで簡単にできます。

Kodak EasyShare フォトフレームドック2
 

「Kodak EasyShare フォトフレームドック2」(同梱)

   
簡単操作の「Kodak EasyShare システム」
 

すべてのコダックのデジタルカメラは、「Kodak EasyShare システム」に対応しています。簡単な操作性はもちろんのこと、写真の撮影、保存、共有、プリントまでをシンプルなステップで行うことができます。また、撮影した画像をパソコンを介さずに家庭で簡単にダイレクトプリントする規格「“イメージリンク”プリントシステム」に対応しているので、対応の「Kodak EasyShare プリンタードックシリーズ3」に載せるだけで、写真を手軽にプリントして楽しめます。

Kodak EasyShare システム
 

「Kodak EasyShare プリンタードックシリーズ3」(別売)

   
   
  スペックの詳細はこちらから(PDFファイル:25KB)
 

<この件に関するお問い合わせ先>
◆ 報道関係者
広報セクション 加藤
TEL (03)5540-2215
FAX (03)5540-2216
◆ ユーザー
コダックデジタルサポートセンター TEL (03)5540-9002


このページのトップへ
| |