flag   日本 [change]
コダックについて
イーストマン・コダックの歴史
会社概要
コダック ジャパン事業案内(PDF)
コダックグループの紹介
採用情報
企業・環境・社会活動
経営・事業活動における基本理念
社会貢献活動
健康・安全・環境への取組み
(英語)
プレスセンター
ニュースリリース
製品へのお問い合わせ
サポートセンター
製品安全データシート (MSDS)
スポンサーシップ活動
ザスパ草津

コダックはJ2 ザスパ草津を応援しています。
2006年1月24日

今後のフィルム写真事業をどのように考えているかという質問が最近になって多く寄せられています。ここにコダック社の取組みについてお答えしたいと思います。

イーストマン・コダック社(以下、コダック社)は1880年に創業を開始しましたが、以後120年を超える長い期間に渡って、銀塩フィルムは最も洗練された技術でありながら、同時にその耐久性を誇ってまいりました。それゆえに、現在もフィルムによる撮影から、現像、そしてプリントにおける美しさ、品質、使いやすさは、多くの方々に愛され、支持されています。

しかし最近では、全世界規模で、フィルムの需要が減少しているのはご承知の通りです。市場構造の大きな変化に対応し、コダック社では製品の品揃えや事業構成におけるデジタル化を急速に進めていく一方、昨年には「フィルム写真システム事業部」を立ち上げ、コダック社の中核事業を最適に運営する体制をいち早く構築いたしました。それは一般消費者やプロカメラマンの皆様から求められる製品・サービスを提供し、販売店の皆様、流通業者様とともに、写真業界を今後も発展させていくための道筋であると考えているからです。

この様に、世界のトップメーカーとしてのコダック社のフィルム写真事業への取組みは、明確でゆるぎないものです。コダック社と日本で事業展開を行っているコダック株式会社は、今後も引き続き、市場に需要がある限り、銀塩フィルム及び印画紙を製造・提供してまいります。

そして「写真・イメージング業界の信頼のブランド」として、21世紀を通して、今後も皆様とともに発展・成長していく所存です。引き続き変わらぬご支援、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

 
イーストマン・コダック社
会長 兼 CEO アントニオ ペレス

コダック株式会社
代表取締役社長 小島 佑介
専務取締役 川上 隆二

| | 著作権