Kodak CRM 消費者視点の経営改善ソリューション

確度が高い 3つの秘密

消費者の視点から企業のマーケティング活動を評価し、マーケティング施策の最適化を実現

コダックのマーケティング ソリューションが、効果を生む理由

緻密な情報分析
従来のマーケティングサービス

CRMソフトは、顧客属性に加え、購買金額/頻度、利用商品/サービスなど、購買結果に基づいて優良顧客などのターゲットを選定できますが、企業のビジネス活動と消費者の購買結果の因果関係を検証するには不十分です。こうしたことは、誤った思い込みを生み出す可能性が高く、企業経営を悪化させるリスクがあります。

Kodak「消費者視点の経営改善ソリューション」

消費者の購買結果は企業活動に加え、マーケット、競合、販売チャネルの状況が複合的に関連してもたらされます。経営情報分析では、こうした要因を緻密に分析し、企業の外部環境、内部環境を把握した上で、消費者視点で企業活動を評価。企業が抱えるマーケティング課題の根本的な原因を特定することができます。

本質的なマーケティング企画・施策
データが混在 次のアクションがわからない

分析結果を緻密に掘り下げることなく、マーケティングコンセプトを立案。人によって、様々な解釈が発生し、最終的に意見の強い人のアイデアで決まってしまいがちです。

体系的な分析結果 次のアクションが見えます

分析結果を体系的に深堀分析し、顧客の購買行動という揺るぎない事実の背景にある根本的な原因を究明。事実に基づいた企画であるため、社内の意識が統一されます。

OnetoOneのコミュニケーション管理
従来のマーケティングサービス。バリアブルなデータを作成し、OnetoOne施策を企画しても、インフラが整備されておらず、フル活用できません。

大雑把なターゲットセグメンテーションのため、メッセージが届かない可能性があります。

Kodak「消費者視点の経営改善ソリューション」。Kodak CRMによって作成されたセグメンテーションは、OnetoOneコミュニケーションソフトに取り込みが可能です。

ニーズに合わせたメッセージが的確に訴求ができるため、最適な効果を得ることができます。

課題解決事例 ~「消費者視点の経営改善ソリューション」の課題解決アプローチ~

大手スーパー A社

表面的なCRM分析が
誤った施策を誘導していた。

ポイント会員制度を構築し、顧客データを分析する企業は増えています。こうした分析から、顧客経験が長い顧客ほど購買金額が高くなるという結果がよく導き出されます。こうした解釈は本当に正しいのでしょうか?顧客のロイヤリティは、相応の施策を実施しなければ向上することはありません。

謝った解釈
顧客経験が長い年配層のロイヤリティは高いが、若年層の利用が低い。若年層の囲い込み対策が必要と考えられていました。
根本課題
新規ライトユーザが、定番商品の良さに気付かず、購入することなく離反してしまいます。
対策

新規ライトユーザに定番商品の良さを伝えるキャンペーンを実施、定着率が向上しました。

化粧品会社 B社

優良顧客育成に、
目を奪われすぎていた。

CRMは優良顧客に重点的にプロモーションを行うためのものだとの認識があります。広告の費用対効果を高めるという発想自体は正しいですが、 優良顧客にだけフォーカスすることは果たして正しいのでしょうか?

売上の7割を3割の優良顧客が形成。プロモーション資源を優良顧客に絞って活用するべきと考えられていました。
利用金額が低い新規顧客が見落とされており、離反が加速します。

顧客が優良化するプロセスを分析し、優良顧客プログラムを構築。優良顧客が増加しました。

証券会社 C社

バリアブル=高コストの時代は
すでに終わっていた。

バリアブルDMはコストが高く、割に合わないという意見が多く聞かれます。個別に情報を伝える意義を十分に検証することは必要です。 コダックは、消費者が本当に必要とする情報を的確に伝えるソリューションを提供します。

オンラインできめ細かいサービスを若年層に提供しているが、優良顧客の多くは、年配層であり、Webでのキャンペーンが難しい。

紙DMでは、高コストとなり、個別ニーズに対応することができないと考えられていました。

One to One コミュニケーションツールにより、異なる内容のDMを従来とあまり変わらないコストで実現。

証券会社は、保有する金融商品は個人によって異なるため、One to Oneが最も効果を発揮する分野です。

課題解決事例 ~「消費者視点の経営改善ソリューション」の課題解決アプローチ~

2 経営情報分析

御社からデータを受領し、経営情報分析を実施。

3 マーケティング企画

経営情報分析の結果に基づき、客観的なデータに裏付けされたマーケティングコンセプトを企画します。
御社のマーケティング課題の根本的な原因を改善する企画であり、事業改善につながります。

4 One to Oneのコミュニケーション

One to One コミュニケーションを実施するためのインフラを提供します。WebやEメールに留まらず、紙媒体でもOne to One施策が実施できます。

5 効果検証
施策の効果検証を提供し、継続的な事業拡大を支援します。
お電話でのお問い合せ 03-6837-7285  
お問い合せはこちら

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.