トップメッセージ

トップメッセージ

今、社会や経済を取り巻く環境はかつてないほどのスピードと規模で大きく変化しています。とりわけインターネットとデジタル技術の進歩は、印刷や写真といった産業に大きな変革をもたらしました。

このような時代にあって、私どもコダックは多様化するメディアと時代の多様なニーズにお応えするべく、長年にわたり培ってきた世界でも有数のブランド力と卓越した技術力を結集し「お客様のビジネスの成長を支援するベストパートナーとなる」ことが、最大の使命であると考えております。

特に印刷産業においては、世界のリーディングカンパニーとして最先端のテクノロジーに支えられた幅広い製品ポートフォリオとソリューションでコミュニケーション技術の変革を推進してまいります。

コダックは、2015年より新たに5事業部制へと事業再編を行い、お客様の声をより早く経営に反映させ、顧客満足度の向上と成長分野へのビジネスの加速を目指してまいります。
新5事業部は以下の通りです。

●プリントシステム事業部
グラフィックアーツ全般のお客様を対象とするプレート、CTP、電子写真方式プリンティングソリューション、トナーOEM、および各種機器サービスの事業。
●エンタープライズインクジェット システム事業部
あらゆる印刷アプリケーションのお客様を対象にしたKodak Prosper Pressインクジェット印刷システム、Kodak Prosper Sシリーズシステム、インキOEMソリューション。
●マイクロ3Dプリンティング&パッケージング事業部
パッケージ印刷のお客様とディスプレイOEMパートナー各社を対象とした、Kodak Flexcel NXシステムとプレート、従来型のパッケージ印刷とタッチセンサーフィルム。
●ソフトウェア&ソリューションズ事業部
各印刷マーケット向けに統合されたワークフロー(Unified Workflowソリューション)の提供、ブランド プロテクションソリューション、コダック リサーチ ラボとの連携による新規市場の開拓。
●コンシューマー&フィルム事業部
映画フィルムおよびコマーシャルフィルムの各事業。米国において、コンシューマー向けインクジェットソリューション、合成化学薬品、ブランドライセンシングの各事業。

また、これら5事業の推進にあたり、コダックはお客様のニーズを先取りし、印刷業界はもとより産業界の垣根を超えて積極的に国内外でパートナシップの確立を推進していきます。

私達は大きな変化の中にいます。この変化に積極的にチャレンジし、楽しみ、お客様の成功のために敢えて難題に取り組むことで、お客様に感動を提供し私どもも一緒にその喜びを分かち合いたいと願っています。

今後とも、皆様方の変わらぬご愛顧とご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

コダック合同会社
代表執行役員社長 藤原 浩

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.